自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

「 ペット お役立ち情報 」 一覧

死の病 猫伝染性腹膜炎 FIP

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回はある猫の感染症についてご紹介しようと思います。この感染症は、一頭飼育や完全室内飼いではあまり心配のない病気といえますが、多頭飼育や普段家と外を出入りしているよ …

ペット 複数飼育の前に

こんにちは(^^)えたばりゅです。先日、ペットを迎える様々な選択肢 1 をご紹介した際、ある友人の奥方様がゆくゆくは現在一緒に暮らしている子の他に新たな迎え入れを、考えておられるという事を教えていただ …

ペット 天災時の備えと動物保護施設の見分け方

こんにちは。えたばりゅです。先日4月14日で、熊本地震から一年を迎えました。 被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられたすべての命にまことに僭越ではありますが、心からご冥福をお祈 …

ペット フィラリア薬服用期間

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近は日によれば、めっきりあたたかくなり、絶好の行楽日和な日も出てきましたね♪小春日和の晴れた日はどこかぶらりと出かけたくなってしまいますよね。しかし、小春日和にな …

咬まれない引っ掛かれない為に

こんにちは(^^)えたばりゅです。 施設では、このような相談がよく寄せられます。犬が咬むんだけど、咬まないようにならないか?吠えるんだけど、吠えないようにできないか?猫が引っ搔くんだけど、何とかならな …

犬と猫の一生

こんにちは(^^)えたばりゅです。動物シェルターに勤務しておきながら、私えたばりゅ非常にこのような情報に疎いのですが、現在約3世帯に1世帯は何かしらのペットと共に暮らしているらしいですね。これ、かなり …

花粉症 ヤツはペットも襲う

こんにちは(^^)えたばりゅです。 花粉症、幸い私えたばりゅはその猛牙にまだ襲われていないのですが、この花粉症っていきなり今年発症してもおかしくないのだそうですね・・・。そんな、あまりうれしくない知ら …

猫の脱走を防ぐ方法とペットが脱走した時

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は前回に引き続き、To Be Continued の続きになります。こちらでは、猫の脱走を防ぐ方法について、そして犬や猫などのペットが万が一脱走してしまった時の …

犬の脱走を防ぐ方法

こんにちは。えたばりゅです。 本日は3月11日。早いものであの自然の驚異から、早くも6年目を迎えました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられたすべての命にまことに僭越ではあり …

万が一脱走した時のために

こんにちは(^^)えたばりゅです。 前回の記事、迷いペットを保護した時 で路上などで放浪しているペットを保護した時の対処方法についてご紹介させて頂きました。もちろんペットが脱走してしまうと、最悪の場合 …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ

本日の一杯 -Cupmen Blog of taka- カップ麺と激辛のブログ 高天原の縁側日記

相互リンク随時募集中♪

相互リンクにおいては、ブログジャンルは問いませんが、オーナー様の思いなどが当ブログの内容と合致していない場合、お断りさせていただくケースがございます。m(__)m