動物・自然とのwinwinのために

一企業の下僕になってみる

更新日:

こんにちは(^^)巨大企業の下僕、えたばりゅです。
今回は、普段は仕事柄特定の企業様を応援することが出来ないのですが、このブログはあくまで私個人が勝手に行っていること。ですので、施設とは何の関係もないという事で好き放題自分のさじ加減で好きな企業さんをご紹介させて頂こうと思います( `ー´)ノ 今回私えたばりゅがご紹介しようと思っているその企業様は大手通販会社様。動物関連のブログを発信しているのに通販会社の案内(;´・ω・)・・・? ですよね。しかしもうこれで、当ブログをご覧いただいている方、特に猫と共に暮らしておられる方の中にはピン!ピン!!と来られた方もおられるのではないでしょうか。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

FERISSIMO フェリシモ

まず、フェリシモさんをざっくりご紹介すると、1965年に創業者の矢崎又次郎氏が大阪の地で、当時ハイセンスという社名で創業しました。その後1995年に本社を神戸市の中央区に移し、現在は東京・大阪にもオフィスを構え、中国は上海にも物流センターを設けるなど、勢力的にご活躍されている会社様でございます。神戸、そうなんです。私えたばりゅの生息地なんですね~~(^^♪ 関西を拠点に活躍されているという事で、これはぜひともご紹介せねばと思った次第なんです。そして、ご紹介理由はそれだけではないんですね。

フェリシモ 猫部

フェリシモさんは、先ほどご紹介させて頂いた通り、大手通信販売会社様。その販売商品は、雑貨やファッション品、ヘルス&ビューティ、食品等々、扱う品物は多岐にわたります。そんな中でも、猫グッズや猫用雑貨にスポットを当て、それを専門に販売している部署。フェリシモ 猫部さんなるものが存在します。こちらが販売している品物は、デザインはもちろん、用途性や思わず、wwwってなってしまう商品ネーミングで、多くの猫好きの方をうならせているのではないでしょうか(^^) そして、フェリシモ猫部さんの商品を購入するとその一部が、動物保護施設へと寄付される仕組みで、商品を購入するだけで、その購入者の方が動物保護活動の一環を担えるというところも嬉しい所であると思います。

そして、このような大きな企業様であるならば、やはり私達一般人からすると気になるのが前回、企業様のCSRという取り組み にてSUNTORYをご紹介したそのCSR活動ではないでしょうか。

ザ・CSR企業 FELISSIMO フェリシモ

いや~~・・・・すごいですね。SUNTORYさんの時も、そのご活動幅にかなり驚きましたが、フェリシモさんも本当にすごい!そのCSR活動たるや、どういったらいいのでしょう。多岐というか、壮大というか、もはやこちらも事業??って思ってしまうほどです。こちらは、私のような一般ピーポーがどうのこうのと評価できる域をはるかに凌駕しているので、フェリシモさんがどのようなCSR活動をされているのかだけでも、簡単にご紹介しておきたいと思います。

詳しくはこちら、FELISSIMO フェリシモさんのCSR活動ページへGo!!(いや~~(^^♪これはぜひともご覧いただきたいッ(≧▽≦))

環境保全・育成

フェリシモの森基金・・・次世代に、緑あふれる地球を贈るため国内外での森づくり推進活動をされておられます。

自然栽培基金・・・豊かな食の未来を見据え「奇跡のリンゴ」の木村式農学校の運用と指導者の育成されておられます。

はな・はな・みどり基金・・・恵みある森を作るプロジェクトを行っておられます。

海基金 沖縄サンゴ基金・・・美しい海を保全するため、サンゴの保全や海岸の清掃を支援されておられます。

PBPコットン基金・・・オーガニックコットンの栽培などを通じての児童の就学支援などをされておられます。

教育の機会の創出・子供の夢をはぐくむ

インフィニット・ホープ基金・・・ポジティブな未来を目指し、バングラデシュの社会インフラの改善を支援されておられます。

フェリシモこども基金・・・世界中の子供たちに幸せな活動を育む活動を支援されておられます。

てのひらを太陽に基金・・・アートワークショップを通じ、子供の夢や感性を育む活動を支援されておられます。

難病のこどもの夢支援・・・難病を抱える子供たちの夢の実現を支援されておられます。

ラブ&サンクス基金・・・カカオの産地の児童労働をなくす活動を支援されておられます。

健康支援・創造

iPS細胞研修支援・・・未来の医療発展に励む研究者の方をご支援されておられます。

医療活動支援・・・紛争地域に住む子供たちの医療支援されておられます。

栄養改善事業支援・・・ブルキナファソ(西アフリカ)の子供の栄養改善事業をご支援されておられます。

社会参画・雇用機会の創出による自立支援による自立支援

フェリシモ地球村の基金・・・貧困からの自立や自然災害からの救済、復興支援などを行う世界各地の活動をご支援されておられます。

盲導犬育成支援・・・盲導犬育成だけでなく、引退した盲導犬をサポートする支援も行っておられます。

コンゴ元子供兵支援・・・全ての生命が安心できる社会を目指して、元子供兵の就業活動をご支援されておられます。

UNICOLART基金・・・「デザインと共に暮らしにハッピーを!」のコンセプトの元、チャレンジドのアーチストをご支援されておられます。

文化の継承・創造

日本伝統生活文化基金・・・日本の伝統文化の保護や継承を支援し、文化に基づいた豊かな人間性を育むことを目的とされております。

式年遷宮基金・・・2015年の式年遷宮に活用された基金は時期遷宮までの間上加茂神社の一部となりそれが息づきます。

動物との共生

わんにゃん基金・・・動物と人が優しく共生できる社会を目指した活動をご支援されております。

フェリシモの猫基金・・・基金付き猫グッズを販売されることにより動物保護団体をご支援されておられます。

ペット里親探し支援・・・動物を保護し、新しい飼い主様を募る団体のご支援をされておられます。」

災害復興支援

東日本義援金・・・復興は長い道のりを要します。フェリシモさんは続けるご支援を掲げておられます。

もっとずっときっと基金・・・被災地支援を目的として販売する品物に付けた基金の総称とのことで、現地のニーズに合わせたご支援活動をされておられます。

もっとずっときっとこども基金・・・東日本大震災で被災された子供たちをご支援されておられます。
神戸学校参加料・・・神戸学校とはフェリシモさんが主催されている、神戸発の生活デザイン学校です。その参加料をあしなが育英会にご寄附され、被災地の子供たちをご支援されておられます。

花咲かお母さんプロジェクト基金・・・東北のお母様方の内職のご支援とお母様の地元に花や緑を植えるプロジェクトをなさっておられます。

いかがでしょう。ものすごい力の入れようというのがお分かりいただけたのではないでしょうか。社会にもたらす企業的責任は立派に活動されておられると思いますよね(^^♪ 自分ももし会社を立ち上げたら(←偉そうなこと言っているけどそんな予定も、資金も実力もないw)しっかりと会社の利益をもたらし、社会的に貢献できるような会社にしたいものです( ^ω^)・・・

参考、引用:FELISSIMO フェリシモ 企業情報 CSR

最後に

ただただ、利益を出し、会社を成長させれば良い会社といわれないのが、現代の会社の難しい所。しかしそれを踏まえ、会社で得た利益をこのように社会的貢献をすることで還元されることは、世論がそうなっているからとはいえ、なかなかできる事ではありませんよね。このような企業様はやはり応援したくなるというものです(^ω^) そして、そういった応援も企業様に少しでも力添えをするためには、自然とペットとアラフォー野郎も、もっと力をつけないとな・・・。と思う次第でございます(・ω・)ノ

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

-動物・自然とのwinwinのために
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.