自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペット お役立ち情報

恐怖 胃捻転

投稿日:

こんにちは(^^) えたばりゅです。今回は、あまり世間一般ではその認知度は低いものの、ぜひとも気を付けていただきたい犬の病気についてご紹介していこうと思います。認知度が低いのであれば、それほど気にすることもないと思われる方もいらっしゃると思いますが、今回の病気は病気というよりは半分事故のような要素もあり、発症後その対応が遅れると命に関わるものになります。ですので、現在犬と共に暮らされておられる方。特に大型犬以上の犬、もしくは胴長短足の犬種と共に暮らされておられる方には特に注意が必要な記事になります。では最後までお付き合いいただけましたらうれしいです。

恐怖 胃捻転

当ブログでは、ちょこちょことその名前を出しておりますのでご存知の方もおられるかもしれませんが、まず胃捻転とはどのような病気なのかをご紹介しようと思います。

胃捻転とは

胃捻転とは、胃が内部のガス充満や食べ物が原因となり、膨張しところに、胃がねじれを起こす病気です。ちなみに胃が膨張し胃捻転を起こす前段階の症状を胃拡張といいます。胃捻転はこの胃拡張がさらにひどくなった症状で時間の経過とともに全身に悪影響を及ぼします。胃のねじれや拡張が進行すると、広がった胃により、その周辺の血管が圧迫されて胃や心臓に血液が循環しなくなってしまい、胃の壊死などを起こし、ショック状態に陥ってしまいます。こういったこともあり、この病気は本当に発症後の時間との勝負で、その症状の可能性が見受けられた場合、いち早く病院で治療を受けることが、生死への分かれ目になります。少し回りくどい言い方をしましたが、もう少し直接的できつい言い方をすると、対処が遅れると死亡します。それもかなりの確率で。もし胃捻転を発症してしまった場合は、すぐに開腹手術となり、その治療を受けることになります。では、この胃捻転を比較的発症しやすい犬種をご紹介しようと思います。

胃捻転にかかりやすい犬種

胃捻転にかかりやすい犬種は、いわゆる大型犬のカテゴリ以上に入る犬種。そして、胴長で短足の犬種も大型犬ほどではないですが、比較的かかりやすい犬種となっております。具体例を挙げると

  • レトリバー系(ラブラドール・ゴールデン・フラットコートなど)
  • シェパード系(ジャーマン・オーストラリアンなど)
  • グレートデン
  • セントバーナード
  • バーニーズ
  • コーギー系(ペンブローク・カーディガン)
  • ダックス系(スタンダード・ミニチュア)
  • バセッドハウンド など

MIX犬に関しても体重が20kg以上になる個体は注意をしておいたほうがいいでしょう。

胃捻転 その症状

胃捻転を発症すると以下のような状態になります

  • 嘔吐するしぐさを見せる
  • よだれを大量に出す
  • 腹部が大きく膨れる

嘔吐しようとしますがもちろん胃がねじれて食道がふさがってしまっておりますので、その吐しゃ物はあがってこず、嘔吐することが出来ません。そして、時間の経過と共に胃の壊死が始まり膨らんだ内臓は周辺の重要臓器や血管を圧迫。何も処置をしなければ発症後約3時間で手遅れになる可能性は高いです。

ですので、胃捻転の発症が疑わしい場合は、出来る限り早く動物病院に連れて行く必要があります。あれこれ迷っているうちにどんどん死へのカウントダウンは進んでいってしまいます。

昨日、いやその日の朝まで元気だったのに。

ということもあるほど、発症すると時間との勝負になります。また胃捻転も他の病気と同じく、こうしていれば絶対に安心。とい予防法は存在しません。しかしながら、冒頭で申し上げたとおり、事故のような性質も持ち合わせていますので、飼い主様の普段からの注意でその発症リスクを軽減することが出来ます。

では、その胃捻転を発症する確率を出来るだけ抑えるには普段愛犬たちにどのような注意点を払っていればいいのかそちらをこれからご紹介しようと思います。

胃捻転リスクを出来るだけ抑えるために

胃捻転を起こす原因として、胃が何らかの状態で膨らんでいる、もしくは内容物が入っている最中にに運動など激しく体を動かした時、胃がちょうど体操選手の鉄棒の大車輪のような状態になり胃がねじれてしまい、胃捻転を発症するケースが多いです。ですので、

食事の後の激しい運動は避ける。

お散歩や運動は出来る限り愛犬の食事の前に済ませるようにしていただき、食事の後数時間は安静にすごせる環境を作ってあげましょう。

食事の時出来る限りしっかりと噛ませる。

犬種やその個体の性格によっては、食事をする際、食べるというよりはまるで掃除機のごとく吸い込むようにして全く噛まないで食事をする個体もいます。そのような場合は、食事は人の手で少しずつ与える。もしくは市販されている吸い込み防止対応の食器などを使用していただけましたらと思います。

一度に大量のえさを与えない。

いわゆるドカ食いというやつです。一度に多くのエサや、水などが胃の中に入ると当然のごとく、意はそれだけ重たくなり、少しの動作でも遠心力が持続しがちで常に胃が揺れている状態にもなり、それだけ胃捻転を発症するリスクが高まるといえます。ですので、エサは一日に数回に分けて一日に必要な量を与えるようにしましょう。

また、愛犬たちが勝手にエサを食べるのを防止するために愛犬たちが届く範囲内にエサや食べ物を於かないようにすることも大切になります。

また、ドライフード。いわゆるカリカリタイプのエサは胃の中に入ると水分を吸収し膨らむ性質がありますので、ドカ食い傾向にある個体は、エサをウェットタイプのものに変更するなども有効な手段といえます。

ドカ食いしやすい犬種
  • レトリバー系
  • ダックス系 など

胃固定の手術を行う。

これは、胃を内部の周辺部位に固定し、胃の回転を防ぐ手術になります。一般的には胃捻転発症後に再発を防止するために行う処置になりますが、予防のために行うことも出来ます。しかしながら、手術ということで当然全身麻酔を施すことにもなり個体への体の負担はもちろん、費用もそれなりにかかります。

※麻酔を施した後、その個体の年齢や状態でも差があり、もちろん低確率ではありますがそのまま目が覚めないというケースもあります。

またその個体の年齢や心身の状態によっては手術を受けることのほうがリスクが高まる可能性もありますので、胃固定の手術に関してはかかりつけの獣医さんとしっかりご相談の上、行うようにしてください。

また、ミニチュアダックス以下くらいの体型では胃捻転を発症するリスクはあるものの、大型犬ほど確率が高いものではありませんので、このような犬種と共に暮らされておられる方も、手術に関しては獣医さんとご相談いただけましたらと思います。ちなみに我が家の内弁慶、たれ目ちゃんことラム君は行っていません。

最後に

いかがだったでしょう。胃捻転。その認知度の低さのわりにはかなり危険指数の高い病気ということが分かっていただけたのではないでしょうか。認知度が低い理由としまして、最近大型犬と共に暮らされるご家庭が減ってきておりますことも、その一員としてあるのかなと考える次第でございます。

しかしながら、対応が遅れると死の可能性が非常に高い病気であるものの、胃捻転は腫瘍のように現代社会で人と共に暮らす宿命のようなものではなく、日々のケア次第でその発症リスクを抑えることが可能です。手術まではいかなくとも、普段の生活のケアはしっかりと行っていきたいものですよね。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペット お役立ち情報
-, , ,

執筆者:


  1. バカワイン より:

    腸捻転。
    職場では度々聞く病名ですが、ペットにも恐ろしい病気なんですね。
    発見が遅れると、致命的になりますから、症状や注意点を啓蒙しとくのは大事ですよね!

    • えたばりゅ より:

      そうなんですよ(´;ω;`)
      ペットも発症後いかに早く治療に踏み切れるかが分かれ目になるので、今回は少し恐怖心をあおるようなコンテンツに
      しました。やはり、それほど危険性の高い病気ですもんね( ^ω^)・・・

  2. ボニー より:

    怖いですね、数回に分けてあげた方がいいですね、気を付けます。

    • えたばりゅ より:

      そうなんです。
      胃が重たくなるほど遠心力が働くので、本当に注意しないとですよね(;´・ω・)
      ウチもダックスなんで、食事は分けて、食事後は安静を心掛けています( ^ω^)・・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雑種 ビューティ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 先日、ある動物病院様にお伺いした際、非常に心温まるというか・・・、動物病院様からこういった発信をしてくださるのは本当にうれしいなと思うことがありました。それは、その …

負の思いもペットは感じ取る

こんにちは。えたばりゅです(^^) 今回は、かなり重たい内容になります。そういうのが苦手な方は今回は本気でスルーしてください。しかし、ペットと暮らしておられる方、もしくはこれからペットを迎えようとして …

ペット 気圧の変化に要注意

こんにちは。 えたばりゅです(^^) 猛烈な寒波で盛大な低気圧が訪れたり、気温が比較的高かったりと気圧の変化には本当に悩まされどころですよね。気圧の変化が頻繁な時は、やはり体調を崩す方も多くいらっしゃ …

咬む 吠える で、ペットホテルを断られた時

こんにちは(^^)えたばりゅです。 犬、もしくは猫と共に暮らされておられる方で、ご旅行、帰省などでおうちを数日間留守にしなければいけなくなった時、ペットホテルさんやペットシッターさんに頼んで、ペットを …

ペット 台風・急な豪雨にご用心

こんにちは(^^♪えたばりゅです。 台風・・・皆様のお住まいの地域は影響の方はいかがでしょうか。私えたばりゅは関西ですので、このブログが公開される頃には予想進路ではかなりの暴風になっていることが予想さ …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ