えたばりゅコラム

後世に残したい名曲 いつまでも変わらぬ愛を

更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~~って思われる曲もあるかと思いますが、深海のように深くそして、広い心でお付き合いいただけますとうれしく思います(^^)

いや~~♪もうすっかりと季節が様変わりしましたね。まだ5月とはいうものの、下旬に突入して30度を超える日も多くなってきました。実は私えたばりゅ、海の近くで育ったせいか夏は四季の中でも、本当に好きな季節なんですよね~~♪あと1ヶ月と少しもすれば、全国で海開きが始まり、プールなどの商業施設が最盛期を迎えますね(^^)

そんなわけで、この後世に残したい名曲。これからは、夏を連想させる曲が多くなるかもしれませんが、単純なえたばりゅをどうぞほほえましく見守っていただけましたらと思います。

そんなある意味、当ブログの後世に残したい名曲カテゴリにて夏に向けてのスタートダッシュを切る曲。数ある夏ソングの名曲の中でもどれにしようかとかなり悩みぬいた結果、この名曲に白羽の矢を立てさせていただきました(^^)

ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

後世に残したい名曲 いつまでも変わらぬ愛を

この名曲は、1992年にリリースされました。作詞・作曲は多くのアーチストのプロデュースもされておられます、織田哲郎さんと、その織田哲郎さん、TUBEの前田亘輝さんらとバンドを組んだ経験もあり、当時ZARDやWANDS、などの超有名アーチストが所属していたBeingを創設した一人でもある亜蘭(あらん) 知子さん。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COUNTDOWN BEING カウントダウン ビーイング CD4枚組【送料無料】
価格:8640円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)

そして、歌い手は織田哲郎さんになっております。その爽やかな曲調はポカリスエットのCMとして起用され、CM出演されておられた一色紗英さんの爽やかな姿と本当にマッチしていたのを思い出します。いや~~あの水着姿はまぶしかった♪

そんな、いつまでも変わらぬ愛を なのですが、リリース当初はオリコン15位だったのですがその季節感満載の曲調と爽やかなポカリスエットのCMのイメージもあいまってグングンと順位は上昇。ついには1位を獲得する快挙を成し遂げました。やはりいい曲は必然とその需要は高まるんですね~。私えたばりゅもこのようなブログ記事を発信しなければ・・・(T▽T)

それでは、今回もいくつかのヴァージョンに分けてご紹介したいと思います。

最強オリジナルヴァージョン

深み増す ヴァージョン

映像美 リリックビデオヴァージョン

おまけ 歴代ポカリスエットCM

いかがだったでしょう。織田哲郎さん。この曲をリリースしてから、実はあることがきっかけで声帯を痛めてしまってるんですね。にもかかわらず、月日がたち、その曲を歌ってもむしろ深みが増す歌声となっているのは本当にすごいなと思います。

また、この曲。聴く限りはラブソングのように聴こえてきます。しかしながら、ご存知の方もおられるかと思いますが、この曲は若くしてこの世を去ったお兄様に宛ててつづった曲なんですね。そのようなことを踏まえて今一度、お聴きいただけるとまたこの曲の奥底にある思いが伝わってくるような感じがします。

私えたばりゅもてっきり夏の日の淡い恋を歌ったものかと思っていましたが、この歌にそのような思いが込められていたとは、正直驚きでした。

最後に

いかがだったでしょう。やはり、その曲を作られた方の思いを知った上でその曲を聴くと一層その名曲ぶりに拍車がかかるというか、感慨深いものになるような気がします。近しい存在に対する思いはやはり永遠に続くもの。いや~~♪名曲って本当に心にしみるものですよね(^^)

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

-えたばりゅコラム
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.