自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ニュースに反応

史上最大の海生ワニ 太古のロマン

投稿日:2017年4月11日 更新日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと思いますm( _ _ )m

今回のニュースも NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版サイトからになります。いや~~(^^♪ご担当者様。いつもお世話になっております♪ってご覧になってないか^^; 今回もまたロマンを感じさせる記事を見つけてしまいました。古代に生息した海生爬虫類においてその種の最大クラスの化石が発見されたとのこと。こちらも肉食爬虫類になるのですが、当時は陸地の恐竜と同じく、海生爬虫類たち・魚類たちもかなりの大きさを誇っていました。

あ、いい機会ですのでご紹介しておきますと、プテラノドンに代表される当時の空に栄えた翼竜、そしてプレシオサウルス類に代表される当時の海に栄えた海竜(海生爬虫類)は恐竜ではないんです(^^)。その中でも、翼竜たちは恐竜たちの近縁にあたりますが、海竜たちにおいてはその分類は恐竜たちとは遠縁になります。同じような姿をしているのに不思議なものですね。古生物学者様たちからすれば、全然違うように映るのかもしれませんが、しがないフォーおっさんには、同じようなフォルムに見えてしまいますw

そんな、古代の海で他の強烈な海生爬虫類と覇を競っていたであろうから、さぞかし生きる上では現在よりも数段その連鎖は厳しかったのでしょうね( ^ω^)・・・ ではでは、今回も最後までお付き合いいただけますと幸いです。

史上最大の海生ワニ 満を持して発見さる!


写真は現在のワニ界の帝王、イリエワニ伯爵。

今回最大クラスの化石が発見されたのは、ワニ。しかしながら、現代のワニのように淡水で暮らす個体ではなく、その生涯をほぼ海の中で暮らしていたことが分かっています。現在においてもイリエワニという海水にも順応したワニが生息していますが(ちなみに現生のワニにおいて最大クラス)イリエワニにおいても、汽水域が主な生活の場で純海生というわけではありません。では、その古代の海生ワニ。その大きさとはどのようなものなのでしょうか。

史上最大の海生ワニの化石を発見、チュニジア
体長10m、体重約3トン、大量絶滅を生き延びた巨大ワニ

NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版サイト News 古代 2016.1.14 配信記事より

何かニュースネタはないものかとニュース記事を読み漁ったため少し古い記事で申し訳ないのですが、何とその大きさ約10m!(サブタイトルで、思いっきりその大きさが記載されておりますがw)現生最大クラスのイリエワニで6mにもなれば、かなり大きな個体になりますので、その大きさがうかがいしれます。しかし、当ブログをご覧いただいているあなたの、「え・・・確かに大きいけど、もっと大きいヤツ紹介していなかったっけ(´・ω・)?」という心の声がこちらに漂ってきていますw

確かにその通りなんです。以前の記事で同じNATIONAL GEOGRAPHIC 日本版サイトのニュース記事を紹介させて頂いた際、古代には12m級のサルコスクスという超メガトン級の巨大ワニが生息していたことをご紹介しました。その時の記事はこちら

ニュースにいろいろ反応 

しかしながら、このサルコスクス。淡水性のワニになりますので、海生ワニでは、このワニが最大種という事になります。その海生ワニ、名前をマキモサウルス・レックス(Machimosaurus rex)といいます。「サウルス」という呼び名ですが、れっきとしたワニの仲間で、恐竜ではありません。生きた時代はおよそ、1億2000万年前。白亜紀が始まり恐竜時代真っ只中という事になります。

しかし、こちらのニュース記事でもありましたが、このマキモサウルス・レックスにおいては、全身骨格ではなく発見されているのは一部の化石と事。全身骨格が発見されるのは本当に待ち遠しい限りです( ^ω^)・・・。え??なんで、全身骨格が発見されていないのに、大きさがわかるのかって??それはおっしゃる通り。大きさはあくまで現在の推測で、マキモサウルス・レックスが属するテレオサウルス科のワニの骨格をもとに計算して算出していると考えられております。ですので、これからの発見される化石次第ではその大きさに修正が入るかもしれません。

ですが、骨からその大きさや姿を推測し、生きていた姿を割り出す・・・。考えると、大変なことだと思います。そのような研究なので、常に最新の研究結果としてこれまでの大きさや姿が修正されるのも当然のことなのかもしれません。思えば、私えたばりゅが子供の頃のティラノサウルスに代表される肉食恐竜の想像図は、今のようなスタイリッシュな姿ではなく、ゴジラのように尻尾を引きずりながら歩いていたとされていましたもんね。メガロドンも当初は30m~40mは下らないというそれこそゴジラのような大きさとされていましたし。
マキモサウルス・レックスの今後の姿・大きさが楽しみです。

最後に

いかがだったでしょうか。このような新しい古代生物が発見されるという事は、現在においての新種の発見のように嬉しい気持ちにさせてくれます。今後も新しい化石やがどんどん発見されていくことを期待せずにはいられません。もしかしたら今までのどの分類にも属さない全く新しい種族の化石が見つかるかもしれません。そう考えると私えたばりゅ、夜も眠れ・・・なくはないですが、いや、むしろぐっすり眠りますがw、楽しみなことには違いないです♪

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ニュースに反応
-, ,

執筆者:


  1. バカワイン より:

    ワニはワニでも、淡水に生息する個体と、海に生息する個体とでは、大きさも違うのですね。
    先日もどこかの国で人が襲われたというニュースがやってましたので、ワニには神秘的というより、恐怖しかありません。

    • えたばりゅ より:

      メッセージありがとです(^^)
      日本では、極稀に沖縄にこのイリエワニがいるようですが、定住しているわけではないようです^^
      人を襲う可能性のあるワニはこのイリエワニ、アフリカのナイルワニ、インドのヌマワニ、アメリカのアメリカアリゲーターなどがいますが
      水辺に不要に近づかなければ大丈夫ですよ^^

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニュースに色々反応

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

疑似餌を駆使する猛毒のヘビ

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

鎌倉の海を青く彩る自然現象

こんにちは(^^)10個あった予約投稿記事を前回のペット王国のイベントで全て使い果たしてしまい、リアル生活に痛恨の一撃を喰らったえたばりゅです(T▽T) いや~この鎧はおろか、装備品を全て剥ぎ取られた …

女好きスター 再臨

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

中国発の世界的カリスマアイドル 野生復帰さる!

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ
高天原の縁側日記
北海道・札幌・ススキノの楽しみ方!

おっちょこ主婦の家計救出ブログ

ハナの洗濯ラボノート
みーなのきらめき日和
相互リンク随時募集中♪

相互リンクにおいては、ブログジャンルは問いませんが、オーナー様の思いなどが当ブログの内容と合致していない場合、お断りさせていただくケースがございます。m(__)m