自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペット お役立ち情報

ハーネスのすっぽ抜けにご用心!

投稿日:2018年5月17日 更新日:

こんにちは(^^♪えたばりゅです。

今回は結構多くの方がこれを付けていればお散歩は安心という認識をされておりますが、意外とすっぽ抜けが多くて注意しないといけないワンコグッズ、ハーネスについてその注意点などをいご紹介しようと思います。すっぽ抜と聞くと多くの方はやはり首輪をご想像されるのではないでしょうか。ですが、ハーネスのすっぽ抜けはかなり多いんですよ。ハーネスの注意点をしっかりとご理解いただくためにも、ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ハーネスのすっぽ抜けにご用心!愛犬の命を守るためにもしっかりとフィットさせよう

突然ですが、質問です。犬につける首輪(ハーフチョーク除く)と胴輪(ハーネス)。どちらのほうがすっぽ抜け事故が多いと思いますか?

おそらく、この2つであれば、どちらかというとやはり首輪とお答えになる方のほうが多いかと思います。

ですので首輪に関しては、実際かなり注意されている方も多いかと思いますが、胴輪(ハーネス)についてはいかがでしょう。首輪と違い、前脚を挟み込むような形状のため、首輪よりも信用度を高くイメージされている方は多いかと思います。

ですが、このハーネス

実はかなりすっぽ抜けしやすいんです。

首輪がすっぽ抜けてしまうシチュエーションとしては、やはりこのような感じで犬が何かに拒否反応を示し、ググっと踏ん張った時に起きやすいとイメージされますよね。

こういったこともあり、首輪のサイズには普段から、かなり注意しておられる飼い主の方は多いかと思います。

しかし、ハーネスとなると、その形状のイメージから漠然と安心感を持ち、少し(場合によってはかなり)緩めにしている方のをよく目にします。しかしながら、犬のサイズよりも緩くハーネスを調整していると、

驚くほど簡単にすっぽ抜けてしまうんですね。

実際にハーネスが抜けるところをご紹介

これは論より証拠。動画サイトに検証動画をアップして下さっている方がおられたので、この2つの動画をご覧になってみて下さい。

いかがでしょう。かなり簡単に抜けてしまいましたよね。

これは決してぬいぐるみだから抜けやすくなっているのではありません。次にこの動画をご覧いただければと思います。

いかがでしょう。その抜けやすさに結構びっくりされたのではないでしょうか。このように、ハーネスも緩くつけてしまっていた場合、このようにかなり簡単にすっぽ抜けてしまいます。

これらのことから、私えたばりゅ個人としてはあまりハーネスのみ着用でのお散歩やお出かけはあまりお勧めできないんです。

私がお勧めするのはやはり2重リード。

従来の首輪にもう一つハーフチョークやチェーンカラーを付け、それにもう一本リードを付ける手法です。

これであれば、例えいつも着用している首輪やハーネスが抜けてしまったとしても、ハーフチョークやチェーンカラーがしっかりと機能し、リードが外れてしまうことも防ぐことができます。

かわいそうなので。の先にある、もっとかわいそうなこと

こういうお申し出をさせていただいたとき、よくありがちなご意見として

きついものを付けるととかわいそうなので。

と、そういうものの着用を拒否される方も多いのですが、その「かわいそうなので。」の向こう側にはもっとかわいそうなことが待ち受けているということをご理解いただかないといけません。

多くの場合、こういうシチュエーションでは犬は何かしらの恐怖から逃れようとしています。そういった状況で、犬のハーネスなり首輪が外れてしまった場合、犬たちは目の前の恐怖から逃げ出すために、その場から全力で離れようとします。

そこに車が走ってきたら?

スピードを出した車が行き交う広い道路に飛び出していったら?

もうどうなるか、火を見るよりも明らかですよね。さっきまで元気よく散歩していた愛犬が変わり果てた姿になるということです。

これを考えると、お散歩の間だけでもしっかりと2重リードをして、もしもの際に備えたほうがいいということをお判りいただけるかと思います。

とはいえ、

やはり、首輪の装着は愛犬の体のことがあり、獣医さんから止められている。という方も多いと思います。

たとえば、もともと器官が細くてちょっとしたことで呼吸がしづらくなるなど。(実はうちのラム君はこの部類に入ります。)

そういった場合は、やはり首にかかる負担をやわらげ引っ張る力を分散させるハーネスを着用させる必要があります。では、ハーネスを付けるときにはいったいどのようなところに注意すれば、このようなすっぽ抜けを防ぐことができるのでしょうか。

ハーネスですっぽ抜けを防ぐために

ハーネスですっぽ抜けをできる限り防ぐためには、やはりハーネスのサイズを愛犬にジャストフィットさせること

です。緩めに装着させるとどうしても、検証動画のように踏ん張った時に簡単に抜けてしまう危険がかなり高まります。ですので、ハーネスを使用する際はしっかり愛犬の体にフィットするようにサイズを調整して下さい。

これで、かなりすっぽ抜けのリスクを抑えることができます。

ただ、リスクを最小限にすることはできても完全に防ぐことはできません。ですので、お散歩の時間は愛犬が嫌がる対象がある時間をできるだけ避けるなどの工夫も合わせてしていただけるとよいかと思います。

例えば、小さい子供さんが苦手なのであれば、その時間を避けていただいたり、車や自転車が苦手であれば、大通りをさけたり、車や自転車が少なくなる夜や早朝にお散歩をする時間をシフトすると、より効果的かと思います。

最後に

いかがだったでしょう。今回は意外とすっぽ抜けが多い、ハーネスについてその注意点などをご紹介させていただきました。2つ目の検証動画をアップして下さっている方もおっしゃっておられますが、抜けにくいハーネス。この開発をぜひともペットグッズ企業さんにお願いする次第でございます。

では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただきありがとうございます(^^♪

↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペット お役立ち情報
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペット マダニの恐怖 バベシア症

こんにちは(^^)えたばりゅです。 先日、情報TVでも放送されていましたが、いよいよ梅雨に入り、ちいさなヴァンパイアたちの活動も最盛期を迎えそうです。はい、ご想像のとおり、「蚊、それはモスキート」でご …

ペット 甘やかしに潜む危険

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近SNSなどで、可愛らしい仔犬や仔猫の写真が拡散されており、動物が好きな方は癒されることが多くなったのではないでしょうか。そして、TVなどでもまるでぬいぐるみのよ …

死ぬこともありますよ! ドッグランなどでの注意点

こんにちは(^^♪えたばりゅです。 先日、友人ultramomさんと父ちゃんのところで暮らしている、友犬タロー君が綴るブログで、ちょっとこれは飼い主マナー違反でないの??っていう、記事がありました。そ …

地面温度検証 7月編

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は恒例となりました月に一度の温度検証記事になります。・・・といいましても、前回測定したのは6月12日。1ヶ月を優に超してしまったのですが、この前後休みがなかなか …

ところでオムツ取り替えてます?

こんにちは(^^)えたばりゅです。 少し前までは、ペット・・・主に犬といえば、庭先など表で飼っておられる方が多かったのですが、最近では室内で犬と共に暮らされる方も大分増えてきましたよね。その理由として …

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ