自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

後世に残したい風景

後世に残したい風景 垂水漁港周辺

投稿日:2017年2月1日 更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
こちらでは、ぜひとも後世に残したい風景を写真に収め紹介するコーナーです。とはいえ、何分写真技術、乏しいうえでの撮影ですのでお見苦しい写真もあるかと思いますが、後世に残したい名曲共々、深海のような深く、そして広いお心で見守っていただけましたらと思いますm(__)m

今回は、先日フラッと立ち寄った、神戸の垂水というところにあります、垂水漁港をご紹介しようと思います。この漁港、私えたばりゅが中学校の時に当時の悪友達と一緒によく釣りに訪れ、お世話になった漁港でもあります。

当時と比べ、変わったことといえば、アウトレットパークが出来たことくらいでしょうか。あ、後あの岬の見晴らしも良くなったような気が・・・。現在の私には、全く縁の無い場所でもありますが、この写真を撮影した日が、平日の昼間だったので、意を決して(大げさw)そちらのほうも、写真をアップしましたんで、合わせてご覧いただけましたらと思います。

それでは、今回も最後までお付き合いいただけますと、幸いです。

後世に残したい風景 神戸垂水漁港周辺より

漁港と申しましても、街中の小さな漁港という感じで、そんなに大きな規模の漁港ではないのですが、もう少し先になると、朝早くからイカナゴ漁船が港をにぎわすようになります。

この日は、生憎と曇り空。真冬の、しかも曇り空にわざわざ漁港の風景を撮影しようとする私はやはり、あまのじゃく確定。

しかしさすが、漁港内。波もほとんど立っておらず、穏やかそのもの。

漁港では、おなじみの絵図。フィッシャーマンw 狙う魚は、エサから察するにアジや鰯なんかの青魚、大物狙いで、チヌというところでしょうか(^^)
撮影した時間帯は、お昼真っ只中ということもあり、皆様の竿先も、穏やかそのものでした^^;

私達が中学校のころは、このような波止場の端っこには決まって木屑やら、発砲スチロールのカスやら、油やらが浮いていたものですが、久しぶりに見てみると、そのようなものは全然浮いていませんでした(^^)

少し、海への美意識も高まってきたということでしょうか。これには、うれしくなりました♪

アウトレットパークは、平日昼間ということもあり、人は少なめ。まぁ、曇ってるし、寒いし。当たり前って言えば、当たり前の風景という所でしょうか^^;

こちら、福田川という川の最河口。寒空にもかかわらず、カモメたちは気持ちよさそうにプカプカと河口でくつろいでいました。ここで移っている両端のテトラポットもよく釣りでお世話になった場所です。

釣果はというと、もっぱら、ガシラ、メバル、カレイ、コチ、ベラ(キュウセン)、アイナメなどなど。あのころは、部活で全開にしごかれたあとも、悪友達と一緒に、釣竿携え、この場所に繰り出していましたね~~。ホンマ、あの頃のパワーを返してくれww

河口終了。いざ大海原(瀬戸内海w)へ♪w
この瀬戸内海のどこかには、あのカリスマ達も泳いでいるのでしょうか。いつかは、出会いたいな~~♪

そして、ここからがうわさの岬の風景のご紹介になります。その岬とは何を隠そう、恋人岬。恋人岬というと静岡の伊豆やグァム島をご想像される方が多いかと思うのですが、この垂水にもあったんですよ。ささやかですがw。

神戸垂水漁港周辺 恋人岬

位置的にはJR垂水駅南側にあります、平磯緑地公園内にある施設で、平磯緑地公園ないの一番西側になります。入り口に入ると、早速野良猫が出迎えてくれました。私えたばりゅはこのような場所でも、動物センサーが働くようですww

そして、斜め上から視線を感じたのでふと目をやると、、、

電柱のてっぺんからトンビ殿がこちらを、見ておられました。このトンビを見るときは、このように少し離れていたり、飛んでいることがほとんど。トンビを至近距離から撮影するのは、私えたばりゅのささやかな夢でもあります。

少し足を進めると、このような人口の水場があります。

その中には、仲良く語らうように過ごす、2組のニシキゴイ。けっこうな大きさでしたが、こちらもカップルでしょうか。さすが、恋人岬です(・・)

そしてここの人口の水場。この近くに下水処理場があり、その下水の水を浄化して再利用されているんです。もともと下水に流れていた水が、ここまでの透明度に復活するのは、本当にすごいですね。ちなみにザリガニもいるようなのですが、この日は確認が出来ませんでした。

そして、こちらが恋人岬からの眺め。平日の昼間という、私えたばりゅの読みは見事的中し、カップルの姿は、ありませんでした。おかげで、カップルが語らっているところで、おっさん一人がズカズカと入り込み、気まずい思いをする邪魔をすることなく、撮影が出来ました^^;

とはいえ、岬にある防護柵には、このようにカップル達がつけたと思われる、南京錠が。きっと何かのおまじないなのでしょうね(^^)←何のおまじないかは、知らない。

いかがだったでしょうか。やはり、子供の頃、足しげく通った場所があまり姿を変えずに、当時の面影を残してくれているのは、本当にうれしいことです。これから先も、この静かなたたずみが失われるようなことが無いよう祈るばかりです。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^)

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-後世に残したい風景
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

後世に残したい風景 能勢

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、ぜひとも後世に残したい風景を写真に収め紹介するコーナーです。とはいえ、何分写真技術、乏しいうえでの撮影ですのでお見苦しい写真もあるかと思いますが、後世に …

後世に残したい風景 ラストスノー

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、ぜひとも後世に残したい風景を写真に収め紹介するコーナーです。とはいえ、何分写真技術、乏しいうえでの撮影ですのでお見苦しい写真もあるかと思いますが、後世に …

後世に残したい風景 冬能勢 待春

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、ぜひとも後世に残したい風景を写真に収め紹介するコーナーです。とはいえ、何分写真技術、乏しいうえでの撮影ですのでお見苦しい写真もあるかと思いますが、後世に …

後世に残したい風景 交友

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、ぜひとも後世に残したい風景を写真に収め紹介するコーナーです。とはいえ、何分写真技術、乏しいうえでの撮影ですのでお見苦しい写真もあるかと思いますが、後世に …

後世に残したい風景 春先の公園にて

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、ぜひとも後世に残したい風景を写真に収め紹介するコーナーです。とはいえ、何分写真技術、乏しいうえでの撮影ですのでお見苦しい写真もあるかと思いますが、後世に …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ