自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ニュースに反応

絶滅種再発見! ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ

投稿日:

こんにちは(^^) えたばりゅです。
こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと思いますm( _ _ )m

先日、例のごとく我がフェイバリットメディアである、NATIONALGIOGRAPHIC 日本版の記事にお邪魔しているとうれしい記事を発見してしまいました。その記事によると、絶滅してしまったと考えられていた、野生の犬、ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグが再発見されたとの事。

今回はそのご紹介になります♪ではでは今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

絶滅種再発見! ニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ


こちらの画像はニューギニア・ハイランド・ドッグの近縁種であるオーストラリアのディンゴという種の画像になります。

まずはそのうれしいニュースを掲載しているNATIONALGIOGRAPHIC 日本版サイトをご覧下さい。

絶滅と考えられていた犬、半世紀ぶり見つかる
ニューギニア高地にひっそり生息、飼いイヌの祖先か

NATIONALGIOGRAPHIC 日本版 NEWS 動物 2017.04.04 配信記事より

いかがでしょう。いかにも「ザ・犬」という出で立ちではないでしょうか。犬としてはかなり古い犬種のひとつで、オオカミとイエイヌの進化の空白(ミッシングリンク)を埋める重要な犬種のひとつと考えられています。

※ミッシングリンクについて

ミッシングリンクとは別名失われた環とも言うもので、進化の過程において種の臣下というものは順を追って進化していることは間違いないのですが、その途中の部分が現在欠如している状態、もしくは祖の部分が欠如している状態をいいます。

例に例えると、苦手な方が多い昆虫たち。昆虫たちは恐竜達が現れる遥か昔から地球上に存在しており、大昔にはメガネウラ(巨大トンボ)や便座カバーほどあるG(T▽T)などが闊歩していた時代もあるんです。

ところが・・・

この昆虫たちの祖となる存在が今のところ発見されていないんですね。普通進化というものは大元の種がおり、その種から色々な種に進化していくのです。

例えば、爬虫類と呼ばれる種から恐竜やワニ、海星爬虫類などの枝分かれし、その恐竜から始祖鳥と呼ばれる鳥の祖先が現れ、鳥へと進化をしていく。といった具合になります。(もちろん恐竜から始祖鳥になるまでも細かい進化があり、この説明はかなり大雑把に端折ってると思っていただければと思いますw)

ところが、今のところ昆虫たちは、何の前触れもなくいきなりトンボやGやその種に分かれて地球上に現れたことになってるんですね。

こういった進化の過程で過程が欠如してしまっている状態を俗にミッシングリンクといいます。

というわけで学者大喜び

そんな進化の過程でも重要なスポットに鎮座している可能性があるニューギニア・ハイランド・ワイルドドッグ。再発見は学術的価値も大きくその筋の学者たちは諸手を上げて喜んでいるようです。

もともとは古代人が飼育していた個体が飼育下を離れ野生化したもの

ミッシングリンクといっても、位置づけはオオカミではなく、「犬」ですので、遥か昔ニューギニアの大地で古代人に飼育されていた個体が何らかの形で飼育下を離れ、それが野生化し同地で繁殖したものであります。

他にもニューギニア・ハイランド・ドッグの近縁種に

  • オーストラリアのディンゴ
  • タイのリッジバック・ドッグ
  • ベトナムのプー・クォック・リッジバック・ドッグ

等がいますが、いずれも希少種でニューギニア・ハイランド・ドッグの仲間の中にはすでに絶滅してしまった犬種もおります。

こういった希少種。ニューギニア・ハイランド・ドッグは現在国を挙げての保護政策が進められているようですが、個体数の回復はぜひとも望まれるところでありますよね。

最後に

いかがだったでしょう。今回はニューギニア・ハイランド・ドッグ再発見という喜ばしい記事をご紹介させていただきました。今回はこういったうれしいニュースにつながりましたが、一度絶滅してしまった種はもう二度と会えることはありません。

そのような事が起こらないように、このニューギニア・ハイランド・ドッグに限らず種というものは本当に大事にしていかないとならないですよね。近い将来、ニューギニア・ハイランド・ドッグが個体数回復傾向などといったさらにうれしいニュースが飛び出すことを祈りつつ、今回はこれにてとさせていただきます。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪]

 

私事で恐縮ですが、インスタグラムはじめました♪ 風景写真の投稿やお役立ち情報の紹介を行っております。まだまだはじめたばかりで、投稿写真、お得情報少な目ですが、よろしければ、遊びに来てくれましたらと思います。

えたばりゅインスタグラムページへ

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ニュースに反応
-, ,

執筆者:


  1. Ran Ran より:

    日本のカワウソも実は生きていました的な驚きのニュースがあるとよいのですが・・・・・・まあ、無理でしょうね。

    ミッシングリンクの話は、ちょっと宇宙人とかを連想してしまい、個人的におもしろいのです。

    • えたばりゅ より:

      返信が遅れましたm(__)m
      そうなんですよね・・・。ニホンカワウソ生きていて欲しいですが、可能性は残念ながら薄いと思います(´・ω・)

      ミッシングリンクは、本当にロマンを感じますよね(^^♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小学校のプールで希少サンショウウオ

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

犬、やっぱり感情があるってさ(^^♪

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

ピカチュウヒップなクモ氏

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

宝塚で少年がヤマカガシに咬まれる

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

死因 大きくなったから

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ