自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

憧れのカリスマ図鑑

憧れのカリスマたち ナポレオンフィッシュ

投稿日:2018年2月15日 更新日:

こんにちは(^^♪最近YKKさんのCMを拝見する度に涙腺緩みっぱなしのフォー(+1)野郎、えたばりゅです(T▽T)
このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカリスマたちですので、閲覧していただく方によっては、苦手な種のご紹介もあるかと思いますが、閲覧者様の深海のような深く広い心で、何卒ご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
管理人の性別や性格上、少し勇猛な生き物に偏ることとは思いますが、そのあたりもご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
ちなみにこちらで紹介するカリスマ達の自然に暮らしている姿を拝見することは私のひそかな夢でもあります。

いや~・・・このコーナーを更新するのも、めっちゃ久しぶりな感じがします。私としましては、更新のサイクルは変更していないのですが、運営するブログが多くなってしまったため、なかなかその登場頻度が少なくなってしまっておりまして(^▽^;

このコーナーを楽しみにしてくださっておられる多くの方、本当に申し訳ございません。

さて、久しぶりの登場になるこのカテゴリ。ご招待するカリスマを誰にしようか、悩みましたが、海洋系が長らくご無沙汰だなと思いましたので、今回はヒレの生えたカリスマにさせていただきます。ご紹介するのは、ナポレオンの名を冠したまさに威風堂々の御仁、ナポレオンフィッシュになります。では、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

憧れのカリスマたち ナポレオンフィッシュ

ナポレオンフィッシュは英名を Humphead wrasse。学名を Cheilinus undulatus という、スズキ目ベラ科に属する魚類の一種で、夏場によく食卓に並ぶキュウセンの仲間になります。ベラ科の仲間では最大になる種で、オスの体長は2mを超えることもあり、まさに私たちがイメージする、ナポレオンの姿にふさわしい威風堂々とした姿をしております。


GATAG より。撮影者:Jenny Huang

 

生息地は、インド洋、太平洋の熱帯海域にかけてに幅広く分布しており、日本では沖縄近海で目にすることができます。近年の温暖化の影響で稀に和歌山近海でも、目撃されることがあります。食性は動物食。ほかの小魚や貝などを頑丈なあごを使って捕食します。主に昼に行動する昼行性の種になり、夜は岩陰などで体を休ませております。

え・・・英名は「Napoleon Fish」じゃないの??(;´・ω・)

・・・それにしても、私えたばりゅはこのナポレオンフィッシュという、勇ましくカッコいい名前はてっきり英名から由来しているのだと思っていたのですが、ナポレオンフィッシュの英名は上記の通り、Humphead wrasse になります。英名は、 Great White Shark(ホホジロザメ)や Golden Eagle(イヌワシ)をはじめ、かなり日本人が耳にするとカッコいい名前がついているイメージがあるのですが、このナポレオンフィッシュに関しては、直訳すると

「コブ頭(Humphead)の波状雲(wrasse)」

になります。要するに「コブ頭で波状の雲のような模様を持った魚」という意味で、結構あっさりとつけられてるんだなという印象でした。今回は、日本名に軍配だな(((uдu*)ゥンゥン

・・・と思ったアナタ。実はナポレオンフィッシュには隠された秘密があるのです。

やはり日本名


Photo by (c)Tomo.Yun 
http://www.yunphoto.net

その秘密はといいますとですね。このナポレオンフィッシュ。正式和名というものがございまして、まぁ・・・いわば本名ですね。その正式和名は「メガネモチノウオ」さんとおっしゃるのです(`・ω・´)

・・・やはり日本名ですよね(^^;

私えたばりゅは、関西在住ですので、メッチャ端正な顔立ちの西洋人の方が実はバリバリに関西弁を操る方だったという感じがして、一気に親近感が増した次第でございますw

いわば、ナポレオンフィッシュは芸能人の方々がお使いになられている、芸名といったところでしょうか。この正式和名は、成魚が老齢期に差し掛かると、目の周りに黒いラインが現れてくることから、その黒いラインが眼鏡をかけているように見えることから、メガネモチノウオと呼ばれるようになったと考えられております。

では、ナポレオンフィッシュという別名が付いたのか。それは、同じく老齢期と共にナポレオンフィッシュの特徴である、頭のコブがかなり前方にせり出してきます。そのコブのせり出してくる姿が、ナポレオンが軍帽をかぶっている姿に重ねられたことから、そう呼ばれるようになったと考えられております。

せっかくの機会なので、ナポレオンのあの軍馬にまたがった颯爽たる姿も一緒にご紹介しておきましょう。

あ、帽子かぶってなかったw

いかがでしょう。

・・・

・・・ ・・・

う~ん・・・まぁ・・・そう見えなくもないような・・・。

という感じがしないでもないですが、その受ける印象は人それぞれかと思いますのでw

まぁ、どんな名前にしろ、ナポレオンフィッシュの威風堂々とした姿は、本当に魅了されるというところであります(^^♪

減り行くその威風

そんな、威風堂々さと親しみやすさが混同するナポレオンフィッシュですが、熱帯地域が主な生息海域ということは先ほどお伝えさせていただきましたが、それはその生息地がサンゴ礁がある場所を主に生息地としていることが理由としてあります。

現在、開発などの海洋環境破壊などによりサンゴ礁が群生する海域は世界規模で見ても著しく減少傾向にあり、その影響でその場所を生息地としているナポレオンフィッシュの個体数もかなり減少しております。

現在ナポレオンフィッシュはIUCN(国際自然保護連合)が定めるレッドリストでは、EN ランクに指定されております。

個体数の回復はもちろん、生息地の確保もナポレオンフィッシュの個体数を回復させる対策としては必須事項といえます。これ以上、生息地を減少させないため、またナポレオンフィッシュの生息数が回復するためにも、こういった発信はどんどん行っていかなければです。

最後に

いかがだったでしょう。今回は日本名にしては、素晴らしく勇ましく、カッコいい名前(芸名)がついたナポレオンフィッシュをご紹介させていただきました。この威風堂々とした姿はダイバーの方々の中でもやはり人気があるようで、このナポレオンフィッシュ目当てでダイビングをされる方もいらっしゃるようです。

そんな美しくも雄々しい姿をこれから先も是非見ていきたいものですよね♪ では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-憧れのカリスマ図鑑
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

憧れのカリスマたち ジンベエザメ

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

ニホンカナヘビ 憧れのカリスマたち

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

憧れ(?)のカリスマたち

こんにちは。えたばりゅです(^^) このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹 …

オヒョウ 憧れのカリスマたち

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカ …

太古のカリスマ 恐竜2

こんにちは(^^) 本日はお雛祭りですね(^^♪ しかしながら、お雛様関連の記事はさすがに、今の私えたばりゅの守備範囲では、レベルが高すぎるので、2日のお雛祭りイヴ、そして3月3日本番に敢えて、男の子 …

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ