自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

後世に残したい名曲

後世に残したい名曲

投稿日:2017年1月14日 更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~~って思われる曲もあるかと思いますが、深海のように深くそして、広い心でお付き合いいただけますとうれしく思います(^^)

今回のこの後世に残したい名曲は私えたばりゅが尊敬する友人であり、ブロガーである、カップ麺の神 taka :aさん と、洗濯と日々のお役立ち情報の伝道師 ビー玉さんがつねづね、この作曲者の方を推されているという事で、これはぜひとも当ブログでご紹介しなければ(; ・`д・´)

と思った次第なんでございます。とは申すものの、この作曲者の方は、多くの名曲を生み出しております方ゆえ、全てをご紹介するのは、残念ながらできませんが、その中でも、多くの方が一度は耳にしたことがあると思われる。名曲をご紹介したいと思います。

前回、今回とクラシックが続きますがこちらも威風堂々と同じく、間違いなく後世に残したい名曲ですので、今回も最後までお付き合いいただけましたら、幸いです。

交響曲第9番 ホ短調 新世界より

この名曲を調べて初めて知ったのですが、小学生、中学生のキャンプの時キャンプファイヤーを囲み歌ったあんな曲や、存在感溢れるものを紹介するときは必ずと言っていいほど流れる、こんな曲がこの曲の一部分だったとは、恥ずかしながら初めて知りました。(さすがコンスタントにアヒルがガ~ガ~通信簿の中で鳴いていただけのことはあります。)

そんな、この交響曲第9番 ホ短調 新世界 は、アントニン・レオポルド・ドヴォルザーク(以下ドヴォルザーク)という、1841年~1904年に活躍したチェコの作曲家によって生み出されました。

アントニン・レオポルド・ドヴォルザーク

実家は精肉店と宿屋を営んでおり、ドヴォルザークさんの叔父にあたる人も精肉店を営んでおり生粋のお商売の家系に生まれました。とご紹介するとドヴォルザークさんが、その家系ではかなり異端な存在のようですが、ドヴォルザークさんの父上も、ツィターという弦楽器を弾かせると村でも評判になるほどの名手だったようです。

また同じく叔父もトランペットではあたりで評判になるほどの演奏家だったようで、精肉店と宿屋という商売家系にありながら、音楽とは近い幼少生活を送っていました。

鉄っちゃんとポッポ愛好家という一面

そんなドヴォルザーク。いわゆる ”鉄っちゃん” としても知られていたようで
現代の鉄っちゃんのように、様々な鉄っちゃんを兼任していたようです。音鉄、時刻表鉄、音鉄など。。そんな「鉄ちゃん ドヴォルザーク」にちなみ、アントニン・ドヴォルザーク号という、特急列車が存在し、オーストリアのウィーンとチェコのプラハを結び、活躍しているんだとか。

また、鳩ポッポ愛好家としても有名だったようで、晩年は彼の別荘で鳩の飼育に携わり、共に暮らしたと言われております。

しかし、鉄道列車に自分の名前が付くっていうのは本当にすごい事ですよね。やはり、生まれてきたからには、これくらいの逸話が残せるような人物になりたいですよね(^^)私えたばりゅも当然このあたりをもk・・・ゴスッバキッ_(  。_。)_

パートにより、現代でも親しまれている名曲

こちらの新世界よりは第1楽章から第4楽章からなり、特に第2楽章と第4楽章は耳にする機会が多いのではないでしょうか。第2楽章については、独自の歌詞なども設けられ、編曲されて現代に親しまれています。

「遠き山に日は落ちて」というと、耳にした方も多いのではと思います。

また、やはりクラシックという事もあり、威風堂々でご紹介したあの方も、第2楽章をもとに独自の歌詞を用い「新世界」というタイトルで、リリースしています。

第4楽章については、歌詞こそあまり聞かないものの、インパクトを重視する場面や、印象付けたいシーンにはよくこの曲が使用されているのを耳にしますよね。そういえば、あの大人気アニメでも、ゴム人間がワニを見事倒すとき、この曲が流れていたような気がします。・・・間違っていたら申し訳ございませんm(__)m

ではこの名曲、今回もいくつかのヴァージョンに沿ってご紹介したいと思います。

オーケストラ フルヴァージョン

こちらは、40分余りの長い動画となっております。お時間ある際に是非ご清聴頂けましたらと思います。
第2楽章:10:35あたりより第4楽章:29:55あたりより

平原綾香さんカヴァーヴァージョン(From New World)

 

こちらは、第2楽章をピックアップした曲となります。

エレクトーンヴァージョン

こちらは、第4楽章をピックアップしています。

 

いや、この曲は本当に名曲ですよね。これから先も、癒しの場面では主に第2楽章が。インパクトの面では主に第4楽章が。それぞれ、この先も使用されていくのだと思いますし、第4楽章がここぞという時のアピールポイントでマストな存在だと嬉しいなと思います(^^)こちらをご紹介してくださった
taka :aさん、ビー玉さん。本当にありがとうございます♪

taka :aさんのブログ

本日の一杯 ~Cupmen Blog of taka~ カップ麺と激辛のブログ

ビー玉さんのブログ

おっちょこ主婦の家計救出日記

ハナの洗濯ラボノート

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^)

こちらフランスの新世界ピラ砂丘(^^)

 

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-後世に残したい名曲
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

後世に残したい名曲

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~ …

後世に残したい名曲

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~ …

後世に残したい名曲 いつまでも変わらぬ愛を

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~ …

後世に残したい名曲 ファイナルファンタジーメインテーマ

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~ …

後世に残したい名曲 ファイナルファンタジーセレクション1

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~ …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ
高天原の縁側日記
北海道・札幌・ススキノの楽しみ方!

おっちょこ主婦の家計救出ブログ

ハナの洗濯ラボノート

相互リンク随時募集中♪

相互リンクにおいては、ブログジャンルは問いませんが、オーナー様の思いなどが当ブログの内容と合致していない場合、お断りさせていただくケースがございます。m(__)m