後世に残したい風景

後世に残したい風景 能勢、宝塚晩秋の風景

更新日:

こんにちは。えたばりゅです(^^)

秋も段々と深みを増し、最近はめっきり寒くなりましたね(^^;

寒さが段々と増し、冬の訪れを予感させるこの季節。

落葉樹は色味最盛期を迎え、現在は散りゆく間際・・・。

町中の道路は銀杏絨毯や桜の落ち葉。

そういった風景が楽しみな季節でもありますよね。

そして、山々では紅葉や桜などが次の季節へと着々と準備を行っているようです。

そこで今回は、晩秋から冬に移り行く、そんな晩秋の魅力あふれる風景を、

大阪の最北端、能勢と兵庫県の歌劇の町、宝塚からご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

後世に残したい風景 晩秋から冬への準備

晩秋大阪能勢の早朝

まずはこちら能勢の風景。

こちらは早朝に撮影したものでございますが、やはり夏の頃の目が覚めるような朝日や真っ青な空は影を潜め、

森を優しく包み込むような優しい雰囲気が早朝の能勢を覆っております。

流れる小川も、こうやってみると穏やかですが、その水温の実態はかなり冷たいものなのでしょうね・・・。

晩秋 宝塚の昼下がりから夕方の風景

そしてこちら。某歌劇劇場や某鉄腕ボーイ漫画の原作者様で有名な、宝塚の風景。

流れてる河川は武庫川という、兵庫県を流れる兵庫を代表する河川の一つになります。

そして、こちらはその川のほとりの道。

おそらく春には桜の美しい景色が広がるのだと思いますが、今はその来年の景色に向け、着々と準備中というところです。

夕暮れのとあるマンション。さすが宝塚の町。その街並みも、どことなくおしゃれに見えます。

そして、こちら大阪梅田の風景。もう世間ではクリスマス一色ですね(^^♪

段々と企業といいますか、町ぐるみでクリスマス戦略仕掛けてるんじゃなかなと思う今日この頃。

そういえば、コンビニでも8月になれば、もう豚まんやら、おでんが販売されてますもんね。

いや~・・・晩秋の風景、本当にどこかさみし気な様子漂うものですが、

その一見寂し気な風景も、

来年の新緑への準備

そう思うと、また違った風景に見えてくるような気がします。

最後に

いかがだったでしょう。今回は冬へと移り行く晩秋深まった山や町中の風景をご紹介させていただきました。こうやって見るとたとえ街中でも、自然の風景は存在するものであり、その移り行く季節を楽しめるものだなと思います。これから先も、しっかりと自然の風景と季節の移り行く様子が楽しめることを祈りつつ、今回はこれにてとさせていただきます。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

私えたばりゅ、僭越ながらphoto AC さんにクリエイター登録させていただいておりますので、気に入った画像があればどんどんダウンロードしてくださいまし(^^)

えたばりゅ photo AC プロフィールページへ

-後世に残したい風景
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.