後世に残したい名曲

後世に残したい名曲 モスラの歌

更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~~って思われる曲もあるかと思いますが、深海のように深くそして、広い心でお付き合いいただけますとうれしく思います(^^)

今回ご紹介したい名曲は、日本が世界に誇る作品の一つ。怪獣映画の曲についてのご紹介になります。今回でこのカテゴリも30記事を迎えるのですが、何気にこの怪獣映画のジャンルは初めてだったりするわけで。最近は怪獣王ゴジラの活躍が海外でも圧倒的人気を誇り、日本人としては本当にうれしい限りです^^

今回ご紹介するのはその怪獣王微妙な距離感を保ち続ける怪獣のメインテーマになります。その怪獣とはモスラ。おそらくゴジラと並んで有名な怪獣なのではないでしょうか。その儚げなイメージから女性にも人気の高い怪獣になります。曲のほうも・・・けっこう知っておられる方が多いのではないでしょうか。ではでは今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

後世に残したい名曲 モスラの歌

この曲がリリースされたのは1978年。モスラ単体怪獣映画が製作されたとき、モスラを呼び出す歌として劇中で登場しました。「モスラ~やッ・・・」で始まるこの曲はあまりにも有名で、ゴジラやモスラの映画自体をご覧になられたことがない方でもご存知の方は多いのではないでしょうか。歌い手は当時のモスラの映画でモスラを呼び出す不思議な存在である小美人の役で出演されていたザ・ピーナッツ。

歌詞はインドネシア語

おそらく多くの方はその曲調はわかるけども、モスラ以外の言葉が何を言っているのかさっぱり・・・(・・)ノ という方も多いのではないでしょうか。私えたばりゅもその一人なんですが、それもそのはず。歌詞はインドネシア語になっているのです。モスラの歌がインドネシア語で歌われた理由として、モスラが普段暮らしている島、インファント島はインドネシアをイメージしたものであることが理由とされています。・・・呪文ではなかったんですね^^;

ちなみにちょっと渋めに訳すならば・・・

モスラよモスラ。
そなたの命の魔力で。

そなたの僕(しもべ)たる祈りに願いを込めて
今こそ立ち上がりてその大いなる力を示したまえ。

モスラよモスラ。
偉大なるその命。

平和こそ大いなる繁栄の道。
甦えれ。わが祈りの歌へと呼応し目覚めたまえ。

といったところでしょうか。もちろん正しい訳はもっと尊いものですので、これはご参考程度に・・・

それでは、今回は歴代のモスラの歌をご紹介したいと思います。その時代によって少しずつアレンジされておりますが、ベースはやはりあの名曲。それぞれに素晴らしい魅力がありますので、お時間ある方は是非ご覧になられてみてはいかがでしょうか。

ザ・ピーナッツさん オリジナルヴァージョン

今村恵子さん 大沢さやかさん アレンジヴァージョン


こちらは挿入歌も全て入っておりますので、少し長い目になっております^^; どの曲も幻想的雰囲気が漂う素晴らしい曲ですのでお時間の有りなかたは是非ごゆっくりしていってくださいw ちなみに曲の感じとしては私えたばりゅ。一番好きなアレンジですかね♪

大塚ちひろさん 長澤まさみさん アレンジヴァージョン

いや~~♪歴代本当にどれも素晴らしい曲ですよね。やはり共通しているのはモスラの持つその神秘性をより表立たせるような曲の仕上がりになっているといったところでしょうか。

最後に

いかがだったでしょう。日本の特撮怪獣映画は日本のアニメと並んで世界中で親しまれている、日本が誇るエンターテイメントの一つですよね。そんな映画を支える曲もやはり名曲であればこそ、世界に通ずる作品に仕上がっていると私えたばりゅは思うわけでございます。今後もこういった作品が世界で親しまれることを望んで今回は終わりにしたいと思います。今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

-後世に残したい名曲
-, ,

Copyright© 自然とペットとアラフォー野郎と , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.