えたばりゅコラム

後世に残したい名曲 秋を感じるゲームミュージック

更新日:

こんにちは(^^♪えたばりゅです。

10月に入り、そろそろ秋も本番という気候になってきましたね。そこで今回は久しぶりのゲームミュージックにスポットを当てて、秋に聴くとその名曲具合にブーストがかかりそうな曲をチョイスしてみました。

ぜひ、あなたが想像するシチュエーションと照らし合わせて、思いっきり妄想の中に飛び込んでいただければと思います(^^♪

では、今回も最後までごゆるりとお付き合いくださいませ(^^♪

後世に残したい名曲 秋を感じるゲームミュージック

秋といえば、やはり

  • 食欲の秋
  • 芸術の秋
  • スポーツの秋
  • 行楽の秋
  • 自然を大切にしようの秋
  • 動物と触れ合おうの秋
  • 植物の優美さを知ろうの秋

といった具合に、結構意欲的な印象を思わせる言葉が昔から形容されていますよね。え?最後の3つが聞いたことない??いやだなぁ。昔から言われてるじゃないですかw

暑く、何かと行動を制限される夏から、気候がかなり好転する秋に移るにつれ、行動が活発化、意欲化するためにこのように表現されるようになったと考えているのですが、その反面、

秋は、

  • 切ない
  • 寂しい

といったような、言葉も良く似合う季節かと思います。

おそらくこれには、晩夏から秋、そして晩秋から冬にシフトしていくにつれ、気温も段々と寒く感じるようになり、山々や公園の木々もそれに合わせて、落葉することから生まれ出た感情かと思います。

今回は、そんな秋の二面性にスポットを当てて曲をチョイスしてみましたので、是非ゼヒ、その2つの感情を楽しんでいただければと感じております。

ヘッドホンのご準備はよろしいでしょうか?

では、さっそく曲のご紹介に移っていくことにしましょう。

戦士は一人戦士は一人征(い)く ドラゴンクエストⅣ 第一章より

秋は気候も良くなり、また、紅葉シーズンとなる為、春と並んで、絶好のハイキングシーズンですよね。

さわやかな秋晴れの中、自然豊かな丘でこのような曲を耳にすると、そのまま海を渡って冒険に繰り出したくなるような逸曲です。

カタリナのテーマ Romansing Sa・Ga3より

こちらは、秋の昼下がり、カフェのオープンテラスなどで、コーヒーを楽しみながら、読書をしたり、友人と談笑したり、また、一人でふと物思いにふけったりするときに、BGMとして流れてくると、心地いい曲かなと思い、チョイスしてみました。

サックスアレンジ・・・良いですよね~~(*´ω`*)

アレフガルドにて ドラゴンクエストⅢ フィールド曲より

こちらは、秋も深まり、段々と気温も下がってくる夕暮れ。そんな中、冷たい北風が吹いてくるようなシチュエーションを感じることができるかなと思います。

Kanon Prelude Final Fantasyシリーズ オープニングより

こちらは、秋の満点の星空の下、流れてくるとかなり雰囲気醸し出す逸曲かなと思います。いや~・・・少し切ないながらも、どこか心落ち着く名曲ですよね(*´ω`*)

仲間を求めて Final FantasyⅥ 飛空艇シーンより

こちらは、先ほどの「戦士は一人征く」とは打って変わって、さすらい感あふれる旋律となっております。秋の夕暮れの中、様々な使命を背中に背負って生きているご自身を想像しながら聞いていただくと、より情景が目に浮かび上がってくるかと思います(*´ω`*)

最後に

いかがだったでしょう。今回は後世に残したい名曲、ゲームミュージックにスポットを当てて、秋に聴きたい名曲、逸曲をチョイスしてみました。

いかがでしょう。どっぷりと妄想の世界に入っていただけましたでしょうか(^^♪

やはり、リアル社会で生きていると何かとストレスを抱えたりしてしまいますよね。そんなストレスをぶっ壊し、明日への活力を生むためには、やはり妄想の世界にどっぷりつかるのも、また素晴らしいことかなと思います。

ぜひ、このコーナーをそんな癒しの空間に役立てていただければ幸いです。

では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪次回もお楽しみに・・・

またスクエニに偏ってしまったw

-えたばりゅコラム
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.