魅惑の野生動物たち

【美麗!ホッキョクオオカミ】厳寒の地に暮らす純白の捕食者

こんにちは。えたばりゅです。

今回は北極圏に暮らすホッキョクオオカミという美しいオオカミにスポットを当てて、その魅力に迫っていきたいと思います。この記事を読み終えるころには是が非でもホッキョクオオカミに会いたくなること請け合いですので、是非ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

厳寒の地に暮らす純白の王ホッキョクオオカミの魅力に迫る

ホッキョクオオカミは英名を「Arctic wolf」、学名を「Canis lupus arctos」という食肉目(ネコ目)イヌ科に属するオオカミの仲間で、以前ご紹介したタイリクオオカミ(ハイイロオオカミ)の亜種にあたります。

体格は一般的に同じ亜種である、シベリアオオカミやシンリンオオカミよりも若干小さく、体長は1mほどであることが多いですが、寒い地域に生息していることもあり、時に体重は80kgにも及ぶことがあるんですね。

オオカミの仲間としては、人間の影響をあまり受けない種としても知られており、これはその生息圏が人間の生活圏とあまり重なっていないことが理由として考えられます。

カナダ、デンマーク、イギリス、ユーラシア大陸などの北極圏を生活の場としており、他のオオカミたちと同じく、頂点(アルファ)のオスとメスからなる数頭から数十頭の群れで行動し、レミングという小さなネズミの仲間をはじめ、ホッキョクウサギなど比較的小さな動物から、ジャコウウシやカリブー(トナカイ)、ヘラジカといったかなり大きな草食動物まで、幅広い動物を獲物としており、生息地域が重なるホッキョクグマとは食物連鎖の頂点に位置する動物として地位を二分しています。

他のオオカミたちとは一線を画す美しいその純白の姿

そして、オオカミといえば、やはりその体は灰色っぽい毛並みというイメージが定番ですが、ホッキョクオオカミは純白ともいえる美しいその白い体が特徴で「ホワイトウルフ」という別名もあったりして、その純白の体が本当に美しいオオカミなんです。

こちらはそんなホッキョクオオカミはじめ、厳寒の大地に暮らす動物たちの「これでもか」っていうくらい美しい姿を映像に収めた動画。

 

いかがです?風の音なども一緒に収録されているので、その厳しい世界が肌に伝わってくるようですが、それとと同時にホッキョクオオカミたちはじめ、北極圏に暮らす動物たちの美しさがひしひしと伝わってきたのではないでしょうか。

映像を見ていると、もはや別世界という感じがしますよね。

日本でホッキョクオオカミに会うには

超美しい姿ですが、残念ながら現在日本にはオオカミは生息しておらず、生息している地域も私たちが訪れるには厳しすぎる世界なので、自然下で暮らすホッキョクオオカミに会いに行くのは少し難しいところ。

日本では唯一那須動物王国でホッキョクオオカミに出会うことができるので、機会あれば会いに出かけるのもいいのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょう。今回は北の大地に暮らす純白の体が美しいホッキョクオオカミの魅力に迫ってみました。体のそのほとんどが白で彩られているにもかかわらず、その姿は本当に美しいの一言ですよね。ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

仲間募集!

-魅惑の野生動物たち
-, ,