ペット お役立ち情報

ペット 脱水症状と認知症

投稿日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。

前回の記事、熱中症発症シチュエーション にてペットの熱中症の危険性についてご紹介しました。これから本格的な夏を迎えるにあたって熱中症はペット、人共に十分に注意すべき病気の一つですよね。しかしながら、警戒すべきものは熱中症ばかりでなく、もう一つ危険なものがありますよね。そうなんです。それは脱水症状。こちらに関しても、人のみならず、ペット達にも注意が必要な病気といえます。特に注意すべきなのは体の自由が利きにくくなった、寝たきりなどの老犬や認知症を発症した犬達。今回はこの脱水症状についてご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

老犬や認知症の犬は特に注意 脱水症状

ここで、一つ 「?」 が浮かんだ方もおられるのではないでしょうか。「え・・・犬って認知症になるの?」はい、人間と同じく認知症はやはりかかるんです。また犬たちは猫たちに比べ、その発症リスクは高いといえます。では、まず最初に犬たちが発症する認知症についてご紹介したいと思います。

犬の痴ほう症

現在医学の進歩によって人の平均寿命は昔に比べると格段に延びてきておりますよね。そして、それに比例するようにして近年問題になっているのが認知症。こちらは人ばかりでなく、ペット。特に犬にも同じことが言えます。ペット達も昔に比べると獣医学やペットに対する認識の向上などからその平均寿命は延びており、それと同時に犬達の認知症問題も徐々に表面化してきております。

対して同じ人の伴侶動物の代表的存在といえる猫たちはその体の構造などに違いがあるからか、年齢を重ねても犬のように寝たきりになったり、認知症ありません。

犬の場合は特にそのデータをしっかりと持ち合わせているのではなく誠に申し訳ございませんが、私えたばりゅの経験上、洋犬よりも和犬によく見られる傾向だと理解しています。具体例を挙げると

  • 柴犬
  • 秋田犬
  • 紀州犬
  • 甲斐犬 など。

また、日本犬の血が入っているMIX犬たちもこのような傾向があります。

認知症の初期症状として、歩行時に頭を下げた状態で歩くようになります。そして段々と症状が進むと、同じ場所をくるくると円を描くように歩くようになったり壁などに接触しても方向転換したり壁を避けようとはしないで、そのまま壁に頭をつけたままじっとしていたりと様々な行動の変化が表れてきます。

このような行動が見受けられるようになれば、要介護の状態となります。特に障害物に接触してもそのまま動こうとせずその場にい続けた場合、それが庭など日がサンサンと当たるような場所であれば、その場所に長時間が居続けてしまうと、老犬などは体温調整機能も低下している可能性もあり、簡単に熱中症になったり逆に低体温症になったりと様々な危険が生じてきます。ですので、このような症状が表れてきたときは外出中はサークルに入れるなどしていただき、あまり長時間お家が留守になる状態が続くことは避けていただく必要があります。

そして、認知症の発症が始まれば、それまでは屋外で生活していた個体も室内での生活に切り替える必要がございます。この犬の認知症も人の認知症と同じく、現在は有効な治療法がありません。そして、この認知症が始まると段々とその個体の寿命が近づいてきているということもいえます。

ペットの介護生活。中にはペットと人の老々介護であったりするケースもあるかと思います。また昼夜逆転したり目が離せなかったりと、いろんな大変なことはあるかと思いますが、それまでその個体が飼い主様ご家族にもたらしてくれたものはかけがえのないものだといって間違いはないかと思います。その個体が寿命を全うし天国へと旅立つ日が訪れた時、しっかりと悔いのないよう見送ってあげることができるような介護をしてあげたいものですね。

それでは、そんな認知症を発症した犬や老犬たちに特に注意が必要な脱水症状に関してご紹介したいと思います。

老犬・介護犬たちの脱水症状

人と同じく、ペットたちも脱水症状を発症することがあり、この時期から熱中症と並んで特に注意をするべき病気の一つになります。その多くの原因は、やはり水分不足。もちろん老犬や介護犬のみに限らず、年も若く比較的健康な個体や猫でもその発症リスクはあります。ではなぜ老犬や介護犬が特に脱水症状に注意が必要かというと、老犬たちは稀にではありますが、水分補給をしなければならないタイミングにもかかわらず、水を飲みたがらないケースがあります。ですが、もちろんそのまま水分補給させずに放っておくと、どんどんと体から水分が抜けていきかなり危険な状態になってしまいます。

原因は、おそらくではあるのですが、加齢的なものが起因し、鼻の機能が衰えてきている、のどは渇いているものの飲む気力が失せている。などが考えられますが、詳しくはわかっていません。

もちろん、水分を補給させないと脱水症状になってしまいますので、そんな時に水分をさせる手段として、水に少し匂いをつける手法が効率的といえます。

具体例をあげるならば、

  • 犬用のミルクを混ぜる
  • ニュートリやハチミツなど、高栄養素材を混ぜる
  • 犬用のカロリー飲料を混ぜる など
  • エサを水分含有量の多いウェットタイプのものに変更する

これらの方法であれば、普通の飲み水に比べ匂いも経ちやすくなりますので鼻の機能の衰えた老犬や、介護犬などもその匂いを認識しやすくなるといえます。混ぜる分量においてはその個体に合わせて調整していただけましたらと思いますが、最初は香り付け程度から試していただけましたらと思います。

ただ万が一、混ぜるのではなく、ミルク自体を与えても飲もうとしないときは、すでに脱水の症状が出ているか、何か別の病気が発症している可能性があるので、動物病院のほうで獣医さんの診断を仰いでいただけましたらと思います。では、脱水症状を発症した時にはどのような症状が見受けられるのかをご紹介したいと思います。

脱水症状を発症した時の症状

脱水症状を起こすと以下のような症状が現れます。

  • 目視で容易に認識できるほどの倦怠感・無気力
  • 目のくぼみ

体の水分がなくなるということは緊急事態ですので、すぐに動物病院で受信する必要がございます。

脱水症状を確かめる方法

脱水症状を確かめる手段として以下の方法がありますので、ペットの様子がおかしい時はこちらの方法を試していただけましたらと思います。

  • ペットの背中の皮膚をつねるようにして持ち上げ、離す。
  • 歯茎の辺りを色が白くなるまで押す。

これをしていただいた時、もし皮膚の状態がなかなか元に戻らなかったり、歯茎がすぐにピンク色に戻らなかった時は脱水症状を起こしている可能性があります。脱水症状は単に体内の水分のみが不足しているといった単純なものではなく、水だけを補給させてその症状が改善されるものではありません。ですので、脱水症状が疑わし時は必ず、動物病院での受信をしていただけましたらと思います。

また、老犬や介護犬に限らずこのようなペット(種族問わず)も脱水症状に注意する必要がございます。

  • 何かしらの疾患にかかり、水溶性の下痢や嘔吐が続いている
  • 慢性的に軟便傾向がある など

最後に

いかがだったでしょう。熱中症と並んで、夏季には本当に注意したい脱水症状。自らの意思と行動で水を摂取することが難しい介護犬はこの脱水症状のリスクが他の個体ペットに比べると高いといえますが、もちろん若く健康なペットもその状況によっては脱水症を起こすリスクはあります。また、脱水症状は熱中症とあわせて発症するケースも多いですので脱水症状にかかっている可能性があるときは、熱中症を発症しているリスクもあるとご理解いただけましたらと思います。

ペットたちにもしっかりとしたケアをしたうえでこれからくる夏本番にも備えたいものですよね。今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

-ペット お役立ち情報
-, , , ,

Copyright© 自然とペットとアラフォー野郎と , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.