動物雑学

動物雑学 なぜ人はゴキブリに恐怖するのか【閲覧注意】

更新日:

こんにちは(^^♪えたばりゅです。

このコーナーでは、動物に関する雑学などを取り扱っていきたいと思います。

あなたが生きる上で、必ずしも身につけないとならない必要な知識ではありませんが、色々な動物に興味を持つきっかけになったり、飲み会の話のネタに使えたりと、何かと便利なコンテンツになっていますので、ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

すいません。先にお詫びしておきます。今回は西洋人東洋人問わず、恐れおののき、忌み嫌らわれているあの存在。ゴキブリについて触れています。

禁断記事 人は何故 ゴキブリに恐怖するのか。

なんで、わざわざゴキブリを取り上げて記事にするかというと、これだけ嫌われている生き物って珍しくないですか?

っていうところなんです。

おそらく、ゴキブリを好きか嫌いかって聞かれると、性別、年齢、人種問わず、大体の方が嫌いって答えるんじゃないでしょうか。

でも、ゴキブリってフォルム的には、他の昆虫と大して変わらないような形をしてますよね。

黒光りしてるから??

いやいや、黒光りしてるのなら、カブトムシやクワガタだってそうです。

それなのにゴキブリだけが、異常に嫌われているというこの事実。

その理由、ちょっと気になったりしません??

そんなわけで、早速ゴキブリが嫌われる理由について、ご紹介していきたいと思います。

恐怖の理由

といっても、人類がゴキブリを嫌いな理由を科学的に証明がされているわけではないので、僭越ながら、私の勝手な想像になるのですが、ご興味ある方はお付き合いください。

先史時代、はるか昔には昆虫が苦手な方は卒倒しそうな巨大昆虫の時代もありました。

そんな時代には、便座ほどもある巨大ゴキブリも存在しており、私たちの先祖が捕食されていたんですね。

ですので、そのDNAが残っているのでは?

とも考えたのですが、巨大昆虫が生息していた時代なんて、犬・猫・人間などのカテゴリなどもちろんなく、哺乳類すら存在していたかどうかも怪しい時代。

もし、そのようなDNAが私たちに組み込まれていたのならば、犬や猫もゴキブリを避ける傾向があると思うんです。しかしながら、そのようなことはもちろんなく、愛猫の「戦利品」に気を失いかけたにゃんずの飼い主様もおられるのではないでしょうか。

勝手に考察1. 刷り込み効果

これは、どういうことかというと、私たちが生まれてしばらくはゴキブリ に対して、恐怖を抱いていないのではないかなと思うんです。

では、なぜ人間のほとんどの方が、ゴキブリに対し、恐怖を描くようになるのか。

それは、私が毛虫、イモムシ系が苦手なことを考えた結果なんです。

毛虫にイモムシ、今でこそ、苦手意識がありますが、幼稚園の頃はそういったこともなく、桜の木にぶら下がっている彼らを見て、むしろ触りに行くような幼少期でした。

それが、今ではなぜ苦手になってしまったかというと、母親はこういった存在が大の苦手で、見るたびにこっちがびっくりするような悲鳴を上げていました。

ですので、私えたばりゅもそういった光景を見て育つうち、イモムシ系が苦手になってしまったのではないかなと思うんです。

ゴキブリも同じで、あなたのご両親がかの存在を見るたびに悲鳴をあげたり、無心にスリッパをたたく姿を見て育つうち、ゴキブリが苦手になってくるのでなないかなと思います。

そして、あなたのご両親はあなたの祖父母のそのような光景を見て・・・という風に代々、Gに対する恐怖が各ご家庭で培われてきたのではという勝手な考察であります。

いわゆる、刷り込み

というものが影響してるのでは?と考える次第でございます。

勝手に考察2. 予測不可能でかつ、かなり俊敏な動き

私がまだ小学生くらいだったかと思うのですが、ある夜ふと目を覚ますと、天井に G が張り付いていたことがあったんです。

それだけならば、どうということはなかったのですが、天井に張り付いていたゴキブリが、いきなりこちらに向かって飛んできたんですね。。。

これにはさすがに軽くパニックを起こした記憶があり、このように予測不能な動きをけしかけてくるのも恐怖を抱く理由の一つなのかなと考えます。

また、

  • 超高速でこちらに突っ込んでくる。
  • タンスの陰からいきなり飛び出してくる。
  • 置時計を移動させたらそこにいらっしゃる。

などなど、こちらの虚をつくことが、ゴキブリが嫌われる理由の一つかなと考えます。

勝手に考察3.不潔なその印象

これは、やっぱそういうイメージが定着していますよね。

埃だらけのところに潜み残飯をあさる。

そういった印象から、まるで、雑菌が超高速で移動しているイメージ。

こういったイメージも、多くの方がゴキブリに対して恐怖心を描く理由になると思います。ただ、ゴキブリの名誉のために弁明しておくと、ゴキブリ自体は頻繁に体を舐めるなどして、自らの体を清潔に保つ生き物なんです^^;

勝手に考察4.死なないイメージ

ゴキブリって頭を切り落としても、しばらくは動くことが出来るんですよね。

なんでそんなことが可能かというと、ゴキブリは頭の脳とは別に胸部にも脚の動きをコントロールする、いわば第二の脳のような器官があるため、頭を切り落としても、しばらくは動き回ることが出来るんです。

もちろん、死なないことはなく、頭を切り落としてしまうと栄養を摂取できませんので、いずれ死亡することには変わりないのですが、G は死なないイメージ・・・というか、頭を切り落として死なないというのは、人の常識から逸脱しているので、恐怖の対象になっていると考えるのが、第4の理由になります。

以上のことを踏まえるとやはりあの法則が当てはまる

勝手に考察1.の理由はともかくとして、2~4の理由を考えると、やはりあの法則が当てはまるような気がします。

その法則とは、人は人の形状、常識とかけ離れば離れるほど、その存在に対し、恐怖を描く。

というものです。6本脚という時点で、かなり人の形状からは離れますので、昆虫類が苦手な方が多いのはこのような法則があるからだと考えます。

それに加え、

超高速で予測不能な動きをする不潔なところで残飯をあさり、何でも食べる。

挙句には死なない。(あくまでイメージです。)

このようなイメージから、G が比較的苦手な方が多い昆虫類の中でも特に恐怖を頂かれる理由になるのかなと思います。

最後に

いかがだったでしょう。・・・いかがもクソもないですよね。

いや~~!本当に申し訳ない(;^ω^)ここまでご覧いただいた方には、本当にただただ感謝でございます。

しかしながら、忌み嫌われる生き物とはいえ、ゴキブリもやはり生ある存在。何とかそのイメージを少しでも挽回したいですが、ムリかな~。。。

とりあえず、大丈夫なようであれば、話のネタに使ってやってください。では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

-動物雑学
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.