後世に残したい名曲

後世に残したい名曲

更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~~って思われる曲もあるかと思いますが、深海のように深くそして、広い心でお付き合いいただけますとうれしく思います(^^)

今回ご紹介したい名曲はこちら。

FINAL FANTASY プレリュード


ファイナルファンタジーってあのゲームの? ゲーム音楽でしょ??名曲??って思われている方。いやいやいやいやいやいや、ゲーム音楽と侮るなかれ(^^)
ゲームの中の音楽も本当に素晴らしい曲が存在するんです(^^)今回は、後世に残したい名曲で、初のゲーム音楽なので私えたばりゅの独断と偏見的には最高の曲の一つだと思っているこの FINAL FANTASY シリーズの プレリュードをご紹介したいと思います。

この曲は、ゲーム音楽を知らない方にも是非とも聞いてほしい名曲なんです。

FINAL FANTASY について

現在も新作が発売され続けているこのシリーズ。記念すべき、Ⅰが生まれたのは、1987年。スクエアという会社から発売されました。現在はスクエアエニックスという社名になっており、後記のエニックスはあの有名なゲーム、ドラゴンクエストの制作会社です。
現在は合併され、同一会社になっていますが、当時は別々の会社で、RPGゲーム(平たく言えば、キャラクターを成長させ、ゲーム内の謎を解きながらラストボスを打ち倒すゲーム)の2大巨頭として、覇権を争っていました。

最近 ⅩⅤ も発売されましたので、そのゲーム自体はご存知の方も多いのではないでしょうか。
このファイナルファンタジーシリーズ。スピンオフ作品も合わせると、かなりのシリーズが存在し、それは単にゲームだけのジャンルにとらわれず、映画などにもなったことはあります。
裏を返せば、このシリーズがいかほどに経済効果を見込めるものかを物語っていますよね^^;

ファイナルファンタジーシリーズの曲の父

そしてこのファイナルファンタジーシリーズの曲を手掛けているのが、植松伸夫さんというゲームミュージック作曲家。この方、ゲーム業界では、本当に有名な方で、植松伸夫と言えば、ファイナルファンタジー。
そのようにすぐに連想されるほどの、ファイナルファンタジーシリーズの曲を手掛けられています。

このプレリュードだけでなく、FINAL FANTASY シリーズ には、本当に素晴らしい曲が盛りだくさんで、そのシーン・シーンを本当に盛り上げてくれてます。このほかの曲についても後々に順番にご紹介していきたいと思います。

ちなみに、ドラゴンクエストシリーズの曲を担当されているのがすぎやまこういちさん。このかたは、ゲームのみでなく映画の挿入曲(ゴジラ対ビオランテなど)も担当されるなど、多方面でご活躍されておられます。

プレリュード その魅力

一言でいうと、本当に心が落ち着き、癒されます。どこかのリラクゼーションサロンでも流れていそうな感じw。そして、その曲の壮大さ。
まぁ、私が色々とごたくを並べるよりかは、実際に聞いていただいた方がわかりやすいかと思いますので、またいくつかの動画をご紹介したいと思います。

サントラヴァージョン

ピアノヴァージョン

ハープヴァージョン

どうでしょうか。この曲もその使用楽器であったりなどでまた違った趣がありますよね。そして、このプレリュード。各シリーズで少しずつアレンジされているんです。もしお時間ある方はその違いを探していただくのも良いかもしれません(^^)

 

また、今回は知らない人にもこの曲を知ってもらい、魅力的に感じていただけたらという事でゲーム音源はご紹介に入れておりません。さすがにそれを入れてしまうとマニアックになってしまうかなと思ったんで^^;
もし、ご興味ある方はそのゲーム音源そのものもお聴きになると面白いかもしれません。

どうでしょう。ゲームミュージックにしては、なかなかやるな。と思っていただけたのではないでしょうか(^^)
このファイナルファンタジーシリーズのほかにも素晴らしいゲームミュージックはたくさんございますので、こちらの方面でもどんどんご紹介していけたらと思っています(^^)

このような、自己趣味な内容にもかかわらず最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。もし、良ければ次回もお楽しみにしてください(^^)

 

-後世に残したい名曲
-, ,

Copyright© 自然とペットとアラフォー野郎と , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.