自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

動物・自然とのwinwinのために

道具を使用する動物たち

投稿日:

こんにちは。先日宿直明けで職場より昼過ぎに帰宅し、あまりにも睡魔がちょっとだけ休もーーぜ♪ などと誘ってくるので、しょうがないから1時間ほど付き合ってやるか・・・w なんて思って気がつけば1時間どころか夕暮れ。

(´⊙ω⊙`)からの・・・ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3  ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

な状態となり、ブログ更新スケジュールプラン台無しになった、えたばりゅです(ー▽ー)

あの時、携帯目覚ましがならなければ、さらに目も当てられない状態になっていたことでしょう・・・^^; 現代社会はこのようなツールがあるので非常に助かりますよね。ツールといえば、私達人間が道具を使い始めて長らく経ち、この部分については他の動物達よりも秀でている部分かなと思うのですが、いやいや、果たして道具を使って問題を解決するのは人間だけなのでしょうか。

いやいや、そんなことはないんですね。自然界で暮らす動物達も道具を使用し、問題解決をすることは多々あるのです。では、今回はそんな道具を使用する動物達について御紹介したいと思います。今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

因みに、本日は紛れもなく2月22日。ですよね・・・。やっぱり。動物関連のブログを発信する者としては、クリスマス並みに大事な日。そう、猫の日だという事を完ッッ壁に忘れていた次第でございます。猫の日に関する記事は来年のお楽しみということでw

道具を使う動物達

では、動物たちはどのようなシチュエーションに遭遇した場合、道具を使用するのでしょうか。もちろん、人間と同じく何かの問題を効率よく解決するために道具を使用するのですが、その仕様用途は様々。

どのような動物達がどのような目的で道具を使用するのか、以下ではそれについて御紹介したいと思います。

おサルさん系


こちらもある意味、立派に道具を使用していますよねw

こちらはある程度、御想像が付いたのではないでしょうか。人と同じく霊長目に属する彼らは道具を有効に使用し、自分達の食事をより確実なものとしています。

チンパンジー

チンパンジーは、木の実や果物、木の葉のほかにシロアリなどの動物性タンパク源も摂取する、いわゆる雑食動物になるのですが、そのシロアリを食べる際に道具を使用します。シロアリを接触するにはシロアリの巣である蟻塚を破壊し、シロアリを食するのが一番効率がいいのですが、蟻塚は非常に強固かつ大きなもので、簡単に壊せるものではありません。

そこでチンパンジーは、蟻塚に穴を開け、その穴から木の枝を蟻塚に器用に差込み、蟻塚にいるシロアリたちを穿り出して摂食します。巣全体を破壊するその時間とエネルギーの消費のことを考えるとこちらのほうがよほど効率的といえますね。

ニホンザル

こちらは、宮崎県の幸島に生息する個体群が主に行うのですが、サツマイモなどのエサをそのまま食べずに海水に浸してから食べることが知られています。この目的として、汚れを洗い落とすこと。そしてもうひとつは味付け(塩味)を施しているということです。味付けをしている根拠は、浸すのが一度だけでなく一口食べるごとに、海水に浸していることが理由として考えられています。

味付けに関しては、道具の使用としては少しニュアンスが違いますが、汚れの除去と考えると立派に海水を利用していると推察されます。

 

鳥さん系

鳥達が、道具を使用する目的は主にエサを効率よく摂取するためになります。その方法は思わず人間も唸るほど。では、御紹介しましょう♪

カラス

不吉だの、死肉漁りだのと何かとあまり良い印象をもたれていないカラスですが、非常に頭の良い鳥としても知られています。クルミなどの木の実を食べる際、中のみを効率よく取り出すため、車を利用するんです。

まず、車が走る(厳密に言えば、タイヤが面するであろう位置を予想し)道路の上にクルミをおきます。そして、車が来るのを近隣の木の上などで待つ。車が上手くくるみの殻を踏み潰してくれれば、中の実の部分を美味しくいただくという流れです。

サギ

こちらは、魚釣り。・・・すごいですよね^^; 具体的方法はこのような感じです。人間達が湖や人工池に住む鯉などにパンくずをエサとして撒いているのを目にされたことがあるかと思うのですが、あのパンくずを利用します。

サギは肉食の鳥類になりますので、パンのような穀物は摂食しません。その撒かれたパンを、一度口の中に含み、自分の狩りのポイントにそれをまた落とすのです。そして、魚がパンくずに引き寄せられるのを待ち、魚が近づいてきたらパクリと美味しくいただくというわけです。

エジプトハゲワシ

こちらは、アフリカ地方に住む猛禽類です。彼らは主に卵などを食べる際に、道具を使用します。使う道具は小石。卵の中にはダチョウの卵のように、ただつつくだけでは、殻を割ることが出来ない分厚いからを持った卵もあります。

 

そんな卵の殻を割る際に小石を卵に打ち当て、卵の殻を割り、中のタンパク源を摂取します。ダチョウの卵を食べることが出来るとその卵ややはり大きいですので、より多くの栄養源を摂取できるというわけです。

ハダカデバネズミ

以前の シュールな名前 で当ブログの読者様に鮮烈な印象をブチかましたネズミ界・・・いや、哺乳類のホープがまたここでも再登場してくれました。まさか、ここでも再開できるとは私えたばりゅも嬉しい限りです。

彼らの道具を使用するシチュエーションは穴掘りの時。穴を掘るとき、彼らはその名前の由来ともなっている強力な歯を使い、穴を掘ります。ただ、やはり歯を使うということはそれだけ、土を体の器官に取り込んでしまうことが多くなってしまいます。

そこで、ハダカデバネズミは、薄い木の皮などを歯の後ろにはさみ、土が器官などの入り込まないように掘削を進めます。これって、なにか私達の生活にも思い当たる節がないでしょうか??

そうなんです。いわば木の皮はマスク。人間が、ホコリなどが体内に入り込まないようにマスクをするのと同じ原理になります。やはり、只者ではなかったゼ♪。ハダカデバネズミ♪

シャチ

こちらは、言わずとしれた海の王者。私えたばりゅのあこがれるカリスマたちの一体。前回 憧れのカリスマ達 ホホジロザメ編 で紹介予定。なんて言っておきながら、まだ紹介できず、出待ちを食らわせている状況であります^^;

このシャチが、道具を使用するシチュエーションはやはり、エサを摂取する前で、獲物を自分の行動範囲内に引き寄せる際に使用します。これも本当に人間顔負け。この方法を取るのは、北のほうに生息するシャチ。アザラシなど氷上にいる獲物を海に引き込む時に波を利用するんです。

どのように利用するかといいますと、まず体当たりなどで氷を小さくしていきます。そして仲間と協力し、自身の巨体を生かして大波を作り出します。その波の力で氷上にいるアザラシを、海中の中へと引き込むというわけです。

こちら、その様子を収めた動画になります。この動画はご覧いただく方によっては気分を害してしまう可能性がありますので、肉食動物などのハンティングシーンが苦手な方は、ご覧いただかないようお願いいたします。

シャチの狩りの様子。

いかがでしょう。一見アザラシがかわいそうな気がしないでもないですが、やはりシャチも食べなければ死んでしまいます。肉食動物達の狩りはそのほとんどが自身が生きる糧を摂するために狩りをします。

人間のように鉄砲を使用し、娯楽で生き物を撃ち殺す「スポーツ」ハンティングなどに比べると、そちらのほうがよほど残虐極まりないと思うわけなんですね。

最後に

いかがだったでしょう。動物達もやはり、そのシーンに合わせて効率よく道具を使用し、問題解決をスムーズに行っていることがわかります。道具を使用するのは何も人間だけの専売特許ではないということですね。

しかし、やはり人間も負けてはいられないところ。私達人間も道具を使うということから、地球環境保全という考えの下、ある取り組みを進化させていき、最近になりその考え方も定着しつつあります。

その取り組みとは、え、3Rだろ??

・・・

いや~~♪さすがです♪

せっかくなんで明日はその3Rについて、御紹介したいと思います。動物達とは直接関係ありませんが、自然保全という意味では本当に重要な取り組なんです。もし、万が一御存じない方がおられましたら、明日の記事をぜひともご覧下さい。

知っておられる方も、例のごとく「付きやってやるか。しゃ~~~ない。貸しやで」的深海精神で明日もご覧いただけましたら、私えたばりゅ、非常に幸せ者でございます。

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^)

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-動物・自然とのwinwinのために
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シュールな名前

こんにちは。えたばりゅです(^^) 前回の記事、ペットとガン治療法で少し触れたハダカデバネズミはじめ、その種によってはその生き物達に申し訳ないのですが、思わず笑ってしまうような和名がつけられている生き …

危険動物 サメ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近はめっきりと気温も上がり、絶好の行楽シーズンとなりましたよね。これからの時期、海や山にお出かけになる方も多いのではないでしょうか。とくにあと1ヶ月もすれば海開き …

黒船Amazon 待望の第2弾

こんにちは。えたばりゅです(^^) 私えたばりゅ。不覚にも同僚から教えてもらうまで全然気づかなかった(いいわけとして、ほとんどTV見ないw)のですが、あの巨大外資企業が放つCMの第2弾が配信されている …

目 その力

こんにちは(^^) えたばりゅです。 人が、お互いの意思を伝える方法として言語を用いるようになってから久しく経ちます。人間の他にも言語を用いて仲間とのコミュニケーションをとっている動物はクジラやイルカ …

動物野郎が尊敬する人物

こんにちは(^^)えたばりゅです。 人それぞれ、尊敬する方々はおられると思いまして、その方のメンターとして精神的支えになっておられる素晴らしい方がやはりいらっしゃいますよね。私えたばりゅもどなたかのメ …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ
高天原の縁側日記
北海道・札幌・ススキノの楽しみ方!

おっちょこ主婦の家計救出ブログ

ハナの洗濯ラボノート

相互リンク随時募集中♪

相互リンクにおいては、ブログジャンルは問いませんが、オーナー様の思いなどが当ブログの内容と合致していない場合、お断りさせていただくケースがございます。m(__)m