自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペット お役立ち情報

レプトスピラ 猪名川流域警戒してください

投稿日:2017年10月16日 更新日:

こんにちは(^^)えたばえりゅです。
本日は別の記事の予定だったのですが、急遽予定を変更してこちらの記事にさせていただきました。私えたばりゅの勤務地の近くに猪名川という、一級河川があり大阪・兵庫を縦断する河になります。そちらでは、一級河川にはよくある風景であると思うのですが、河川敷は散歩コースになっており、近隣にお住いの方のジョギングコースや飼い犬のお散歩ルートなどで親しまれております。その猪名川流域で、(おそらく)散歩中にレプトスピラ症に感染してしまった飼い犬が亡くなってしまうという痛ましい出来事がありました。

ですので、今回はレプトスピラ症という感染症についてご紹介させていただきたいと思います。では今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

甘く見てはダメ レプトスピラ症

レプトスピラ症とはある種の病原体が原因となる感染症で、多くの哺乳類が感染します。その中にはもちろん人も含まれており、感染後の症状については、その種によって様々です。(今のところ人から人への感染は確認されておりません。)

犬 感染例

犬に感染する場合は、ネズミなどのキャリアとなった生き物たちの糞尿が土壌などへと浸透して、汚染されてしまった土壌から口や皮膚などを通り感染します。感染しても無症状なこともありますが、重症化すると発熱や黄疸、嘔吐、血便などを伴い、今回の猪名川の例のようにかなり高い確率で死に至ります。

ワクチンは存在します(5種・7種など、詳しくは行きつけの動物病院でお問合せください。)が、この菌の恐ろしいところはレプトスピラと一口に言ってもそのタイプは様々で、そのタイプと一致したワクチンを接種していなければ、ワクチンの効果が認められません。また、レプトスピラのタイプも地域によって差異があり、お住まいの地域に沿ったワクチンを接種する必要があります。

ただ上記の通り、レプトスピラ症のワクチンが含まれているのは混合ワクチン接種の5種、7種、9種など。それ以下の3種などのワクチンにはレプトスピラ症のワクチンは入っておりませんので、3種などを打たれている方は動物病院さんにご相談の上、レプトスピラの単独ワクチンなどを摂取することも検討されてください。

ただ、今回は猪名川流域で感染が発覚しましたが、お住まいの地域によってはレプトスピラ症がほとんど発生していない地域(東北・神奈川など)もありますので、必ずしも接種を推奨するものではないことを付け加えさせていただきます。

人 感染例

人への感染経路は、主に汚染された河川で泳いだり、農作業や土木作業時など、汚染された土壌や河川に触れることにより感染します。人に感染すると約1週間ほどの潜伏期間を経て、軽症の場合は悪寒・発熱・筋肉痛などの風邪に似た症状を発症の上、回復しますが、重症化すると、肝臓障害や腎臓障害、全身出血を伴い、死亡率は50%に上る場合があります。

ただ、日本での感染例は1970年代から減少傾向にあります。ただ一定の地域で集団感染が認められたりしておりますので、油断は禁物といえますね。

齧歯(げっし)類

齧歯類においてはレプトスピラ菌に感染しても、無症状になることがほとんどです。ただ、保菌はしてしまうので、キャリアとなり、他の生物への感染経路になってしまうことがあります。下水道工事の方々に以前この病気が多かったのは、こういったことが理由に挙げられます。

ただ、例外なのはハムスターで、ハムスターは感染すると発症してしまい、1週間ほどで死亡する確率が高くなってしまいます。

最後に

いかがだったでしょう。今回は少し緊急性があるかなと思い、予定を変更してレプトスピラ症のご紹介をさせていただきました。ただ、先ほども申し上げた通り、地域によってはほぼ感染例がない地域もあり、ワクチンというのはここでご説明するまでもないかと思いますが、弱めた菌やウィルス自体を体の中に投与し、体内に抗体を作ることを目的としております。ですので、個体の体調や年齢によっては、体に不調をきたす場合もありますので、焦らず、まずは摂取の必要性なども含め、獣医さんとご相談いただけましたらと思います。また、犬から人への感染も本当に稀なケースになりますので、犬と共に暮らされている方は過剰にご心配なさらずとも良いかと思います。

稀にワクチン接種に反対意見をおっしゃる方もいらっしゃいますが、このようにワクチン接種で死亡するような重篤な感染症を未然に防ぐためのものであると、今一度ご理解いただけましたら幸いです。では今回はこのあたりで・・・。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペット お役立ち情報
-, , ,

執筆者:


  1. ボニー より:

    飼い主さんは心配と恐怖だったでしょうね。ここらでもネズミが転がっているので、野良ネコ、犬も安心してさわれませんよ。どこで感染するかはわかりませんから・・怖いですね~~

    • えたばりゅ より:

      返信が遅れましたm(__)m
      おぉ・・・やはりそういった問題はあるのですね・・・。
      目に見えない存在は目で注意が出来ないので、本当に厄介なところであります(TT)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫 その起源とイヌとの相違点

こんにちは(^^)えたばりゅです。 長年、人間の伴侶動物として共に歩む道を選択してくれた犬、そして猫。昨日は犬の期限などについて触れましたので、今回猫についてその起源など、少々触れてみたいと思います。 …

雑種 ビューティ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 先日、ある動物病院様にお伺いした際、非常に心温まるというか・・・、動物病院様からこういった発信をしてくださるのは本当にうれしいなと思うことがありました。それは、その …

迷いペットを保護したら

こんにちは(^^)えたばりゅです。 現在は日本も本当にペット文化になりましたよね。もちろん良し悪しについては、別ですが・・・。少し前に比べますと、ペットを飼育することが可能なマンションも、かなり増えた …

ペットロスを乗り越えるために

こんにちは(^^♪えたばりゅです。 突然ですが、「ペットロス」という言葉、耳にされたことがあるでしょうか。最近はペットと共に暮らすご家庭も増え、ペットロスという言葉を一度は耳にしたことがある方も多くい …

犬の耳あれこれ

こんにちは。えたばりゅです(^^) 猫の耳の形状は、スコティッシュフォールドなどのような少し垂れ気味の子もいますが、そのほとんどはしっかりとピーンと立った状態のいわゆる立ち耳が、ほとんどだと思います。 …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ