個性あふれる日本在来種たち

空の昆虫キングオニヤンマ ホバリング状態から一気に70kmに超加速!

こんにちは。えたばりゅです。

今回は、日本に生息する空における最強クラスの昆虫、オニヤンマをご紹介したいと思います。オニヤンマは日本に生息するトンボの中では、最大の大きさを誇っていることで有名ですが、その飛翔能力も非常に優れておりまして、そのスピードはもちろんのこと、飛翔形態も超バリエーションに富んでるんですね。

今回はそのあたりも触れつつ、オニヤンマの魅力にバシッと迫っていきたいと思います。

ホバリング、急旋回、超スピードどんとこい!オニヤンマの飛翔能力は鳥を含めても最強クラス!

オニヤンマは、英語名を「Golden-ringed dragonfly」、学名を「Anotogaster sieboldii」という、トンボ目オニヤンマ科に属するトンボの仲間で、北海道から沖縄県の八重山諸島にかけて、幅広く分布しており、特に山間部や澄んだ小川など、清流のほとりを好んで生活の場としています。

言わずと知れた日本に生息するトンボの中では最大を誇るトンボで、その体長は約12cmにも及ぶことがあるんですね。そして、口にはとんでもなく力強い大あごが備わっており、その大あごを使って飛翔しながら、蛾や蝶、ハチなどを捕食しています。

巨体で大きな顎も備わっているということで、日本に生息する捕食性の昆虫たちの中でも最強クラスに位置し、同じく最強と噂されるオオスズメバチや、オオカマキリとは非常に均衡な力関係にあり、これらを捕食したり、逆に捕食されたりしながら、覇を競っております。

~こちらも読みたい~

最強はだれだ!?日本最強と名高い昆虫たち【超厳選5種!】

こんにちは。えたばりゅです。 今回は、数多いる日本在来種の昆虫の中でも、最強と名高い昆虫たちを選りに選りすぐって5種ご紹介したいと思います。 ではでは、私的感MAXではございますが、最後までお付き合い ...

続きを見る

ちなみに、この大アゴで咬まれると人間でもかなりイタイです。出血することもあるんで、オニヤンマにむやみに指などを近づけるのはやめておきましょうね。


こんなふうに手に留まらせておくとオニヤンマ氏の機嫌によってはバクッといかれることも・・・(T▽T)

オニヤンマはヤゴの頃から周りが震え上がる暴れん坊

そんなオニヤンマ、幼虫の頃は、他のトンボの幼虫と同じく、ヤゴと呼ばれているんですが、そのヤゴの頃からも非常に貪欲な捕食者で、初めの頃はボウフラなどの小さな水に住む昆虫などを捕食しているのですが、約10回の脱皮を経て終齢幼虫になるころには約5cmほどに成長し、その頃になると小魚やカエルなどを捕食するようになるんですね。こちらはオニヤンマのヤゴが魚を捕えている動画。

この動画では、ガッチリとヤゴの顎が小魚を捕えていますが、実はヤゴには秘密兵器があって、この下にも顎があって、その顎が伸びる構造になっているんですね。そして、獲物が指定距離に入ってくると、その伸びる顎を瞬間的に伸ばして獲物を捕らえるというわけです。

いわば、カメレオンの下が鋭いギザギザの大アゴになった感じですね。

そして、ヤゴの時期を約5年過ごした終齢幼虫は、成虫への羽化の準備のため、しきりに水から出て呼吸の練習などを行い、完全変態を遂げて成虫へと羽化します。ちなみにヤゴという名前の由来は諸説あるようですが、ヤンマの子→ヤゴ。というのが有力な説のようですね。

そして最強の飛翔力と機動力を持つオニヤンマへと成長

そしてヤゴから変態を果たしたオニヤンマは日本のトンボでは最大クラスの巨体に成長します。そして、体が巨大な割に、かなり飛翔能力が長けているのも、オニヤンマの特徴でして、普段は約8km/hほどのスピードで飛行していますが、そのトップスピードはなんと約70km/h以上にもなるとされているんですね。そしてそして、ただ単にスピードが速いだけではなく、ホバリングや急旋回も可能。極めつけはホバリングからすぐにトップスピードに乗ることもでき、その逆もまた然り。

この飛翔能力は昆虫界はもとより、鳥も含めてその飛翔能力は頂点クラスに位置します。ホバリングしていたかと思えば、いきなりのトップスピードにそこからの急旋回、そして急停止してのサイドのホバリング。例えるならば、瞬間移動するドーピングヘリコプターというところでしょか。

巨体なのに、この機動力。優れているのはその戦闘能力だけでないんですね。

やはり成虫になると儚いその命

このように空を飛ぶ昆虫の中では最強クラスのオニヤンマ。しかしながらヤゴ時代、約5年を経てオニヤンマに成長した後の寿命は短く、オニヤンマに変態したのち、捕食を繰り返しながら1~2か月の間に生殖機能を成熟させ、交尾を行い、その後は次世代にその命のバトンを引き渡し、その生涯を終えます。その戦闘力、飛翔力とは裏腹に成虫期間は非常に短いといえ、成虫になってからのその命はセミやカゲロウ、そしてホタルなどと同じく、はかないといえるのではないでしょうか。

体長約70cm!!オニヤンマをはるかに凌駕する古代に生息したお化けトンボ

オニヤンマは日本最大のトンボというのは先ほどご紹介させて頂いた通り。ではやはり気になるのは世界最大のトンボですよね。世界最大のトンボは、主にオーストラリアに生息するトンボでムカシテイオウヤンマという種類のトンボになります。その大きさは約16cm。日本最大のオニヤンマよりも、かなり大きいですよね。

しかしですね。

古代には、虫嫌いの人なら卒倒しそうな、巨大昆虫時代といわれた時代がありその時期に生息していたトンボはなんと、約70cm!・・・いや、怪獣ですよ。。。実際あの世界的スターゴジラの映画にもメガギラスという飛翔怪獣がおり、それはこのメガネウラがもととなっております。こんなのが飛んでいたら・・・やっぱり軽く恐怖ですよね。

最後に

いかがだったでしょう。オニヤンマ。やはりその大きさに見合う、昆虫ですよね。オオスズメバチやオオカマキリとやり合えるだけで、とんでもない強さというのが分かります。そして、超カッコいいフォルムに巨大な体、抜群の機動力、そして、英名の「Golden-ringed dragonfly(ゴールデン・リングド・ドラゴンフライ)」・・・最高潮に漢心をくすぐる昆虫と言えるのではないでしょうか。そんなオニヤンマに迫る勢いのギンヤンマ。こちらはトップスピード、なんと100kmなんだとか。。。いや~~・・・ヤンマ、おそるべしですよね。ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

-個性あふれる日本在来種たち
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.