自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

憧れのカリスマ図鑑

憧れのカリスマたち ハヤブサ

投稿日:2017年7月5日 更新日:

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカリスマたちですので、閲覧していただく方によっては、苦手な種のご紹介もあるかと思いますが、閲覧者様の深海のような深く広い心で、何卒ご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
管理人の性別や性格上、少し勇猛な生き物に偏ることとは思いますが、そのあたりもご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
ちなみにこちらで紹介するカリスマ達の自然に暮らしている姿を拝見することは私のひそかな夢でもあります。

最近は、季節と検索を意識し海のカリスマたちが続いていたので、ここで一息というか海から空に向けて移動し、空のカリスマをご紹介しようと思います。思えば空のカリスマは以前 憧れのカリスマたち イヌワシ でご紹介させていただいたイヌワシからご紹介していなかったので、今回は地球上でトップクラスのスピードを持つカリスマ、ハヤブサにスポットを当ててご紹介しようと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

憧れのカリスマたち ハヤブサ

ハヤブサは、英名を Falcon 。学名を Falco peregrinus といい、ハヤブサ目ハヤブサ科に属する鳥類で、鋭いくちばしやかぎ爪を有しております。ですので、ワシやタカと同じく、猛禽類に当てはまります。翼を広げた時の長さは約1mほどと猛禽類の中では比較的コンパクトな体型をしており、それぞれの亜種に分かれてほぼ世界各国に分布しております。いや~~♪ ファルコンですよ( *´艸`) カッコヨスギル 私えたばりゅはじめ、野郎には憧れの存在なのではないでしょうか。事実男の子心をくすぐるようなものにはハヤブサやファルコンという名前がつけられており、SUZUKIの大型自動二輪の隼や、Ford社のファルコンなどにはこのハヤブサに因んだ名前がつけられております。


画像はウィキペディアさんにお借りしました。
こちら、GSX1300Rハヤブサ(日本仕様は隼)。これ、多くの野郎はカッコいいって思うんじゃないですかねw ツーリングやサーキットに出かけたくなりますが、くれぐれも峠道や山道は野生動物たちがおりますので、優しいスピードでお願いしますm(__)m

言わずとしれた スピードマスター

ハヤブサといえば、やはりその飛空スピードですよね。ハヤブサは猛禽類になりますので、やはりその食性は肉食。他の小型の鳥類を主に獲物としておりますが、上空から獲物を見つけると、猛然と獲物に向かい急降下し、空中を飛んでいるハトなどを捕らえます。そのときのスピードは300kmを凌駕するといわれており、地球上ではトップクラスのスピードを誇る動物になります。水平飛行時はアマツバメというツバメの仲間が最速飛行者になり、160km以上のスピードで飛ぶとされております。ちなみにハヤブサの水平飛行速度は約120kmほど。

天からの獲物に向かってダイブするその姿は本当に圧巻そのものですよね。ちなみに一説ではハヤブサは思ったほど早く飛ぶことが出来なくて最高速度でも、150kmほどと一説では言われておりましたが、この動画ではその説を見事に崩してくれております。私えたばりゅもよく拝見していた、バラエティ番組ですね。おそらく。では、そのハヤブサの圧巻のスピードを体験してください。

いかがだったでしょう。ハヤブサのそのスピードももちろんそうなのですが、ハヤブサってこんなに人に慣れるんだなというのが、私えたばりゅ的にはかなり衝撃でしたね。え・・・一緒に寝れるの??ってな感じで( *´艸`) ハヤブサと共に眠り、ハヤブサと共に大空を舞う・・・う~~ん。うらやましすぎる。そういえば、少し前に中東の大富豪(・・・いや、王子だったかな)がご自身と共に暮らしておられるハヤブサ80羽分の飛行機の座席を確保し、ハヤブサと共にこれまた空の旅を行ったっていうニュースがあったような気が・・・w。

日本では希少種

日本には、ハヤブサの亜種であるハヤブサと、日本の八丈島近隣にある北硫黄島にシマハヤブサが生息しております(オオハヤブサが越冬のためたまに飛来)が、どちらの種も生息地の破壊などで減少しております。特に北硫黄島に生息するシマハヤブサはかなり深刻な状況といえます。

ハヤブサのレッドリスト

続いてシマハヤブサのレッドリスト

・・・これ、ゆゆしき事態ではないでしょうか。経済大国ニッポン。自然保全に関しても大国の名を連ねるようになることを切に願います。

最後に

いかがだったでしょう。今回は大空のスピードマスター、ハヤブサについてご紹介しました。世界各国に生息しておるのは、ハヤブサが種としての成功者ということを表している証だと思いますが、そんな存在が将来日本では見られなくなる可能性があるというのは非常に残念なことであり、避けなければならないところといえるのではないでしょうか。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-憧れのカリスマ図鑑
-, ,

執筆者:


  1. ボニー より:

    かっこいいですね・・標的を捕まえるまでのカッコよさ・・私もみたいです

    • えたばりゅ より:

      本当に(^^♪ まさに弾丸ですよね!
      この動画のように間近で見ることが出来れば本当にすごいだろうなって思います( *´艸`)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

憧れのカリスマたち エリマキトカゲ

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

憧れ(?)のカリスマたち

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹 …

太古のカリスマ 恐竜2

こんにちは(^^) 本日はお雛祭りですね(^^♪ しかしながら、お雛様関連の記事はさすがに、今の私えたばりゅの守備範囲では、レベルが高すぎるので、2日のお雛祭りイヴ、そして3月3日本番に敢えて、男の子 …

憧れのカリスマたち

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹 …

憧れのカリスマ達

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹 …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ