自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

憧れのカリスマ図鑑

オオムラサキ 憧れのカリスマたち

投稿日:2017年12月3日 更新日:

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカリスマたちですので、閲覧していただく方によっては、苦手な種のご紹介もあるかと思いますが、閲覧者様の深海のような深く広い心で、何卒ご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
管理人の性別や性格上、少し勇猛な生き物に偏ることとは思いますが、そのあたりもご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
ちなみにこちらで紹介するカリスマ達の自然に暮らしている姿を拝見することは私のひそかな夢でもあります。

今回は、みんな大好き6本脚の御仁になります( *´艸`) ・・・といってもこちらのカリスマは6本以上の脚が苦手な方でも 少し前に タマムシ 憧れのカリスマたち でご紹介したタマムシ氏同様、許容範囲に含まれる方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、日本の国蝶としても知られている、オオムラサキという昆虫。結構有名なのでご存知な方も多いですかね(^^♪ ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

オオムラサキ 憧れのカリスマたち

オオムラサキは英名を Great purple emperor。学名を Sasakia charonda というチョウ目タテハチョウ科に属する蝶の一種で、種としての生息範囲は比較的広く、台湾、朝鮮半島、中国、ベトナムと台湾の一部、そして日本。日本での生息地は、北海道から宮崎県にかけて。主に雑木林を好んで生活しております。

・・・って、英名。すごいですね。偉大なる紫の皇帝ですよ(;^ω^)スゲー

しかしながら、その名前は決して伊達ではなく、タテハチョウ科の仲間では最大級の大きさを誇り、オスの羽は中心部が青紫に輝いて見え、まさに皇帝たる資質を兼ね備えた蝶といえます。(国蝶ですしねw)そして、その威風も実に皇帝らしい雰囲気を雑木林では醸し出しております。

時にはオオスズメバチすら追っ払う

このオオムラサキの成虫の主食は、クヌギ、コナラ、ニレ、クリなどの樹液。そして、この樹液はご想像の通り、オオスズメバチの成虫も好んで摂取します。そして、そんな樹液を摂取するために訪れたオオスズメバチを追っ払うこともあります。前述の通り、オオムラサキは蝶の仲間。カマキリのような鎌状の前脚があるわけでもなく、オオスズメバチのように力強い大顎や毒針を兼ね備えているわけでもございません。もちろん、某モスラ氏のように、触覚からビームを放ったり、鱗粉で相手にダメージを負わすこともできません。

では、なぜ日本の昆虫界でも最強クラスのオオスズメバチを追っ払うことができるのか。それは・・・

皇帝たるその威風なんです( *´艸`)

具体的に、どう追っ払うかというと、その羽を目一杯広げてオオスズメバチに「オラオラオラオラオラオラァ( ゚Д゚) 」って迫るんです。その鬼気迫る勢いに気おされてオオスズメバチは退散するというわけです。いや~~・・・有効な武器を何一つ持ってないのに、最強クラスの昆虫を追っ払うとは(;^ω^) 自然界でも気概というものは大事というところでしょうか。


こういう状態から・・・


オラオラオラァ( ゚Д゚)の後(;^ω^)

ね。結構やり手でしょ(;^ω^)

ちなみに国蝶の称号は、国で定められたものではなくて、日本昆虫学会によって制定されたものになります(^▽^;

 

生息する地域によっては、地域絶滅の危険性も

オオムラサキはかつて東京都内でも少し雑木林のある所に行くと普通に目にすることができる蝶でしたが、最近は街中ではその姿はほとんど見られなくなり、その地域によっては絶滅する危険性も危ぶまれております。環境省が定めるオオムラサキのレッドブックは以下になります。

その地域によっては、まだ多数生息している地域もありますが、東京都や大阪府のようにその姿が見られなくなってきている地域もあります。国の公式ではないとはいえ、日本を代表する蝶。しっかりと保全し、どの地域でも普通に目にすることができるようにしていかねばですね。

最後に

いかがだったでしょう。今回は偉大なる紫の皇帝、オオムラサキをご紹介させていただきました。有効な武器がないにもかかわらず、オオスズメバチを追い払うあたり、皇帝の威厳たっぷりといったところでしょうか( *´艸`) そんな皇帝がラストエンペラーになってしまわないように、見守っていきたいものですよね。では、今回はこのあたりで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-憧れのカリスマ図鑑
-, , ,

執筆者:


  1. Ran Ran より:

    孔雀的な感じの威嚇なんですかね。
    でも、それで通用しているのか。

    すごいな。さすが皇帝。

    • えたばりゅ より:

      でしょ( *´艸`)
      スズメバチが退散とはすばらしいハッタリ具合だと思います(^^♪

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タマムシ 憧れのカリスマたち

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

オウギワシ 憧れのカリスマたち

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

憧れのカリスマたち シマフクロウ

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

憧れのカリスマたち バショウカジキ

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

憧れのカリスマ達 ウンピョウ

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ