自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

動物・自然とのwinwinのために

短命な動物たち

投稿日:2017年2月5日 更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
前回、野生動物版 長者番付 の記事で長寿な動物たちのご紹介をさせていただきました。中には、ベニクラゲ師匠のように不老不死を体得しているスーパークリーチャーな方もおられましたよね。そしてもちろん、長寿な動物たちがいれば、その逆に短命な動物たちもおります。

今回は、そんな短く限られた期間を、精一杯生きる動物たちをご紹介しようと思います。今回も最後までお付き合いいただけますと幸いです。

短命という運命の中、精一杯生きる動物たち

昆虫

短命といえば、やはり昆虫たちが思い浮かぶのではないでしょうか。ご想像の通り、昆虫たち。特に越冬しないタイプの昆虫はその寿命はその活動期のみ。という事も珍しくなく、春に卵から孵化し、秋には寿命を終えてしまう種類も珍しくありません。

そんな昆虫たち。その中でも、一番短命とされる昆虫をご紹介したいと思います。

ウミユスリカ(1時間ブユ)

ユスリカの仲間で、この種はヨーロッパを主な生息地域としておりますが、世界中に亜種が存在します。幼虫時代を海で過ごします。「カ」ということで、ご想像の通りですが、この蚊は血を吸いません。・・・いや、吸えません。なぜかというと、成虫の口は退化してしまって食物を摂取できないんです。

卵から、成虫になるまで約3週間超を必要とするのですが、成虫になった後の余命は何と1時間程度。別名の由来もご想像の通りです。短命ならば、成虫になり約30分で、寿命を迎える個体もいるようです。

比較的、短命な種類の多い昆虫類の中でも、ひときわ短命になるのがこのウミユスリカになります。

短命というと・・・

短命な昆虫というと、セミやカゲロウ・それからホタルなんかをご想像されるかと思います。しかし、これらのイメージは成虫期のイメージがそうさせており、昆虫界ではそんなに短命な方には入りません。確かに両方とも成虫の期間は驚くほど短いですが、寿命という風に考えてみると意外に長寿なんです。

  • セミ・・・約6~7年(成虫期:約2週間)
  • カゲロウ・・・約1年(成虫期:数日~約1週間)
  • ホタル・・・約1年(成虫期:数日~約2週間)

いかがでしょう。成虫期はさすがにそれぞれにイメージ通りの、儚い存在だといえますが、幼虫期を合わせると、どちらも比較的長生きといえるのではないでしょうか。セミにおいては、素数ゼミという種類も存在し、その特性上、13年、あるいは17年生きる種も存在します。

では、次は爬虫類・両生類の中で一番短命とされる動物のご紹介です。

両生類・爬虫類

両生類においては、そんなに長寿なイメージはありませんが、爬虫類においては、クロコダイル科やカメたちのように比較的長寿なイメージがおありのことと思います。

しかし、そんな長寿なイメージが定着している爬虫類にも驚くほど短命な運命を背負った動物がいるんです。

ラボートカメレオン

このカメレオンは、アフリカのマダガスカル島南西部にのみ生息する固有種で体長も30cm前後と、そんなに大きくなる種類ではございません。その生息地域がマダガスカル島のみ。それも、南西部というかなりピンポイントな状況になってしまっています。ちなみにレッドリストはこのような感じ。

この背景には、生息地域の破壊など人的原因があげられます。

その寿命は、4か月~半年。もちろん、大人になってから。という事でなく、卵から孵化してからという事になります。少ししか生きられないうえに、絶滅が心配されているとは・・・。これは、せめて絶滅危惧からの脱却は、実現したいところですよね。

では、次は私達人間と同じ哺乳類でご紹介したいと思います。

哺乳類

哺乳類と一口に言ってもその大きさたるや、千差万別でネズミのような小さな哺乳類から、クジラのような大きなものまで本当に様々ですよね。そして、この哺乳類。これは、皆様ご想像されている動物がやはり、哺乳類の中では一番短命だと言えます。

ネズミ

いかがでしょう。こちらはある程度、ご想像ができたのではないでしょうか。これは、一般的に体の大きな動物が小さな動物達より、長生きという法則に当てはまります。ですので、身体の小さなネズミがやはり、短命な運命にあるといえます。

私たちがよく知っている種類ですと、ハツカネズミ。その寿命は約1年ほどになります。そして、哺乳類で一番短命なのは「ダイスンダネズミ」という種類。その寿命はハツカネズミの約半分の半年ほどになります。

寿命が長いのは身体が大きいから?

さきほど、一般的に体が大きな動物の方が、小さな動物よりも長生きな傾向があると申し上げましたが、これは厳密にいえば正しくありません。生物の寿命は、身体の大きさでなく、ある程度心臓の大きさが関係しているといえます。

どういうことかといいますと、心臓というのは生涯で脈打つ回数というのはある程度きまっており、その回数というのは、ネズミであれ、ライオンであれ、クジラであれ、あまり変わりません。

では、なぜこのような違いが生まれてくるかというと、その脈打つスピードです。やはり、同じ回数でも、小さいほどスピードは速く、大きいほどゆっくりといえますよね。またその動物がもともと持っている、新陳代謝の具合や生息している場所も関係しているといえそうです。

そして、後はその動物たちが暮らしている環境。ニシオンデンザメのように北の方の海域のおまけに深海が主な生活の場となると、それだけ低い温度の地域に住んでいるという事になります。そして、魚類ですので体温も周りの環境に合わせて上下します。新陳代謝も当然私たち人間よりは低くなり、それだけ鼓動もゆっくりになるという事かなと思います。

もちろんこれは、ある種の指標であり、全ての動物にこれがあてはまるものではありません。ですので、これを機に北の方へお引越し・・・というのは思いとどまっていただけましたらと思います。

最後に

いかがだったでしょうか。寿命というものは、3週間という寿命もあれば、それこそ捕食や病気にさえかからなければ不死という動物もいます。すこし、残酷な気がしないでもないですが、その生物たちにとってはそのような事はどうでもよく、いかに濃い寿命を残せるか否か。という事なんだろうなと思います。

このように短命ながらも、必死に生きる動物たちを見ると、命というものは本当に大事にしないといけないなと思いますよね。私えたばりゅも、ちっぽけながらこの命。大事にしないとなと思う次第でございます(^^) 今回も最後までお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-動物・自然とのwinwinのために
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

縁を呼ぶ動物達

新年、明けましておめでとうございます。 良い新年、お過ごしでしょうか。 まずは、おかげさまで新年を無事迎えることが出来たことを、厚くお礼申し上げますとともに、誠に僭越ながら、このブログにお越しくださっ …

危険動物 サメ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海や山にお出かけになる方も多いのではないでしょうか。とくにあと1ヶ月もすれば海開き …

黒船Amazon 待望の第2弾

こんにちは。えたばりゅです(^^) 私えたばりゅ。不覚にも同僚から教えてもらうまで全然気づかなかった(いいわけとして、ほとんどTV見ないw)のですが、あの巨大外資企業が放つCMの第2弾が配信されている …

太古のカリスマ 恐竜2

こんにちは(^^) 本日はお雛祭りですね(^^♪ しかしながら、お雛様関連の記事はさすがに、今の私えたばりゅの守備範囲では、レベルが高すぎるので、2日のお雛祭りイヴ、そして3月3日本番に敢えて、男の子 …

傷付いた野生動物を見つけた時

こんにちは(^^)えたばりゅです。 先日 動物と道路の問題と取り組み で、現在動物たちと人が作る道路との間で抱えている問題とその解決に向けて取り組まれ始めている活動についてご紹介させて頂きました。 そ …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ
高天原の縁側日記
北海道・札幌・ススキノの楽しみ方!

おっちょこ主婦の家計救出ブログ

ハナの洗濯ラボノート
みーなのきらめき日和
相互リンク随時募集中♪

相互リンクにおいては、ブログジャンルは問いませんが、オーナー様の思いなどが当ブログの内容と合致していない場合、お断りさせていただくケースがございます。m(__)m