自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペット お役立ち情報

ペット 手術前後のケア

投稿日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
最近は少し前に比べて、不妊手術が大分浸透してきていることもあり、ペットの手術というものが身近になった気がします。そして、その手術の実行日の前後一日はペットが無事手術を終えるために飼い主様の方で、ご注意していただくことがあり、今回はペットたちの手術前後のケアの注意点についてご紹介したいと思います。

手術前と後に注意すべき事


まず挙げられるのが、手術当日の前の日と、手術が終わってその当日の絶飲食があります。こちらについては、ご経験がおありの方もおられると思うのですが、不妊手術など術後その日で退院できるような比較的、軽い手術の折、獣医さんの方から注意事項としてご指示があります。(術後入院が必要な場合でも、前夜は絶飲食になります。)
これは手術時麻酔をかけた際、誤嚥(本来位に運ばれるべきものが気管などに入ってしまう事です。)や胃の内容物の逆流を防ぐために行っていただく処置です。手術時、胃に内容物が残っているとそれが逆流することがありそれがもとで誤嚥を引き起こしたり、その内容物が食道に詰まったりするケースがあります。
正常な状態であれば、咳き込んだり、えづいたりして、内容物を吐き出すことができますが、手術中は麻酔がかかっているためそれを吐き戻すことができず、窒息してしまう事もあるため非常に危険です。
ですので、手術当日は胃の内容物をしっかりと空にするために絶飲食をお願いするというわけです。

ではなぜ手術後翌朝くらいまで絶飲食をしなければならないか。手術が終わって麻酔からも覚醒していれば、飲食をさせてもいいんじゃないかと思われると思います。
ところが手術後麻酔から覚醒していても、ペットの手術時は全身麻酔を施しますので意識はしっかりと戻っていても体や内臓の各機能はしっかりと覚醒していない可能性がある為です。
このような状態で摂飲食すると、何らかの原因で入ったものを吐き戻そうとしたとき、麻酔効果がまだ残っており、吐き戻そうとしても上手く吐き戻すことができず、気管に詰まらせてしまう可能性があります。そうなってしまうと手術の時と同じで、呼吸をすることができず非常に危険です。

心を鬼に


稀に、あくまで稀にですが、手術を頑張ったご褒美として。もしくは前2日間何も口にしていないのでかわいそうだから。ということで、獣医さんの言いつけを破ってしまい、給餌してしまう飼い主様がおられますが、これ、本当に危険です。ですので絶飲食の指示が獣医から出ているのであれば、それはしっかりと守っていただけたらと思います。
ご褒美は絶飲食が晴れて解除されてから、思う存分ご馳走をあげていただけましたらと思います。心を鬼にすること。飼い主様としては試練かと思いますが、手術は絶飲食が解除されるまで続いていると思っていただけましたらと思います(^^)

エリザベスカラーの着用

そしてもう一つは手術後約1週間ほどのケアについて。手術という事ですので、当然執刀があります。その時にできる傷口を保護するために、エリザベスカラーというものを装着します。
このエリザベスカラー、単にカラーという事も多いですが、術後ペットたちが患部を舐めないよう首元に装着する、いわばガードです。たまに顔がアンテナみたいになっている子を見かけることがあるかと思うのですが、あれです。

こういうのです。
なぜ患部を舐めるとまずいかというと、ペットたちは歯磨き粉を使って歯をゴシゴシしないですよね。という事はご想像がつくかと思います。舐めると傷口が化膿してしまい、患部の治りが遅れてしまいます。
また、そのような口で患部を舐めてしまうと雑菌がどんどん体内に入っていってしまいますよね。そして、患部を舐め続けると手術後の傷が開いてしまう事があり、これはそんなに頻繁に起こるものではないですがそうなってしまうと傷口から内臓が出てきてしまう事もあります。

ただ、慣れないものを装着するので付けると大体どの子も

こんな顔になったり

こんな顔になったりします。

たまにこのような全く気にしない強者もいらっしゃいますが、大抵の場合は沈んだお顔になってしまいます。
そういったことで、外してしまう飼い主様がおられるのですが命の危険があるとすれば、どうでしょう。

傷口が開いてしまうとまた全身麻酔を施して再縫合しなければなりません。全身麻酔は稀にそのまま、目が覚めないこともあり、リスクを伴うものです。ただでさえ、そのようなリスクがある中、特にそのペットが高齢な場合、そのリスクはかなり高まります。
そのようなこともあり、このエリザベスカラーは獣医の外す許可が出るまでは継続して装着して頂ければと思います(^^)
どうしても外さなければならないとき、例えばカラーを装着していることでご飯を食べないという事があった場合は給餌の際は外していただいても大丈夫かと思います。ただ、その場合絶対に目を離さないようにしていただくのと、給餌が終われば速やかにまた装着していただくのを忘れないようにしていただけましたらと思います。

ココでも重要な心を鬼。


先ほどのようなど~~んと沈んだ顔をされたり、カラーをしていることで歩きにくそうにしていると、飼い主様の心情としてはかわいそうだから外したくなりますよね。でもしておかないと治りが遅くなってしまったり、場合によってはそれとは比べ物にならないほどかわいそうなことになってしまう。と思っていただき、ぐぐっと我慢していただけましたらと思います。

エリザベスカラー業界も進むファッション性


エリザベスカラーと言えば、医療器具ということもあり、ファッション性などはっきり言って度外視でしたが、最近はその形状や色などもさまざまなバリエーションが生まれており、視覚的にも見てかわいらしい(もちろん人間目線^^;)ものが増えてきております。

花びらのような形状のもの。救命胴衣のような形状のもの。フライングディスクの真ん中にすっぽり穴をあけたような形状のもの。そして、その色も半透明の殺風景なものでなく、緑やら橙やら、有名キャラクターがデザインされたものやら・・・

ヘンな目線で申し訳ないのですが、やはりエリザベスカラーを購入するのはペットたちではなく、人たる飼い主なので、いかにしたら購入されるか。企業様側も色々と試行錯誤を重ねて頑張っておられるのだなと思います。
そして、何も進化しているのはそのファッション性ばかりでなく、形状の面から見ても従来のアンテナ状のエリザベスカラーに比べ、フライングディスク型のものは、円状になっているのでペットたちが摂飲食する際もエサ皿にコンコン当たってエサ皿が逃げて行ったり、そもそもお皿にエリザベスカラーがつっかえてしまって、摂飲食ができない。このようなことをなくすために形状も工夫されているのだろうなと思います。
このようなところでも、モノづくり日本というところでしょうか。(私えたばりゅの勝手な想像であり、これらの品が日本製かどうかは全く不明。)
もちろんこれから先も、このエリザベスカラーに限らず、様々なペット用品も企業様の努力と、その需要者である飼い主様の声でいろんな便利な品が生まれてくるんだろうなと思います。ペットの使用状態をみながら飼い主様が企業様にお声を発するので、やはり、ペットたちの声と言う方が正しいのでしょうか(^^)
まずは、犬猫たちはじめペットたちにできるだけストレスがかからない機能というのが第一条件になると思うのですが、その次も飼い主様の目線的にも、楽しめて効率的な品が増えていけばいいなと思います(^^)

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペット お役立ち情報
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペット 気圧の変化に要注意

こんにちは。 えたばりゅです(^^) 猛烈な寒波で盛大な低気圧が訪れたり、気温が比較的高かったりと気圧の変化には本当に悩まされどころですよね。気圧の変化が頻繁な時は、やはり体調を崩す方も多くいらっしゃ …

愛すべき内弁慶 脚のご報告

こんにちは(^^)えたばりゅです。 少し前の記事 そろそろ地面の温度注意報 で我が愛犬 愛すべき内弁慶。ブログネームたれ目ちゃん( *´艸`)。←友人moiさん命名。我が家の呼び名ラムが詳しい敬意など …

ペット 天災時の備えと動物保護施設の見分け方

こんにちは。えたばりゅです。先日4月14日で、熊本地震から一年を迎えました。 被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられたすべての命にまことに僭越ではありますが、心からご冥福をお祈 …

猫 その起源とイヌとの相違点

こんにちは(^^)えたばりゅです。 長年、人間の伴侶動物として共に歩む道を選択してくれた犬、そして猫。昨日は犬の期限などについて触れましたので、今回猫についてその起源など、少々触れてみたいと思います。 …

負の思いもペットは感じ取る

こんにちは。えたばりゅです(^^) 今回は、かなり重たい内容になります。そういうのが苦手な方は今回は本気でスルーしてください。しかし、ペットと暮らしておられる方、もしくはこれからペットを迎えようとして …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ