自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペット お役立ち情報

ペットも一緒に防災訓練

投稿日:2017年11月1日 更新日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
今回は、またも少しうれしいポスターを発見したのでシェアしようと思います。例のごとくポスター紹介の時は少し短めですが、どうか寂しがらずw 今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

とある場所で見つけた 嬉しいポスター ペットも一緒に防災訓練

少し前に、イベント開催である届けをするために、とある場所に訪れたときの事。このようなポスターが張られていました。

じゃ~~ん。

いかがでしょう。ペットも一緒に防災訓練♪ メッチャいいポスターだと思いません?? ほのぼの系ながらも、しっかりとメッセージが伝わってくるポスターではありませんか(T▽T) こちらのポスターをデザインしたのは未曽有の大震災。東日本大震災で被災された方。ペットと一緒に避難できなかった思いをこのようにして、ポスターにし、そのデザインが環境大臣賞を獲得したようなんです。

いや~♪遅ればせながら、心からおめでとうですよね。

この方のおっしゃる通り、ペットへの周りの理解もうれしいことに、広がってきておりますが、一緒に暮らすペットの性格によっては、人が大勢いる避難所への同伴避難が難しい場合もあります。そういった天災が起こったときのために日頃からそういったペットたちもできるだけ環境に慣れてほしいという、メッセージが込められております。

正に、ペットも一緒に防災訓練ですよね。

そして、このポスター。どこに貼られていたかといいますと。

保健所

なんです。

保健所を擁護するわけではないですが・・・

私えたばりゅ。決して保健所を擁護するわけではないのですが、保健所は犬や猫などのペットをガス室に送り込む、殺りくマシーンが集うところと思ってらっしゃる方もおられるのではないでしょうか。

もちろん、日々ペットたちが保健所へと連れてこられ、その命を落としている現状は現実としてあります。しかしながら、これは保健所の職員の方が好き好んでボタンを押しているわけではなくて、

無責任な飼い主の尻拭いをしているんです。

保健所の方の中には実際にペットたちと暮らされておられる方もいらっしゃり、その個人差はもちろんありますが、今の現状を必死にどうにかしようと頑張っておられる方もいらっしゃいます。このポスターもその一環であると思うのですね。もちろん中には、少し前にニュースになったような持ち込まれた動物を虐待死させるような輩もいますが、あれはかなり特殊な人物だといっていいと思います。

ですので、保健所という場所で、こういったポスターを貼り、啓蒙を発信されておられるところが本当にうれしく感じられた次第でございます(^^♪

惜しむらくは、保健所内のほかのポスターなどと一緒に貼られていたということ。本当に素晴らしい発信なのにもっと目立つところに貼ればいいのにな。と思った次第でございます。

最後に

いかがだったでしょう。公的機関でこういった取り組みをしていただくのは本当にうれしいことですし、私からしてみれば、非常に心強いところだと思います。やはり、誤解を招きやすいところでのこういった発信はどんどんご紹介していかなければですね。ゆくゆくは保健所が出会いをもっとサポートするところになることを願わずにはいれないポスターでした。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペット お役立ち情報
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬・猫が食べてはいけないもの 2

こんにちは。えたばりゅです(^^) 獣医学の進歩などにより、少し前に比べると犬や猫たちが食べてはいけないものというのが、段々と知られてくるようになりました。以前は玉ねぎなどのネギ類が毒物という事は一般 …

迷いペットを保護したら

こんにちは(^^)えたばりゅです。 現在は日本も本当にペット文化になりましたよね。もちろん良し悪しについては、別ですが・・・。少し前に比べますと、ペットを飼育することが可能なマンションも、かなり増えた …

愛すべき内弁慶 脚のご報告

こんにちは(^^)えたばりゅです。 少し前の記事 そろそろ地面の温度注意報 で我が愛犬 愛すべき内弁慶。ブログネームたれ目ちゃん( *´艸`)。←友人moiさん命名。我が家の呼び名ラムが詳しい敬意など …

レプトスピラ 猪名川流域警戒してください

こんにちは(^^)えたばえりゅです。 本日は別の記事の予定だったのですが、急遽予定を変更してこちらの記事にさせていただきました。私えたばりゅの勤務地の近くに猪名川という、一級河川があり大阪・兵庫を縦断 …

ペット 天災時の備えと動物保護施設の見分け方

こんにちは。えたばりゅです。先日4月14日で、熊本地震から一年を迎えました。 被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられたすべての命にまことに僭越ではありますが、心からご冥福をお祈 …

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

生息地は神戸。
愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、現在とある夢に向かい、奔走中。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ