自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

動物・自然とのwinwinのために

アシカ・オットセイ・トド・アザラシ・セイウチ その違い

投稿日:2017年12月7日 更新日:

こんにちは(^^♪えたばりゅです。
少し前に、ゾウアザラシ 憧れのカリスマたち にてゾウアザラシをご紹介した際に、多くの方から、アザラシ・アシカ・トド・セイウチ・オットセイの違いがよく分からん( ゚Д゚) というメッセージを多くいただいたため、今回はこのあたりの違いについてご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

アシカ・オットセイ・トド・アザラシ・セイウチ その違い

え~・・・それでは、まずお約束から。違いは名前と生息地、あと見た目w・・・( ゚Д゚)==O)≧◇≦)アウッ

はい。分かっております。もちろんしっかりと説明させていただきます。

ではそれぞれの見た目と軽いご紹介からさせていただきます。

アシカ

アシカはアシカ科アシカ属に属する鰭脚類(ききゃくるい)の一種で、今ではカリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカなどがおり、かつては二ホンアシカと呼ばれる日本に生息するアシカも生息しておりましたが、こちらは残念ながら絶滅してしまいました。体長はオスで約2.5mほどになります。

トド

トドはアシカ科トド属に属する気脚類の一種で、アシカ科の鰭脚類では最大の大きさを誇ります。体長はオスで約3mほど。時に体重は1tにも及ぶときもあります。生息地は北太平洋地域の沿岸部、オホーツク海、日本海、ベーリング海など。日本でも北海道でその姿を見ることができます。

オットセイ

オットセイはアシカ科に属する気脚類の一種で、アシカ科の中では一番小柄な種になります。キタオットセイの仲間とミナミオットセイの仲間がおり、生息地はキタオットセイは北太平洋。ミナミオットセイはオーストラリア南部沿岸と南アフリカ沿岸に生息しております。キタオットセイは定住ではないものの、稀に日本でも見ることができます。主に東北地方や北海道、日本海沿岸。

・・・いかがでしょう。この3種。いわば親戚のようなもの。例えるなら、秋田犬、紀州犬、柴犬といったところ。なかなかその見た目で特定するのは難しく目が慣れる必要があるかと思います。一番ごついのがトド、中間がアシカ、一番線が細いのがオットセイと覚えていただけましたらと思います。

アザラシ

アザラシはアザラシ科に属する気脚類の総称で、鰭脚類としては種類が一番多く、約19種の仲間が世界中に生息しております。日本でもそのいくつかの種類が目にすることができ、タマちゃんをはじめ、稀に関東近海まで南下してくる個体もおります。(迷い個体)大きさも様々で、ワモンアザラシ約1.2mほどの種からミナミゾウアザラシのような6.5mにもなる種まで様々です。

セイウチ

セイウチはセイウチ科セイウチ属に属する鰭脚類で、体長は約3.5m。体重は最大で1.2tにも成長します。最大の特徴はこの長く大きな犬歯で、これはオス同士の闘争や海中の貝などを掘り起こす際に使用されたりします。生息地は現在北極圏を残すのみとなっております。天敵はホッキョクグマやシャチなどがおりますが、ホッキョクグマにはリスクも伴う相手で、ホッキョクグマがセイウチを襲うことはあまりありません。

ちなみにこの牙がない場合、異様に髭が多ければセイウチだと思っていただければいいかと思います。

いかがでしょう。アシカ、トド、オットセイはともかくとして、アシカ科の3種とアザラシ、そしてセイウチはその違いが何となくお分かりいただけるのではないでしょうか。では、アシカ科の3種とアザラシ、そしてセイウチの身体的違いについて触れてみたいと思います。

アシカ、アザラシ、セイウチ その違い。

「歩く」か「這う」か

まず、一番明確なのは陸上で歩くことができるかどうか。アシカ科の鰭脚類とセイウチに関しては前肢が発達しておりますので、前肢で体を持ち上げ「歩く」ということができます。アザラシは前肢よりも後肢が発達しておりますので、前肢で体を持ち上げるということができず、陸上では「這う」という形になります。ですので、

陸上での移動時、「歩く」のがアシカとセイウチ、「這う」のがアザラシということになります。

耳たぶがあるかないか

次に大きな特徴としては、耳たぶの存在。アシカ科の鰭脚類は耳たぶがあります。そして、アザラシとセイウチには耳たぶが存在しません。いわばアザラシとセイウチは耳の穴が開いているだけということになります。ですので、

耳たぶがあるのが、アシカ科の鰭脚類。ないのが、アザラシとセイウチということになりますね。

上記からでセイウチはアシカ科の鰭脚類とアザラシの特徴を併せ持っているといえますが、顔の特徴でセイウチが判別が容易になるかと思います。

・・・以上、簡単ではありますが、こちらがアシカ、アザラシ、セイウチの違いになります。ちなみにアシカ科にはオタリアという種類もおります。

最後に

いかがだったでしょう。朧げかと思いますが、アシカとアザラシ、そしてセイウチの違い、お分かりいただけたのではないでしょうか。こうやって並べて比較するとその違いが分かりやすいですが、いざその個体だけを見ると、あれ・・・( ;∀;)ってなりますよね(;^ω^)

迷った際は歩いている(アシカ科の鰭脚類氏)か、耳たぶはある(なければアザラシ氏かセイウチ氏)か、牙がでっかくて髭面(牙があり髭ボーボーがセイウチ氏)か。

で判別していただけましたらと思います。では今回はこのあたりで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-動物・自然とのwinwinのために
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楽しい教科書

こんにちは。えたばりゅです(^^) 現在も、インフルにプチオラオラされておりますが、 インフル関連で唯一良かったことがあるんです。それは、何かというと超絶久しぶりに自分の好きな番組を見ることができたこ …

保護施設での殺処分?ありますよ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は、ちょっと保護施設の裏側といいますか、タイトルを見てびっくりされたと思うのですが、こういったところに触れていきたいと思います。では、今回も最後までお付き合いい …

ステラーカイギュウ ほぼ完全骨格見つかる

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

夏風邪に一矢を

こんにちは(^^♪ ただいま、絶賛夏風邪にオラオラされておりますえたばりゅでございます(T▽T) いや~~・・・さすがにあまたの方おっしゃるがごとく、、、しつこいですね~~夏風邪は(~▽~#) そして …

動物園と水族館 抱く問題

はじめまして。えたばりゅです(^^)より多くの方に動物達や自然の魅力を知っていただきたいと思い、seesaaブログより心機一転。こちらのほうで、ブログを発信していくこととなりました。何卒よろしくお願い …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ