後世に残したい名曲

後世に残したい名曲 Jurassic Park (ジュラシックパーク)のテーマ

更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)
こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~~って思われる曲もあるかと思いますが、深海のように深くそして、広い心でお付き合いいただけますとうれしく思います(^^)

今回ご紹介したい名曲は、あの空前の大ヒット映画のメインテーマになります。え~~・・・先日、私えたばりゅが非常にお世話になっております。ビー玉氏が当ブログをご紹介していただいていたにもかかわらず、まさかの気づかずスルーというあるまじき失礼をやらかしてしまいました私えたばりゅ。

そのときのビー玉さんの記事は、100円ショップでVRゴーグルを発見Σ(゚Д゚) という記事でスペシャルにお得なVRゴーグルのご紹介をされており、その記事の中で、私えたばりゅのブログをご紹介していただいておりましたのに、私えたばりゅ。その冒頭のつかみの部分に完全につかまってしまいw まさかの、まさかの思いっきりスルー・・・(T▽T)

ビー玉さん・・・この場をお借りし、お詫び申し上げまする(T▽T)

そんなわけで、今回ご紹介させていただくのは Jurassic Park のテーマ。・・・そんなわけってどんなわけでこの曲になるねん(ーー) とお思いの方は上記リンクよりビー玉氏のブログでその真相を確かめていただきたい(ー▽ー)ノ

ではでは今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

後世に残したい名曲 Jurassic Park (ジュラシックパーク)のテーマ

こちらは言わずと知れた1993年に公開された Jurassic Park (ジュラシックパーク)のメインテーマになります。それまで、恐竜映画というとギミック感丸出しの恐竜がぎこちなく動き回り、作り物と一目で分かる恐竜たちが出演していたのですが、こちらの Jurassic Park はCGでまるで生きて動いているかのようなリアルな動きを再現し、恐竜たちにこれまでなかった躍動感を吹き込んだ最初の映画といえます。

監督はこちらも言わずと知れた、E・T やジョーズの監督のスティーブン・スピルバーグ氏。私えたばりゅ、当時のこの恐竜達の動きに大変衝撃を受けたのを憶えております。そして、この名作、Jurassic Park (ジュラシックパーク)はこの曲というほど当時から鮮烈に焼き付いたメインテーマ。こちらはジョン・ウィリアムズ氏が担当されております。恐竜という存在をメインにしたその映画らしい壮大な名曲で、私えたばりゅがもっとも好きな映画ソングの一つになります。

ではでは、今回もいくつかのヴァージョンに分けてご紹介したいと思います。

オリジナル オーケストラヴァージョン


やっぱ、オリジナルは壮大ですね。オーケストラ会場から今にも恐竜が飛び出してきそうです。

エレクトーンのマイカリスマ maru氏演奏ヴァージョン


いや~~・・・いつ聴いてもすごいですねこの方^^; 勇者ロトに王者の剣(ロトの剣)、ヤマトタケルに草薙の剣、maru氏にステージアですよね( *´艸`) 最高の逸品はやはり最高の腕を持ってその効力を発揮するのがよく分かります^^;

流れるピアノ演奏ヴァージョン


オーケストラのように様々な楽器が織り成す完成体ももちろんいいですが、ピアノのみの演奏もまた違った良さがありますよね( *´艸`)

そういえば、この映画がきっかけで琥珀とヴェロキラプトルという恐竜が一気に有名になったんですよね♪ 琥珀で恐竜を再現はやはりリアルには難しいようですが、これは映画の世界の夢に留めておいたほうがいいような気がする今日この頃w

最後に

いかがだったでしょう。すっかりこの曲を聴くと恐竜というイメージが定着しているのではないでしょうか。やはりジュラシックパークといえば、この曲。この曲といえばジュラシックパーク。と双方共に切っても切れない間柄。名作と名曲というのはかくあるべきなのでしょうね。どちらが欠けてもその魅力は半減するというところでしょうか。これから先も、映画と共に人を太古の世界へと誘う存在であって欲しいなと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^)

-後世に残したい名曲
-, ,

Copyright© 自然とペットとアラフォー野郎と , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.