自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

憧れのカリスマ図鑑

イヌワシ 憧れのカリスマ達

投稿日:2016年12月17日 更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカリスマたちですので、閲覧していただく方によっては、苦手な種のご紹介もあるかと思いますが、閲覧者様の海のような広い心で、何卒ご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
管理人の性別や性格上、少し勇猛な生き物に偏ることとは思いますが、そのあたりもご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
ちなみにこちらで紹介するカリスマ達が自然に暮らしている姿を拝見することは私のひそかな夢でもあります。

イヌワシ 大空を舞う空の王者

英名は、Gorlden Eagle。学名は、Aquila chrysaetons。いや~~やっぱりカッコいいですね。学名はなんて読むか分かりませんがw ゴールデンイーグルですよ?思いっきり野郎が好みそうなワード満載(と言っても単語的には2つですが^^)ですよね。このイヌワシは日本名でもそんなにシブい度下がったりないですが、英名だとその姿そのものですが、日本名になるとなんと言うか、残念な感じになってしまう呼び名の生き物ってけっこういてて。

例えば、英名だと Great White Shark。ところがこれ日本語に直すとホホジロザメ。頬が白いサメ・・・ww う~~んそのままって感じするのは私だけでしょうか。なんか日本名ですと、どちらかと言えば可愛らしい感じがします。先入観なしで名前だけ聞くと海の食物連鎖のトップクラスに位置し、あの映画、ジョーズのモデルになったサメなんて、想像しがたいですよね^^;

すいません、話が少しそれてしまいましたが、こちらのイヌワシ、お住まいの地域は、アフリカ大陸北部・北アメリカ大陸・ユーラシア大陸とけっこう広い範囲に住んでいらっしゃいます。日本でも、その亜種が住んでおられます。

全長は、約1mほどですが、翼を広げるとその翼長は2mほどにもなる、猛禽類の中でも比較的大型の種になります。

食性は猛禽類の類にもれず、肉食。哺乳類から爬虫類、他の鳥類など選り好みはなさらないようです。その足の締め上げる力は凄まじく、しばしば羊のよう獣など比較的大きな哺乳類も捕食されているようです。

日本での生息地

日本に住んでいる亜種はニホンイヌワシ。 英名は Japanese Golden Eagle。です。生息地は、北海道・本州・四国・九州の一部を除く山岳地帯。こう聞くと日本各地に生息しており、その数も比較的安定しているように聞こえますが、日本での推定生息数はたったの500羽。

ということは、生息地はかなり分断されていて限定的なものといえると思います。
で、日本のレッドリスト検索システムでのデータがこちら。

ご覧の通り、真っ赤です(;;) そして、レッドリストランク的にみてもかなり危ない状況と言えます。

といっても、よく空飛んでいるのをみるよ?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そちらのほうはおそらくトンビといわれる別種の猛禽類です。
たぶんよく見かけるほうは、ピ~~ヒョロロロロっていうような鳴き声を発していると思います。

こちらその野生の日本イヌワシとその鳴き声を収録した動画です。ただでさえ個体数が少ないですので、鳴き声を収録できることはかなり貴重なことのようですね。


こちら滋賀県の伊吹山での撮影だそうですが、どうやらこの撮影が行われたのは今から20年ほど前のようですので、この個体が今も元気に暮らしているかは分からないところではあります。

個体数の減少の原因として考えられているのが、近年の大規模な開発や森林伐採が原因による獲物である動物達の減少。そして、イヌワシ自身ももちろん山間部に暮らしていますので、彼ら自身の住処がなくなってしまったことも大きな原因です。
そして、捕食者としては食物連鎖のトップクラスに位置するのでもともとの個体数もそんなに多くなかったのかもしれません。

そんな中、人間による植林も行われていますが、本来そこに生えていた木々を植林しているわけでなく、人間の利益になりやすいような木々の植林。すなわち単一の種類のみの植林が多く、その地域の生態系が変わってしまうことも原因とされています。

では、森林が回復すればイヌワシの個体数も回復するのか。残念ながらそう簡単ではなく、それはイヌワシの狩りの仕方で、イヌワシは獲物を探すときは上空を旋回して探し、いったん獲物を発見すると上空から急降下して襲い掛かります。ですので、森林ばかりであると獲物の発見を難しくしてしまい、例え発見できたとしても木々にさえぎられこの急降下と言う方法を用いることが出来ません。

ですので、イヌワシの個体数を回復させるためには繁殖のための森林と狩りの際に使用するある程度開けた草原と、この2つが必要になってきます。

保護のために

現在イヌワシは保護のために国の天然記念物に指定され、岩手県や宮城県ではそれぞれ、イヌワシの繁殖地を守るため岩泉町、北上町の地域そのものを国の天然記念物に指定してイヌワシの繁殖地を守ろうとしています。

また、失われた狩場を再度復活させるために、開けた野原を作り出す間伐などの試みも全国的に行われているようです。

わが生息地の兵庫県でもイヌワシの生息は確認されているようですが、その数はほんの数十年前と比べても激減しています。おまけにこの数年間は全く繁殖に成功していないらしく、県下でも非常に危うい存在と言えます。

この個体数回復のための全国の試みが功を奏し、個体数が回復してくれることを切に望みます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-憧れのカリスマ図鑑
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オオカミ 憧れのカリスマ達

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹 …

憧れのカリスマ達 ジャイアントパンダ

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹 …

オウギワシ 憧れのカリスマたち

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

金木犀(きんもくせい) 憧れのカリスマたち

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

憧れのカリスマたち オニヤンマ

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ