自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペットを迎える前に

ペットを迎える様々な選択肢 1

投稿日:2017年4月13日 更新日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。

犬・または猫などのペットををご家庭に迎える際、同じ種でもその種類や大きさなど様々な選択肢があるかと思います。最も一般的なペットの迎え方としては、やはり現在の日本ではペットショップからペットを迎えるというのが主流ではないでしょうか。今回はその選択肢に加え、ペットを迎えるにあたって他にもこのような選択肢もあるという事を今回は犬と猫とにスポットを当てて、ご紹介しようと思っております。現在ペットを迎えようとしている方々の選択肢の幅をさらに増やしてしまい場合によっては大いに悩ませてしまうかもしれませんが、これからご紹介させて頂く彼らも本当に素晴らしい魅力の持ち主たちです。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけますと幸いです。

選択肢 老犬・老猫

あなたは、老犬、そして老猫と聞いてどんなことが思い浮かぶでしょうか?

  • 手がかかる。
  • 昼夜問わず鳴く。
  • 若犬・若猫に比べ、一緒に居れる時間が少ない。
  • 犬の場合、介護が大変

等々・・・どちらかといえばマイナスなイメージを持たれておられる方が多いのではないでしょうか?確かに上記のようなことが全くないかと言われれば、決してそのような事はありません。しかし老犬・老猫たちには、そのようなマイナスイメージを相殺しても、あまりあるほどの魅力が老犬・老猫は兼ね備えているんです。そしてそれは仔犬・仔猫では残念ながら絶対に味わうことができない魅力。その魅力は・・・

流れる時間を穏やかにしてくれるということ。

人と同じく、犬・猫達も年を重ねると共に段々と穏やかになってきます。施設で暮らしている犬・猫たちでも、若いころはいろいろな武勇伝(^^;)を残した子たちもその年齢と共に性格はどんどん穏やかになってきます。

年を重ねたペットと共に暮らされておられる方は、ご存知かと思うのですが、忙しく家事や仕事をこなしているときにふとペットの方に目をやると、気持ちよさそうに日の当たる場所で眠っている。また活動しているときでも年を重ねて、何をするにしてもスローモーションになったその仕草などなど。そのようなゆったりとした姿を目にした時、まるでその空間だけ時間の流れがゆっくりと流れているような、そんな感覚になることがあります。これは、ストレスに常に襲われて、日々忙しく時間の流れが目まぐるしい現代人にとっては、またとない魅力となるのではないでしょうか(^^)
また、年齢を重ねた分だけ、様々な経験をしてきているので、少々のことで動じることはありません。また老犬・老猫であれば、その個体についての性格もほぼ確定しているため、若い個体達のように育て方次第でわがままになったりする事もありません。「犬は仔犬から育てないと慣れない。」そう思われている方もおられるようですが、そのような事は決してなく、たとえ老犬であったとしてもしっかりと飼い主様を慕ってくれます。

そして寿命を全うし、この世での最期を迎えるとき、(これは年齢・種族に関係なくですが。)生命の大切さを自身の身をもって私達に教えてくれます。特に成長段階にあるお子様が、命の大事さを学ぶには絶大な効力があります。これは、私えたばりゅも小学生~中学生の頃一緒にいた先代犬の白柴(チロと言います^^)が教えてくれたことです。


そんなわけでチロちゃん。またまた登場♪ 

これについての記事はこちら

生涯の恩師

そんな、魅力に溢れた老犬・老猫達。これからペットを迎え入れようと考えている方は、仔犬・仔猫ももちろん魅力的ですが、もしよければ、老犬・老猫というシニアを迎えるという選択肢も考えてみてください。後述しますが、保護施設には、老犬・老猫達もたくさん暮らしております。迎える・迎えないは別として一度お近くの保護施設にご見学に赴いてみるのも、悪くないと思いますよ。(^^)

そして、老犬を迎える選択肢としては、盲導犬など人の使役犬として活躍し、その後引退した盲導犬や警察犬など元使役犬達(リタイヤ犬)の暮らしを確保するシニアウォーカーという選択肢もあります。そのシニアウォーカーになる方向性をご検討されておられる方が、私えたばりゅが日ごろお世話になっております友人にいらっしゃいます。その方は、日ごろブログも運営されておりまして・・・いや、違った。その方と共に暮らされておられる、ジャーマンシェパードドッグのタロー君が運営しておりまして、飼い主様の決心をこちらのブログで綴っておられます。

あすなろタロー ただいま修行中 仕事犬のためにできること

もちろん、飼い主様共々、タロー君は私えたばりゅの大切な友人(犬)の1頭でございます(^^) 因みに飼い主様は ultramom さんと旦那様。タロー君はジャーマンシェパードですが、少しつらい過去があり、SPCAに保護されたところを、現在の飼い主様、ultramom さんと旦那様に迎え入れられた経緯があります。現在は幸せに親子生活を満喫中でございます(^^♪

選択肢 雑種(MIX)

次の選択肢。それは、MIXと呼ばれる犬猫たち。こちらではいわゆる雑種の子達を迎えるにあたってのメリットをご紹介します。やはりこれについては、身体の丈夫さが第一に来るかなと思います。これは雑種の子ならではのメリットで純血種にはあまりみられない事かなと思います。ではでは雑種の子たちが丈夫といわれるその理由について。これを純血犬種が生み出された経緯に沿ってお伝えしようと思います。

一般的にMIX犬(雑種)とは様々な純血種との交雑種のことをそう呼称するのですが、このような個体は長じて体が丈夫であるという傾向があります。これらについてはまだ科学的に実証されていることではないようなのですが、私えたばりゅが勤めている保護施設で暮らしている個体もMIX犬については比較的寿命が長い傾向にあります。そんなMIX犬たちの中でも20歳越えを果たした個体もその数としては多くはないですが、実際におりまして、そんな個体は現在のところ、全てMIX犬なんです。

ではでは、何故ゆえに雑種の子たちはこのような傾向があるのか。これについては雑種が強いわけではなく、純血種が雑種に比べると体が弱い傾向にあるのでは?という事なんです。本来、犬という種族は獣医学の進歩と共に、その環境が個体に合えば、20歳を超える寿命を持っている。しかし人間が関わることで純血種の寿命を縮めてしまった。という考え方です。(こちらの考えは私えたばりゅの個人的考えが多く含まれます・・・というかほぼそれですので、ご参考程度に・・・^^;)

なぜこのような考えをするに至ったかというと、現在の純血種と呼ばれる犬種を作ってきた経緯からという事になります。現在大小、形状など多種多様な犬種が誕生した背景には少し暗い歴史があります。人はその人の暮らしに合うような犬種・または仕事をこなせる犬種を誕生させるために、様々な犬同士を交配させてきました。その中には、似通った姿形を維持させるために近親交配を繰り返した歴史もあります。そのような、中には強引な交配で現在の純血種と呼ばれる犬種が誕生した経緯があり、どうしてもその犬種によってかかりやすい病気、もしくは身体的に弱い場所がある傾向あります。

また、純血種はその地域で誕生したのでどうしてもその地域に順応した身体になっています。例えば、セントバーナードやシベリアンハスキー、アラスカンマラミュート等、北方で誕生した犬種については、寒さには強いものの、やはり暑さには弱い体の構造になっています。また、アフリカで生まれたファラオハウンドなどは、その逆になります。少し前まではそのような犬種は主にその地域を主体とした近隣の国のみで親しまれていましたが、今やその気になれば、すぐに世界中に行けるようなグローバルな社会。もちろんそういった地域特有の犬種たちも現在は地球上様々なところで飼育されています。もちろん日本においてもその例に違わずで、皆様ご存じのとおり日本には四季があり、年中通して冬の様に寒いわけではなく、上記のような犬種が誕生した地域よりも南に位置するため、気温もやはり高めです。

やはり、そんな本来の生息地域ではないような地域で暮らせば、どうしてもその体に無理が生じてしまい、結果本来の地域に暮らす個体と比べると、やはり体調を崩しやすくなってしまいます。このような理由から雑種たちが特別丈夫というわけではなくて、純血種が雑種と比較すると、身体が弱い傾向にあるという考え方になります。

  • 雑種犬:動物の本能、いわば自然によって生み出された犬種
  • 純血犬:人の営利目的が犬の種の存続の本能と密接に絡み合い、生み出された種

というところでしょうか。もちろん、純血種であれ雑種であれ同じ素晴らしい命。どちらかが上、どちらが良いというものでは断じてありません。もちろん、それは猫においてもしかり。純血種であれ雑種であれ、ご家庭に迎えていただくことでかけがえのない存在になることは間違いありません。このブログを読んでいただき、楽しいペットライフが始まるきっかけになれば幸いです。

・・・う~~ん、またまた長くなりそうです^^; どうもこのような話になると長くなってしまいがちですね。あまり長くなるのもアレなんで今回はこれまでにさせていただきます。続きの記事はこちら。

ペットを迎える様々な選択肢 2

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペットを迎える前に
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

万が一脱走した時のために

こんにちは(^^)えたばりゅです。 前回の記事、迷いペットを保護した時 で路上などで放浪しているペットを保護した時の対処方法についてご紹介させて頂きました。もちろんペットが脱走してしまうと、最悪の場合 …

犬 その起源と意外な事実

こんにちは(^^)えたばりゅです。 長年、人間の伴侶動物として共に歩む道を選択してくれた犬、そして猫。今回はそのうちの犬のことについてその起源などについて少々触れてみたいと思います。ではでは、今回も最 …

ペットを迎える様々な選択肢 2

こんにちは(^^)えたばりゅです。今回の記事は前回の ペットを迎えるに様々な選択肢 の続きになります。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。 前回の記事はこちら。 ペットを迎える …

生涯の恩師

こんにちは(^^)えたばりゅです。 前回、後世に残したい名曲 で卒業ソングをご紹介してから、そういえばいろんな先生がいてたな~~( ^ω^)・・・ なんて懐かしく思いに駆られました。 まだまだ先生にな …

猫の脱走を防ぐ方法とペットが脱走した時

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は前回に引き続き、To Be Continued の続きになります。こちらでは、猫の脱走を防ぐ方法について、そして犬や猫などのペットが万が一脱走してしまった時の …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ