魅惑の野生動物たち

【ゾウアザラシ】 最大6mの超巨大アザラシ 車さえ押しつぶすその巨体に魔王ホホジロザメもおののく!?

こんにちは(^^♪えたばりゅです。

自然界にたくましく生きる野生動物たち。強い者、優美な者、様々ですが、その姿と生きざまは、もはやカリスマといっても過言ではありません。

このコーナーは、そんな自然界に生きる様々な魅力あふれる野生動物たちにスポットを当ててご紹介するコーナーです。こちらでご紹介する動物が好きなあなたに楽しんでいただき、またさらに、その動物に興味を深めるコンテンツになっていますので、ぜひ最後まで楽しんでいただければと思います。

では、さっそく今回の野生動物、アザラシ界の巨人、ゾウアザラシをご紹介していきたいと思います。

ゾウアザラシ シャチやホホジロザメもたじろぐその巨体

ゾウアザラシは英名はそのまんまで、「Elephant Seal」という、ネコ目アザラシ科に属する海生哺乳類の仲間で、アザラシの一種になります。

その名の通り、ゾウのごとき大きな体が最大の特徴ですが、「ゾウ『Elephant』」と呼ばれるそのもう一つに理由として、ゾウアザラシのオスには大きな鼻が備わっており、こちらもその名前の由来となります。

ゾウアザラシは2種いる

実はゾウアザラシにはキタゾウアザラシ(学名:Mirounga angustirostris)とミナミゾウアザラシ(学名:Mirounga leonina)と呼ばれる2種類のゾウアザラシがおりまして、どちらも巨大なことには変わりないんですが、両者には色々と違いがあったりするんですね。

キタゾウアザラシとミナミゾウアザラシの違いとは

こちらはキタゾウアザラシの画像。

ではでは、キタゾウアザラシとミナミゾウアザラシの違いについて、どこがどう違うのか、その代表的なところをご紹介していきましょう。

キタゾウアザラシとミナミゾウアザラシの違い1.生息地域の違い

その名前に「北」と「南」が付いているので、ご想像されているかと思いますが、そのイメージ通り、キタゾウアザラシとミナミゾウアザラシでは生息している地域が違うんですね。

キタゾウアザラシの主な生息地域は、北アメリカ大陸西部の沿岸地域で、メキシコからアラスカにかけて生息しております。日本でも極々稀ではありますが、伊豆諸島などで、回遊中に迷ったと思われる個体が発見されたりしています。

方や、ミナミゾウアザラシの生息地は南半球である、南アフリカ南端、ニュージーランドなどから南極海にかけての島々。

主にサウスジョージア島など、亜南極地帯の島々がミナミゾウアザラシの一大繁殖地となっております。

キタゾウアザラシとミナミゾウアザラシの違い2.体格とフォルムの違い

キタゾウアザラシとミナミゾウアザラシのもう一つの違いは体格。どちらも巨大なのですが、ミナミゾウアザラシのほうがキタオオアザラシよりもより大型化する傾向があり、ミナミゾウアザラシはなんと最大クラスで約6.5mもの巨体を誇るんですね。

ここまで大きくなるのはオスで、その中でもかなり巨大な個体ですが、キタオオアザラシのオスも4mを超えることはざらにあり、これは間違いなく鰭脚類(アシカ・オットセイ・トド・アザラシ)の中では最大の大きさを誇る動物になります。

6mといえば、その長さのみでいえば、本家のゾウ(陸生動物最大種であるアフリカゾウ)にも勝るとも劣らない大きさですよね。

・・・といってもきすぎてあまりイメージが湧かないかと思いますので、こちらにゾウアザラシの大きさが一目でわかるちょうどいい動画がありましたので、ご紹介しておきます。

いかがでしょう・・・。その大きさというのがお判りいただけたのではないでしょうか。いや~・・・こんなのに車ドンドンされたら、もう不運と思うしかないでしょうね(;^ω^)

また、体はミナミゾウアザラシのほうが大きいものの、そのトレードマークともいえるオスの巨大な鼻はキタオオアザラシのほうが大きくなるんですね。

ゾウアザラシ 天敵たちも襲う時は決死の覚悟

こんな大きなゾウアザラシにも天敵は存在しまして、その天敵は、主にホホジロザメとシャチ

どちらも納得の天敵であるかと思いますが、いかなホホジロザメやシャチをもってしても、糧とするのはそのほとんどが、若い個体やメス。成長しきったオスは逆に自らが負傷する危険があるため、めったに襲わないとされております。

まぁ、6mに4トンとなると、もはや最大クラスのホホジロザメほどの大きさ。ゾウアザラシの平均的なオスの大きさである4mでも一般的なホホジロザメの大きさに相当します。確かにこれでは、襲う方にもかなりのリスクを伴うことがわかりますよね。

ちなみに、ゾウアザラシはかなり深海深く潜水できる種としても知られており、その潜水能力は約1500m~1700mにも及び、その潜水能力を生かし、イカや魚類などを捕食して生活しております。

ゾウアザラシ 一時期は激減するも・・・

19世紀に起きた商業目的としたアザラシ猟のために、数は激減、一時期は数百頭程度の生息数となってしまいましたが、その後の生息地域や個体の保護政策により、現在ではその生息数は回復しており、今ではキタゾウアザラシが約10万頭。ミナミゾウアザラシが約60万頭ほどにまで回復しております。

日本でも定住地ではないものの、伊豆諸島や千葉県の館山市でその姿が確認されております。(ただし、こちらは迷い個体で一時的に流れ着いた可能性が大きいです)

ただ、一時期数百万頭にまでその生息数が落ち込んだことで、遺伝子的に脆弱性がある可能性や、それに伴う病や人間が出す汚染物質により絶滅する危険性ははらんでいるといえます。保護政策で、せっかくここまで生息数が回復しておりますので、そのまま順調に種の存続を行えるべく、しっかりと保全していきたいものですよね。

最後に

いかがだったでしょう。今回はアザラシなどの仲間で最大の種である、ゾウアザラシをご紹介させていただきました。ゾウアザラシといえば、神奈川県にある、新江ノ島水族館飼育されていたミナミゾウアザラシのみなぞう君を思い出される方もおられるのではないでしょうか。アジなどのエサが入ったバケツを自分で抱えて持つなどの愛嬌のあるしぐさで人気だったのですが、2004年の10月に肺気腫による呼吸不全のため、その寿命を全うしました。

今現在では、こういったゾウアザラシはワシントン条約でその取引は厳しく制限されておりますので、ゾウアザラシが日本で飼育されているということはありません。ゾウアザラシにとってはそちらのほうがもちろんいいですよね。では今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

~関連記事~

アシカ・オットセイ・トド・アザラシ・セイウチ の違いを徹底解説!

こんにちは。えたばりゅです。 今回は、よく見間違えられてしまうアシカ・トド・オットセイとアザラシ、セイウチの違いについてバッチリ解説したいと思います。 こちらの記事を読み終えるころにはその紛らわしかっ ...

アザラシは可愛さ、巨大さ、獰猛さ3拍子揃った魅力的すぎる野生動物だった

こんにちは。えたばりゅです。 突然ですが、アザラシっていうと、どんな印象をお持ちです??やっぱり 可愛い、癒される といった感じではないでしょうか? しかしながら、このアザラシ、その印象とは裏腹に結構 ...

仲間募集!

-魅惑の野生動物たち

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.