自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

動物・自然とのwinwinのために

心のヨユー というもの

投稿日:2017年7月29日 更新日:

こんにちは(^^) 時間的、金銭的、心身的すべてに余裕などというような言葉とは程遠い生活を送るえたばりゅです(T▽T)

今回はたまたま見つけた駅の張り紙が目に留まり、これはぜひともご紹介したいと思い、記事にさせていただきました。こういうのを拝見すると、心のヨユーって大事なものだなと思うわけでございます。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけますと幸いです。

ある貼り紙で考える 心のヨユー

まずこちらの画像をご覧下さい。

上に可愛らしいツバメの雛達がいるのがお分かりでしょうか。この貼り紙が貼ってあったのはったのは私えたばりのブログでは毎度おなじみであります、能勢電鉄妙見口駅。この駅は現在、大阪の最北端に位置する駅であり、まぁ・・・一言でいうなれば田舎ののどかな駅になります。

  • 駅の改札は一つだけ
  • 無人駅(能勢電鉄は基本的に全駅無人)
  • 駅がすでにノスタルジックw


駅のビューはこんな感じ。ザ・田舎でしょ( *´艸`) ちなみにこの画像は冬季撮影ですので、さらに哀愁感オンされております。

とまぁ、こんな感じで、いかにも田舎ののどかな駅という感じの駅になります。能勢電鉄の名誉のために言わせていただければ、田舎に走るローカル線には珍しく、昼間でも約10分おきくらいで電車が来たりします♪

いや~~♪ しかしツバメへの気遣いというか、野生動物への思いやりというか。ホンワカ出来る貼り紙ですよね( *´艸`)

しかしながら、こういった貼り紙。アナタは街中で見たことがおありでしょうか?

貼り紙で分かる 心のヨユーの差

私えたばりゅは現在神戸が生息地になっておりますが、恥ずかしながら地元神戸の駅ではこのような貼り紙は見たことがありません。もちろん神戸にもツバメは飛来し、駅ではよく鳩の姿を見かけます。

ですが、地元神戸の駅で見る張り紙といえば、糞害があるから、鳩にエサをやるな。や、鳩による迷惑を無くそう。といった類の排他的なものばかりであり、このように他の動物たちに対して、思いやりがあるような貼り紙、もしくは看板は全く見たことが無いんですよね。

ひどいのでは、とある店先に巣営したツバメの巣を店員らしき人物が、ホウキで叩き落している光景も見たことがあります。

これは、動物が好き。もしくは嫌いというものでなく、心のヨユーの問題で、心のヨユーというものが、やはり田舎に比べると、かなり少ないというのが原因ではないかなと考えるわけでございます。

確かに、街中では仕事で常日頃数字と戦い、人間関係に神経を擦り減らし、決まった時間起床、そして通勤、そして帰宅というまるで流れ作業のような生活。渋滞にイライラし、ほんの1分程度の信号待ちに気持ちが焦り、取引先にひたすら頭を下げ、お世辞の嵐。確かにこれでは、やはりヨユーなんて無くなるのも分かります(T▽T)

では、やはり街中ではヨユーを持つということは夢物語であり、そのような心を持たないほうがいいのでしょうか。

街中にこそ必要なヨユー

私えたばりゅは、やはりこういった環境下であるからこそ、心にヨユーをもつことは大切なのではないかなと思うんです。

心にヨユーがないと、どうしても

  • イライラする。
  • 自己中心的になる。
  • 自分の身の回りにおきるちょっとしたことがかなり腹立だしく感じる。
  • 視野が狭くなる。
  • 客観的視野が持てない。 などなど。

これ、仕事をする上では、結構致命的だと思うんですよね。やはり、ビジネスや仕事では冷静な判断力というのは必要不可欠であり、また、このようなストレスウェルカムな生活を送っていると、その結果、当然自分の心身に悪影響を及ぼしてしまうことになります。


心にヨユーが無ければ、無理な運転をしてしまいこのようなことになることも・・・

そういったことを考えると、やはり心のヨユーというものは本当に大事なものなのかなと思うわけでございます。

日ごろから、心にヨユーが備わっていれば・・・

  • イレギュラーなことが起こっても柔軟に対応できる。
  • 相手のことを考えることができるため、ビジネスなども話が進みやすい。
  • ムリな運転などが減り、結果交通事故も減る。
  • 物事に対して冷静に対応できるようになるので、自分の血圧が上がらなくてすむ
  • 周りにあるちょっとした癒しにも気づくことが出来るようになり、さらに心にヨユーが生まれる
  • 心身ともにストレスが減り、病魔が遠のく など

という風になると、鳩の糞が服についても、そのようなことでいちいち目くじらを立てることも無くなると思うんです(^^♪


そして、心にヨユーがあればこんな風に相手に絡みつくことも無くなるでしょうw

鳩の糞に猛毒成分でも含まれているのならば、話は別ですがもちろんそのようなこともありません。おおよそふき取れば、またその服も引き続き着用することが出来ます。

何より、

鳩の糞が付き、茹でダコのように顔を真っ赤にして、駅に対してクレームをいうという、非常にもったいない時間をもっと有効に建設的な時間にあてがうことが出来ると思うんですよね。

最後に

いかがだったでしょう。今回は駅の鳩の糞の貼り紙を槍玉に挙げた形となってしまいましたが、いわばそんなに自分にとって本来問題にすべきでないことで、腹を立て、それに対して憤慨し、自身の血圧を上げ、限りある命をさらに縮めてしまうのは非常にもったいないと思うんですよね。

心のヨユーが出てくれば、相手に対して許す心というものも芽生えてくるでしょうし、そうなれば、昨今問題になっている家族間や交友関係のもつれなどからの殺人も減るでしょうし、ひいては戦争というものもなくなっていくのではないでしょうか。そうなれば、人間の領土問題などで命を落とす動物もいなくなるのかなと思います。

とはいえ、私えたばりゅも、冒頭で述べたとおり、すべてにおいてヨユーとはかなり程遠い生活を送っているのは事実。まぁ、仮にも動物保護野郎ですので、鳩の糞がついたりすることで、憤慨することは無いですが、そのほかでは気をつけないといけないなと思うことが多々ある次第でございます。

そんなわけで、自戒の念もこめつつ今回はこれで締めたいと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-動物・自然とのwinwinのために
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビッグ5 アフリカの雄姿たち

こんにちは(^^)えたばりゅです。 先日 ライオン 憧れのカリスマたち をご紹介したとき、ふとある言葉を思い出し多次第でございまして。それが何かというと「ビッグ5」という言葉。これが何かというと南アフ …

猫 その起源とイヌとの相違点

こんにちは(^^)えたばりゅです。 長年、人間の伴侶動物として共に歩む道を選択してくれた犬、そして猫。昨日は犬の期限などについて触れましたので、今回猫についてその起源など、少々触れてみたいと思います。 …

一企業の下僕になってみる

こんにちは(^^)巨大企業の下僕、えたばりゅです。 今回は、普段は仕事柄特定の企業様を応援することが出来ないのですが、このブログはあくまで私個人が勝手に行っていること。ですので、施設とは何の関係もない …

仔猫を発見した時

こんにちは。えたばりゅです(^^) 寒さ厳しい日が続いていますね((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル しかし、もう2か月ほどすると、桜の話題がのぼる季節がやってきます。春といえば、卒業式や …

太古のカリスマ 恐竜2

こんにちは(^^) 本日はお雛祭りですね(^^♪ しかしながら、お雛様関連の記事はさすがに、今の私えたばりゅの守備範囲では、レベルが高すぎるので、2日のお雛祭りイヴ、そして3月3日本番に敢えて、男の子 …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ