自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペット お役立ち情報

そろそろ地面の温度注意報

投稿日:2017年5月18日 更新日:

こんにちは(^^)少し前まで寒暖の差に打ちひしがれていたえたばりゅです。
いや~~それにしても、最近はあまり寒暖の差もなくなってきてより一層過ごしやすくなってきました♪ 前回少し触れました我が愛すべき内弁慶、たれ目ちゃんこと、ラム君も獣医さんより晴れてお散歩解禁となり、ラム君共々春空を満喫しております。そんな中、やはり気になってきたのは外気温。

特にラム君は胴長短足のため、他のわんずたちと比べても、より一層地面と近くなります(T▽T) そこで、今回はずっとやりたかった一定時間ごとに地面の温度を計測したものを皆様にご紹介しようと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたら幸いです。

そろそろ地面の温度に注意報

この日は私えたばりゅオフだったため、少しゆっくりとさせていただき、朝6:30ごろよりラム君のお散歩へ

例のごとく、自宅を出てしばらくは、歩きたがらないためイヌを抱っこしたフォーおっさんの散歩となっていますが、ある一定の距離を過ぎるとこのようにまるでイヌが変わったようにスタスタと軽快ご機嫌に歩いてくれます♪


そして、約20分の距離を歩いた後、朝のお散歩は終了。まだ解禁すぐなんで、あんまり距離が歩けないんですね。それでも頑張って歩いたのでヘケヘケなっております(^^;) ラム君はお部屋でゆっくりしていただき、それでは、外気温の計測と行きましょう。

朝9:30

計測場所等は以下のとおり。

  • 日付:2017年5月15日
  • 時間:約9:30
  • 天候:晴れ
  • 場所:神戸市垂水区


まずこちらが9:30ごろの日陰の温度。計測した高さは地面から約1mの高さ。大体23℃といったところでしょうか。まさに暑くもなく、寒くもなくの過ごしやすい室温。


そして、こちらが日向での温度。計測した高さは日陰と同じく地面から約1mの高さ。大体24℃くらいですね。ぽかぽかと人間にはいい陽気というところでしょうか♪

そして、大体同時刻の地面の温度がこちら。


約26℃といったところでしょうか。やはり地面の温度は5月中旬の朝とはいえ、もうすでに夏日といわれるような気温。

12:30

計測場所等は以下のとおり。

  • 日付:2017年5月15日
  • 時間:約12:30
  • 天候:晴れ(薄日)
  • 場所:神戸市垂水区

ここからは地面付近の温度のみとなります。


9:30ごろと比べると、雲も多くなり日差しも薄らいできていたのですが、地面付近の気温は約1℃上昇しており、27℃。その体感も明らかに立っている状態の時とは違い下から熱気が漂ってきました。5月とはいえ、もうお昼ごろのお散歩はしないほうがいい気温といえます。

14:00

計測場所等は以下のとおり。

  • 日付:2017年5月15日
  • 時間:約14:00
  • 天候:曇り
  • 場所:神戸市垂水区


一日のうち一番気温がピークに達する時間帯といわれておりますが、この日はお昼を過ぎたあたりから雲が段々と多くなり、垂水区周辺では14:00ごろ完全に曇った状態に。そして、風も少し出てきていたためその気温は約25℃と少し下がっていました。

しかしながら、朝から順調に晴れていたならば、また違った結果になっていたかもしれません。

検証結果

この日、一番気温が高かったのは12:30ごろの27℃ということになりました。いや~~、やはり5月中旬とはいえ地面付近の温度は27℃にもなっているんですね^^; しかも計測した場所はザ・住宅街というところで、人通りも少なく、普段車の往来もあまりない場所でそんなにも温室効果が現れない場所といえます。

そのような場所でも、昼の時間帯の地面付近の温度は薄日でもかなり高くなってきているといえますね。こういった環境で長時間活動すると熱中症にかかる危険が高まりますので、もうそろそろお散歩の時間は早朝、夕方日が落ちる頃に切り替えていくほうがいいといえそうです。

また、普段お庭などの外で暮らしている犬達はそろそろ日陰になるような場所を用意が必要な季節になってきたといえます。犬達は発汗できる場所が非常に限られており、熱の調整は口で行う他なく、暑さは苦手な動物といえますので、ご自宅でペットと共に暮らしている方は愛犬のためにもそろそろ本格的に空調調節を行う時期が来たといえそうですね。

最後に

いかがだったでしょう。地面付近の温度は普段人が感じている温度よりも高いとされておりますが、実際どれくらい高いものなのか、少し前から気になりだしていたところではあったのですが、今回の検証で改めてそれが分かった気がします。

今回の結果、具体的数値は、もちろん普段住んでおられる場所でまた違った数値が出てくると思いますので、数値はご参考ということになりますが、地面付近の温度が高い点では全国共通になるかと思いますので、そろそろお昼間のお散歩は控えていったほうがよいかもしれませんね。

この検証については、もう少し季節が経過した時期では全然違う結果が出てくるかと思いますので、出来る限り同じ時間で同じ場所、天候晴れという条件を設定し、また再度検証をしてみたいと思います。おそらく気温上昇とかすごい数値になるんでしょうね・・・^^; 今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペット お役立ち情報
-, , ,

執筆者:


  1. バカワイン より:

    ラム君カワイイですねぇ。
    なぜ今まであまり出さなかったのか。アクセスアップしそうなのに・・・(笑)
    この季節は地面の温度が高いですもんね。
    人が感じる以上に動物は、地面の温度を感じる。
    納得できる記事でした♪

    • えたばりゅ より:

      いや~~( *´艸`)
      なぜかといわれるとやっぱり、伝家の宝刀というか・・・←アホw
      そうなんです^^;
      で、最近はかなり地面温度も高くて思っている以上に
      高温になっているのではないかと思った次第で^^

      ありがとうございます!そういっていただけると嬉しいです!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

猫 その起源とイヌとの相違点

こんにちは(^^)えたばりゅです。 長年、人間の伴侶動物として共に歩む道を選択してくれた犬、そして猫。昨日は犬の期限などについて触れましたので、今回猫についてその起源など、少々触れてみたいと思います。 …

ペット 犬の介護生活とその前後対策

こんにちは。えたばりゅです(^^) 現在、医学は飛躍的に進歩しそれに比例して人類の平均寿命も延びてきています。日本人の平均寿命は2015年で、男性約80歳、女性約87歳と過去最高を更新したようです。た …

ペット 猫の関節痛について

こんにちは(^^) えたばりゅです。 最近、当ブログのメインカテゴリである、ペットに関するお役立ち情報の更新をすっかりと忘れており 長らく行っていなかったですので、今回は久しぶりにペットのことに関する …

要注意!熱中症 その発症シチュエーション

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は前回の予告通り、熱中症になるシチュエーションと、熱中症を発症しないためはどのようにすればいいかをお伝えしたいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいた …

ペット 糖尿病の恐怖

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今回は糖尿病に関しての記事になります。糖尿病というと現代人の生活習慣病の代表格といっても過言ではないですよね。一度、発症すると完治は難しいことでも知られており、現在 …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ