自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

動物・自然とのwinwinのために

オランウータンの顔のヒダヒダについて

投稿日:2017年11月23日 更新日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
先日、久しぶりに癒し系(?)カテゴリである、レストルームを更新し、ホッコリ画像vol.10 をご紹介した際、ある画像のある動物のある部分が気になった方が多くいらっしゃいましたので、今回はそのある動物のある部分についてどんな役割を担っているのか。このあたりをご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

森の賢者 オランウータンの顔についているヒダヒダについて

冒頭である動物のある部分と申しましたが、タイトルで丸わかりの通り、皆様が気になったのはオランウータン氏の顔のヒダヒダになります。


これがその問題の画像( *´艸`)

いかがでしょう。膨張し過ぎるくらい、膨張しておりますよね。オランウータンを簡単にご紹介するとオランウータンは英名は日本名と同じく Orangutan。学名は Pongo というヒト科オランウータン属に属する種の総称で霊長類の仲間になります。ヒト科に分類されている通り、私たちヒトに最も近い種族とされており、その知能の高さも目を見張るものがあります。生息地はインドネシアとマレーシアに2亜種が生息しております。その賢者という異名から、かなり穏やかなイメージもありますが、食性は植物食傾向であるものの、雑食性。そして、その握力はゴリ氏と同じくらい強力で、約500kgと、握手でもしようものならば私たち人間の骨など簡単に粉砕してしまう強さを兼ね備えております。

では、今回の記事の本番に参るとしましょう。

で、結局その賢者のヒダヒダはどういう役割なの?

オランウータンの顔にみられるヒダヒダ。私えたばりゅ。これは勘違いしておりまして、これは年齢を重ねたオスにみられる経験の証。いわば人間のしわや白髪などと同じようなものかと思っていたのですが、少しその役割は違うようなのです。

このヒダヒダはいわば強さの証。


こちらがフランジ(頬ダコ)を持つオス。こう見ると、威風あふれる姿ですよね( ^ω^)・・・

このヒダヒダ。オスのみにおいてみられるものになるのですが、すべてのオスにそのヒダヒダがついているわけではありません。そして、年齢においてもそのヒダヒダが年齢を重ねるごとに出てくるというものでもないのです。このヒダヒダがあるのは群れにおいて、最上位クラスのオスにのみ発達する器官で、それにも名前がついており

フランジ(頬ダコ)

と呼ばれております。一つの群れにおいてこのフランジを持つオスは約1頭になりますが、ひとたびそのフランジを持つオスが何かの拍子にいなくなる。もしくは死亡するとフランジを持たないオスの頬が急激に発達してくるということが分かっております。


こちらがフランジがないオス。いかがでしょう。フランジがあるオスに比べるとその容姿は全然違うのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

フランジを持つオス同士は凶暴なジャイアン同士

先ほど申しあげた通り、オランウータンは森の賢者という異名があるほど、その知性と穏やかな性格の印象が強い種類になります。しかしながら、このフランジを持つオスはかなり攻撃的な性格をしております。ひとたびフランジを持つオス同士が鉢合わせでもしようものなら、時には殺し合いに発展することもあり、フランジが発達することにより凶暴性が増すことも分かっております。

ただ、

フランジを持つオスがフランジを持たないオスに対する態度は、かなり寛容的であり例え近くにいようともフランジを持つオスが持たないオスを追い払ったり暴力を働いたりすることもありません。このあたりがチンパンさんと少し違う点なのかもしれませんね。

ちなみに

ではでは、ゴリ氏のオスにみられる頭のてっぺんの突起物。

これもフランジのようなものなのかというと、これは少し違うようで、ゴリ氏の咬む力に関係があるとされております。ゴリ氏はその力や握力もさることながら、咬む力も非常に強力でその咬力を支えるために頭頂部にも筋肉が備わっております。ですので、ゴリ氏の頭のてっぺんの、まるで七福神の布袋様を思わせるあのとんがりは筋肉ということになります。その筋肉を支えるためにゴリ氏の頭骨はシュワッチのごとく、とんがっております。

 

最後に

いかがだったでしょう。いや~~・・・このように疑問を投げかけてくださるのは本当にありがたいことで、私えたばりゅも新しい知識を取り込むための勉強をさせていただくいい機会になると喜んでいる次第でございます(^^♪ ブログネタにもなりますしw 

ウータン氏のあのヒダヒダにそのような秘密が隠されていたとは・・・(^^♪ もし、当ブログで、何かしら疑問に思うことがあれば、お気軽にご連絡いただけましたらと思います。・・・一応こういったブログですので、動物関連の事でお願いしますねw では今回はこのあたりで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-動物・自然とのwinwinのために
-, , ,

執筆者:


  1. Ran Ran より:

    最後のゴリ氏の写真、ウケます。

    というか、フランジって、不思議ですね。

    • えたばりゅ より:

      返信が遅れましたm(__)m
      ゴリ氏・・・いい味出してるでしょ( *´艸`) フランジは生命の神秘ですよね(^^♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウナギって毒があるの、知ってました?

・・・驚きました?? こんにちは(^^♪ 全国のウナギ屋さんとウナギ養殖業者様、そして全国のウナギ大好きな方にケンカを売る男、えたばりゅでございますw もうすぐ土用の丑の日。今年の土用の丑は7月25日 …

後世に残したい名曲 とある海原の歌い手

こんにちは。えたばりゅです(^^) こちらでは、私えたばりゅが私的感満載で後世までずっと親しまれてほしいなと思うの名曲をご紹介します。閲覧していただく方によっては、憧れのカリスマ図鑑同様、正直、え”~ …

黒船Amazon 待望の第2弾

こんにちは。えたばりゅです(^^) 私えたばりゅ。不覚にも同僚から教えてもらうまで全然気づかなかった(いいわけとして、ほとんどTV見ないw)のですが、あの巨大外資企業が放つCMの第2弾が配信されている …

猛毒農薬 ランネート

こんにちは。えたばりゅです。今回の記事は一部の方を不快にさせてしまう内容を含んでおります。 ところで、ランネートって、ご存知ですかね。 ランネート アメリカで開発された殺虫剤で、農薬にも使用されている …

クマ守犬 ベアドッグ

こんにちは。えたばりゅです(^^) 少し前の記事、色々な”番”犬達 で人間のために働いてくれる様々な ”番” 犬をご紹介させたいただいたのですが、もう一つ重要な番犬の存在のことを私えたばりゅ。ご紹介し …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ