自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ニュースに反応

宇治の野犬報道

投稿日:

こんにちは(^^) えたばりゅです。
こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと思いますm( _ _ )m

先日から京都宇治のほうで、シェパードらしき犬が鹿を襲ったという報道がされておりました。まぁ・・・これをみて、またか。。。って思ったのは言うまでもないですが、、、。今回の記事は管理人である、私えたばりゅの個人的感情ありまくりの記事ですので、まぁ・・・聞いてやるか(・・)ノ っていう方。もしよろしければお付き合いくださいましm(__)m

宇治の野犬騒動のニュースをみ(てしまっ)て

先日宿直を終え、帰宅し何気なしにTVをつけると、昼のニュース番組がたまたま映り、京都の宇治市でシェパードと思しき犬が鹿を襲っていたとの報道がされておりました。襲っている動画でもあるのかと思うと、そういった動画ではなく一般住民から提供されたであろうシェパードらしい犬が鹿を咥えている静止画像を紹介し、「鹿を襲った」と大々的に報道しておりました。

ニュースってこれでいいの?

この静止画をもとに、目撃証言も織り交ぜながら、注意喚起などしておられましたが、目撃証言によると、この鹿を咥えた犬がいたということでした。

京都宇治市で野犬が子鹿襲う 目撃情報も相次ぐ

MBS NEWS 関西のニュースより

動物である以上、「襲う」のは当たり前

確かにジャーマンシェパードドッグは、個体によっては他の種に対して攻撃性を出すこともありますが、それはあくまで個体の可能性の部分であり、これは何もジャーマンシェパードに限らず、チワワでも同じことです。また、犬は基本雑食とはいえ、食性は肉食に近い雑食。本能から、他の種に対しての攻撃性を出すことはよくあることであり、その本能を利用したのが猟犬となります。

また、人間なんて捕食目的以外でも、頻繁に他の生物を「襲って」おりますよね。自分の欲求目的(スポーツハンティング)であったり装飾の確保であったり。

飼い主の責任という根本問題が皆無

また、この犬のことが報道されていた時、その飼い主のことについては「この地域でシェパードが逃げたという連絡が入っていないので、他の地域から来た飼い主が捨てた可能性がある。」とサラサラっと、コメントがあったのみ。野良犬であれば、飼い主はいないだろうと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、今回報道されていた犬はジャーマンシェパードドッグの可能性が高く、私えたばりゅもそのニュースの画像を見たとき、おそらくジャーマンシェパードだろうと思いました。

となると、純血種。野良犬はいるものの、純血種で生粋の野良犬というのは、いないとは言い切れませんが、限りなく可能性は低くなります。なぜなら、人間がかかわれば意図的にその犬種同士で交配させることになりますが、野良犬同士、または片方が野良犬の場合も、犬が自分の犬種と同じ犬種の犬を選定して交配することはないからです。

例えば、

  • 野良シェパード
  • 野良ダックスフンド
  • 野良セントバーナード
  • 野良チワワ etc

・・・きいたことないですよね。

ということは、この犬がジャーマンシェパードであった場合、かなりの確率で飼い主がいる(いた)ということになります。

となると、小学校などが近くにあるような環境で、飼い主がジャーマンシェパードのような大きな犬を放し飼いにしている。もしくは捨てた。ということになり、飼い主の責任はいずれにせよ重大であるといえます。といいますか、私えたばりゅにはこちらのほうの問題がかなり大きいと思わずにはいられないのですが。

そういった根本の大きな問題にはほとんど言及せず、終始の情報を確認もせず、シェパードが鹿を咥えている静止画を取り上げ、視聴者の恐怖心を煽り立て、近隣住民の「怖い」「恐怖だ」といった類のコメントのみを流すその報道。

とてもではないですが、公平性を保っている報道とは思えず、もう少し根本の問題にも言及してほしいと思うところであります。

犬に対する恐怖心を煽る前に、なぜそのような経緯になるに至ったか、そもそもその根本を作った飼い主の責任問題はどうあるべきなのかなどを重点的に報道すべきではないのかなと思う次第でございます。

最後に

いや~・・・。なんというか、いや。何とも言えないです。

やはり、ニュースといえど、報道内容を鵜呑みにする前に本当にそうなのか。という疑問を持つことがやはり大事だといえそうです。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ニュースに反応
-,

執筆者:


  1. マツダマサヒロ より:

    今回の宇治市の騒動の原因は、誰かが捨てた、放棄したでしょう。
    私も10年前に山中でゴールデンレトリバーが木に繋がれて、4頭放棄されていたのを見つけて、連れ帰った出来事とよく似ていると思います。恐らくブリーダーでしょう。
    シェパードは狩猟本能があるので、鹿位は捕まえるのは当たり前のこと。
    それが物凄い恐怖というのであれば、ハンターが連れている猟犬、ビーグル、紀州犬、ポインター、柴犬、甲斐犬など殆どの犬種が狩りはします。ニュースは必要以上に恐怖心を
    あおっている!と感じています。

    • えたばりゅ より:

      記事の閲覧、ならびにコメントいただきありがとうございます!
      そのようなことがあったのですね・・・。僕も仕事柄、山中にくくりつけられた犬は何度か経験があるのですが、本当に逃げられないような状態にして遺棄するなど、あってはならないことだと思います。そして、今回の宇治の問題。飼い主の責任についての問題をクローズアップせずに、犬のほうにばかり、視聴者の意識を向けようとする報道のあり方は本当に疑問ですよね。仮にもTV番組という看板を背負っているのであれば、報道内容に関して、もう少し深いところまで突き詰めていただきたいと思うところであります。

  2. ボニー より:

    最後まで飼えなかったのでしょうかね、それにしても取材もいかないなんて報道いけてませんね・・処分されてしまったのでしょうかね、何とも言えないニュースですね(´・ω・`)

    • えたばりゅ より:

      いや、おっしゃるとおりですよ。
      あれから、情報は入ってきておりませんが、無事にいる事を望むばかりです。
      安易な遺棄をなくすためにも、動物遺棄に関してはもっと厳罰化すべきだと思います(ーー#)

  3. バカワイン より:

    これはばりゅさんの言う通りだと思いますよ。
    報道も方法によって、捉え方が様々だと思いますが、正確な情報を客観的にしてほしいと思いますよ。
    そしてペットについては、飼い主の質がめすます問われますね。

    • えたばりゅ より:

      そういっていただけると嬉しいですm(__)m
      やはり、TVは公平性をもって報道してほしいと思います。
      飼い主の責任やなぜあの犬が放浪することになったのか。
      まず一番の原因はそこですもんね。。。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロシアにすむ獣王。無事森の王位へと帰還。

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

ハヤブサ 都会暮らしへ

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

フロリダより犬の恩返し

こんにちは(^^)えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたらと …

真夏の恐怖 血だらけの足

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

南米の脅威 ヒアリ 大阪でも

こんにちは(^^)えたばりゅです。 今日は七夕ですね。しかし当ブログは七夕とは全く無縁のブログコンテンツ。多くの方が織姫と彦星に思いをはせながら、笹の葉サ~ラサラ~♪ な気分の時も、当ブログは普段どお …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ