自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

超自然・UMAのお部屋

ある真夏の宿直での出来事

投稿日:2017年5月23日 更新日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
最近、急にめっきり暑くなりましたよね(;^ω^) 関西では、先日、ついに30℃超えを果たしました(T▽T) ついに真夏日到来ですね・・・。先日熱中症の記事でペットの健康はまず飼い主様が健康であることの必要性をお伝えしました。やはり、飼い主様ご本人が熱中症になってしまうとペットたちにもかなりの影響が出てしまいますもんね。そこで、急に気温が高くなりその上昇にまだ気持ちが付いていっていない方も多いのではないかなと思います。そこで、何か涼しくなるような記事内容はないものかと考えたところ。やはり、気分だけでも涼しくなっていただくには、、、あの話題しかないだろうという事で、私えたばりゅが実体験したものも含めて、ご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。そして、軽くヒヤッとしていただけましたらと思います。・・・あ、怖い系の話が苦手な方、今回はスルーしてくださいねm(__)m

ある真夏の宿直での出来事

いや~~、私えたばりゅ、今までこういった経験はあまりなかったのですが、この施設に勤め始めていくつかの奇妙な体験をしました。仕事場が能勢という事もあり、そういったこともあるのでしょうかね。あ、関西地域にお住いの方でない方のために申し上げますと、大阪能勢は大阪とは思えないほど、自然あふれるのどかな日本の原風景が漂う地域なのですが、もう一つの顔も持ち合わせており、、、それはというと日本でも有名なコワコワスポットがあることでも有名でして、そういったワードで検索すると、多くの関連記事がヒットするかと思います。ツワモノの心をお持ちの方は一度検索していただけましたらと思います。

で、そんな能勢のど真ん中の山深い地域で、尚且つ宿直なるものがある私えたばりゅの仕事。ある真夏の宿直の晩、ある光景を目にするのです。

明らかに誰かと遊んでいる、おばあちゃん犬

当時、今から2~3年前の事だったでしょうか。そのころすでに齢推定15歳を超える柴のおばあちゃん犬がいたのですが、その子の性格は本当におとなしくマイペースで、年齢のこともあり寝ていることが多く、また人と遊ぶようなタイプでなく、昼間も自分の思うがままウロウロし、そして自分のお気に入りの場所でくつろぐのが好きな子でした。そんな柴のおばあちゃん犬。仮にHちゃんとしましょう。夜の他の場所の見回りを終え、その子が暮らすお部屋に入ると、他の子達が寝静まっている中、その子が珍しく嬉しそうに飛び回って喜んでいるんですよね。お♪Hちゃん、今日は元気いっぱいに遊んでいるな・・・と最初は思ったのですが、次の瞬間ある違和感が私えたばりゅに浮かびました。

 

・・・誰と遊んでるの??

 

そのHちゃん。明らかに人の目があるであろう高さを見ながら、はしゃいでるんですよね。その場にいた人間は私えたばりゅ一人。しかも、他の犬たちはそのHちゃん以外は全員寝静まっています。ですので、他の犬と遊んでいるのかも。という線はもろくも崩れ去るわけですよ。もちろん、私えたばりゅを見ているのではなく、そのHちゃんは私えたばりゅ以外の「誰か」を見ているんですよね。

思考停止とはああいったときのことをいうのでしょうね。それ以上詮索してはいけないような気がした私えたばりゅは、気にしないふりをしてその場を後にしました。もし見えない「誰か」がいたのだとしても、齢15歳になるおばあちゃん犬と遊んでくれるような方はきっといい方に違いない((((;^▽^))))ガクガクブルブルと必死に自分に言い聞かせながら。

突然茂みに猛然と突進するグレートデン

こちらも宿直でのお話。当時施設の入り口に位置するお部屋にはグレートデンの女の子が暮らしていました。その子は顔は本当にいかつい顔をしていますが、性格は本当にやさしい穏やかな性格の子でそのお部屋のマスコット的存在でした。とある、宿直の夜。そのお部屋でPC作業をしていると、急に起き上がったこのグレートデンの女の子が猛然と吠え掛かりながら突進し、施設の入り口の茂みの方を凝視ししているんです。山中なので、不審者というのはあまり考えにくいですが、もちろん可能性がないわけではありません。急に吠えて突進していったものだから心臓が口から飛び出そうになりましたが、とりあえず懐中電灯を手に茂みの方を照らすのですが、、、やはり何もありません。野生動物かな。と思い、そのグレートデンの女の子を嗜めようとしましたが、一向にその場所から視線をそらそうとはしません。こういう時の感覚ってもちろん、人間よりも動物たちの方が研ぎ澄まされているもの。

・・・。

きっと、そのお部屋のボス的存在でもあった彼女が、不審者を想定した予行演習をしていたんだろう。((((;^▽^))))ガクガクブルブル うん。きっとそうだ。。。。

空気を測る体重測定器

こちらは、私えたばりゅが実体験したものではないのですが、施設に当時勤めていた同僚の動物看護士と獣医が体験した出来事。その夜、外来患者も多く、施設の動物たちの診察も多くあり、かなり夜も更けた時間にその日の業務が終わったときの事。獣医(女性)と動物看護士が診察室で今日の出来事と明日の打ち合わせをしていた時、な~~んにも乗っていない、診察台兼体重測定器の電源が急に入り、何かの体重を測りだしたそうなんです。

そして、その場に呼ばれた私えたばりゅ。その時も宿直当番です。○○さん、←私えたばりゅの名前。なんか、体重計の電源が急に入って何かの体重測ってたよ。何測ってたんだろうね~~(^^♪。とその獣医さん(腕は間違いない方なのですが、少し天然w)。あ、もしかしてお化けだったりして( *´艸`) 今日宿直、○○さんだよね~。そんなことがあったから、報告しておくね。じゃ♪といって帰られました。

・・・

その報告、いる??(T▽T)ワタシイマカラシバラクヒトリナンデスガ

最後に

いかがだったでしょう。やはり、色々な逸話のある大阪能勢地方。そのようなところで宿直をしているといろんな体験をするもんです。そういった体験をした時の唯一の救いは、今回主役の犬たち以外はいたって普通に過ごしていたり、寝入っていたりしてくれていたこと。これで、他の犬たちも一緒に騒ぎ出そうもんなら、私えたばりゅ。おそらく軽くパニックになると思います(T▽T) 世の中には本当に不思議なこともあるもんです。今回も最後までお付き合いいただき、今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-超自然・UMAのお部屋
-, ,

執筆者:


  1. バカワイン より:

    グレートデンの話、何だったでしょうね?宿直中は十分にお気をつけくださいね!
    僕としては、昨日のGの話で十分にヒヤッとしましたが・・・

    • えたばりゅ より:

      グレートデンの話はですねきっと彼女の予行演習、もしくは野生動物ですよ。
      うん。そうに違いない((((;^▽^))))ガクガクブルブル
      ありがとうございます^^;
      バカワインさんも急に現れるGにはご注意をば・・・w

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画 マミー 呪われた砂漠の王女 観に行ってきました♪

こんにちは(^^)えたばりゅです。 まずはじめに先日、夏風邪に一矢を の記事にて、私えたばりゅ。日ごろの自己管理不足のせいで夏風邪をひいてしまったことをアップさせていただいたのですが、その際に多くの方 …

ドラゴン実在がついに証明(?)

こんにちは(^^)えたばりゅです。 実は、ある衝撃的なドキュメンタリーをお伝えしようと思います。もしこれが事実であれば、これまでの歴史と認識がひっくり返るような内容です。しかも、このドキュメンタリーを …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ