自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ニュースに反応

女好きスター 再臨

投稿日:2017年3月1日 更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと思いますm( _ _ )m

先日、少し調べ物をしようと、PCを立ち上げるとブラウザのあるトピックスニュースが目に入ってきました。なんと、あの昭和・平成をまたにかけた女好き映画スターが、3月25日(土)に再臨するようなんです。

今回はその女好き映画スターの出演する映画が公開約1ヶ月に差し迫ったこともあり、その映画についてご紹介したいと思います。では、今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

この情報、2014年にギャレス・エドワーズ監督のハリウッド版ゴジラ GODZILLA ゴジラが公開された時に少し小耳に挟んだんですが、ほぼノーマークだったんですよね。まぁ、ここでゴジラが引き合いに出てきたということで、この女好き映画スターというのが人間ではないことが分かっていただけたと思うのです。

そのスターとは、そうなんです。あのキングコング男爵なんです。その映画タイトルはこちら。

キングコング 髑髏島の巨神

情報は、こちら Spyder7 scoop network さんよりいただきました。

このキングコング 髑髏島の巨神の詳しい情報はこちらのサイトに掲載されておられるのですが、私えたばりゅもこちらのサイトを拝見させていただき、3月下旬の楽しみが桜の開花以外にも増えました。

というのも、このキングコングでは複数の怪獣達が登場するようなんですね。まぁ、それは怪獣映画では珍しいことではないのですが、楽しみなのはその怪獣たち。

キングコング 髑髏島の巨神 その見どころ(私的要素まっしぐら)

大抵怪獣にはベースとなる動物たちがいて、その種類は肉食恐竜や翼竜などの肉食性爬虫類、もしくは肉食昆虫がそのベースになることが多いのですが、今回公開のキングコング 髑髏島の巨神に関しては、怪獣化されない動物達がベース(もちろんお約束ベースもいらっしゃいます)になっているようでして、そのあたりの怪獣達がいったいどのような動きをするのかと一気に楽しみになったわけでございます(^^)

例えばですね、ナナフシ。ナナフシですよ?あの木の枝の擬態をさせたら右に出るものはいないアイツです。当ブログをご覧いただいてくださっている方の中には、節足系が苦手な方もおられますので、画像は自重しますm(__)m

食性ですか??性格ですか??思いっきり草食系です。そんなナナフシの怪獣がどのようにしてスクリーンで大暴れするのか・・・私えたばりゅとしては非常に、非常に気になるところであるんです(^^)

怪獣王との対決の布石

今回のキングコングの体長は31.6m。前回のキングコング 2005年版(劇場の虫嫌いの観客達をトラウマへと誘ったw)18.8mに比べると、約1.7倍にスケールアップしております。おっきくなりましたね~~。

そして、今回のキングコング 髑髏島の巨神は、ハリウッド版ゴジラ GODZILLA ゴジラチームにより、製作されており配給会社も同じワーナーブラザーズということから、ハリウッド版ゴジラ GODZILLA と世界観も統合されており、将来的に2大巨頭の対決も視野に入れられているようです。

しかし、今回のキングコング。大きく成長したとはいえ、ハリウッド版ゴジラ GODZILLA の体長108mに比べると、まだ1/3ほどのスケール。まともに対決できる大きさになるためには、もう少し大きくなる必要があります。

まぁ、そうはいってもそこは映画の世界。上手い事帳尻を合わせてくるのでしょうね。今回のこのキングコング 髑髏島の巨神がそういった次回作にどのように布石となっていくのか、ここも楽しみといえます♪

ちなみに、コングさん。日本では昭和時代にすでにゴジラと対決済みで、この時ゴジラと対決したキングコングは、ゴジラに対抗できるように怪力に加え、帯電体質になっています。容姿も現在のような、実在のゴリラ寄りの容姿ではなく、・・・・う~~ん、なんていったらいいのか。類人猿の怪獣には違いないんですけどね。こう・・・ゴリラというか。

ちなみにこちらの映画は、名優高島忠夫さんが出演されておられます。この方何気にゴジラ作品には出演が多いんですよね。それは、息子さんである高嶋政宏さん。高嶋政伸さんにも受け継がれ、御両人とも平成ゴジラシリーズではその作品において重要な人物を演じておられます。

そんな、怪獣王との対決シーン。平成の世で、しかも異国の地でどのように生まれ変わるのか。こちらの作品も公開に期待するところであります。

最後に

いかがだったでしょうか。公開が約1ヶ月に迫ってきたので、自分の楽しみもかねてご紹介させていただきました。いや~~、コングの動きは前回の2005年版で本当にリアル且つ精巧になりましたよね♪

今回のこのキングコング 髑髏島の巨神では、コングはじめ、他の怪獣達がどのようなリアルな動きを見せてくれるか、本当に楽しみなんですよね。擬態のホープ、ヤツの動きも非常に楽しみです(^^)

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。


こちら、昭和初期初登場時のコングさん。ぜんざいはその容姿も男前になりました(^^♪

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキングへ

-ニュースに反応
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中国発の世界的カリスマアイドル 野生復帰さる!

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

人気ペット お国柄それぞれ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

貴重画像 ブラックサーバル

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

ニュースに色々反応

こんにちは。虚弱体質えたばりゅです(^^) いや~~^^;やってしまいました^^;インフル。昨年末の風邪に引き続きまたもやのウィルス進入容認。幸い薬が効いたのか、高熱は初日で治まったのですが、まだ微熱 …

警察犬 きな子 天国へ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ 高天原の縁側日記

相互リンク随時募集中♪

相互リンクにおいては、ブログジャンルは問いませんが、オーナー様の思いなどが当ブログの内容と合致していない場合、お断りさせていただくケースがございます。m(__)m