後世に残したい風景

【超和み】大阪能勢妙見山近郊の雨の日風景

こんにちは。えたばりゅです

今回は、大阪の最北端の地、能勢妙見山の雨の風景をご覧いただこうと思います。街中では雨というと、足元が濡れたり、公共の交通機関が遅れたりと、あまりいいイメージがないですが、こういった山林地帯のシトシトと降る雨の様子は、どこか心を和ませてくれるものがありましてですね。

良ければ、そんな和みを体感していただければ幸いです。

後世に残したい風景 雨模様

雨の日は心なしか、森の色が全体的に濃くなるんですよね。緑が増すというか・・・。そして、どことなくと落ち着いた雰囲気にさせてくれるんです。

もちろん、豪雨ではそんな悠長なことも言っておれないのですが、この日はしとしとタイプの雨。せかせかとした気持ちにブレーキをかけてくれます。

いかがでしょう。葉の色、森の色。深みがちょっと増している感じがするのではないでしょうか。

こちらは苔。どうです??ナイス発育でしょ。やっぱり山の中は苔も発育バッチリのようです。

こちらは、おそらくつつじの一種。

いかがでしょう。街中での雨となると、どうも鬱陶しい感じが先立ちますがこのような山中であれば、どこかしっとりというか、落ち着いた雰囲気にさせてくれるんですよね~。

最後に

いかがだったでしょう。今回は、大阪最北端の地、能勢妙見山の梅雨時の雨模様の画像をご紹介させていただきました。少し視点を変えるとまた雨の日もいいものになると思っていただけたということを期待しつつ、雨の日のイメージが少しでも向上すれば、うれしいかなと思います。

まぁ・・・、雨も降らないと、作物も育ちませんし、恵みの雨という言葉もありますし、雨もせっかくの天候の一つ。どうせなら楽しんで雨の日も過ごしたいものですよね。 環境的に言えば酸性雨という問題もあり、改善すべき環境問題はまだまだ多くありますが、雨も自然の一部。これから先も大地を潤してほしいものだと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

私えたばりゅ、僭越ながらphoto AC さんにクリエイター登録させていただいておりますので、気に入った画像があればどんどんダウンロードしてくださいまし(^^)

えたばりゅ photo AC プロフィールページへ

-後世に残したい風景
-,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.