魅惑の野生動物たち

スピノサウルス 憧れのカリスマたち

更新日:

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカリスマたちですので、閲覧していただく方によっては、苦手な種のご紹介もあるかと思いますが、閲覧者様の深海のような深く広い心で、何卒ご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
管理人の性別や性格上、少し勇猛な生き物に偏ることとは思いますが、そのあたりもご容赦いただけましたらと思いますm(__)m

今回ご紹介したいカリスマは憧れようが焦がれようが、もう絶滅してしまっておりますので、もちろん会うこと叶わぬカリスマになります。逆に今いらっしゃればちょっと熊が出た( ̄(工) ̄) どころの騒ぎではなくなる存在でございます。

そちらの御仁はある映画を皮切りに一気に有名カリスマへと登りつめた太古の生き物でございます。これでもうお分かりかと思いますが、今回ご紹介したいのはスピノサウルスという恐竜でございます。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

スピノサウルス 憧れのカリスマたち

スピノサウルスは英名、学名共に(というか日本名も)Spinosaurus という、獣脚類(一般的に肉食恐竜を指します)の一種で古代アフリカ大陸に生息していました。体の大きさは約15~17mもあったとされ、T-REX(ティラノサウルスレックス)を凌ぐ史上最大級の大きさを誇ります。

冒頭でもお伝えしましたが、この恐竜はある映画が上映されると同時に一躍大スターへと登りつめました。その映画とは言わずもがなですが、2001年に公開されたジュラシックワールドシリーズの3作目に当たる、ジュラシックパークⅢになります。

私えたばりゅもそうなのですが、いきなり帆をつけた異形の恐竜が登場し、現在まで映画を含めて史上最強の恐竜と言われていたT-REXを打ち負かしたシーンはあまりにも衝撃的だったのではないでしょうか。

・・・ただ、こちらのシーン。実際の古代の世界ではあのような対決は有り得なかったことも分かっています。ではなぜそういったことが分かるのか、今からご説明させていただこうと思います。

恐竜界のカリスマ T-REXとの相違点

これは単純に生息域と生きた時代が違うからなんですね。

T-REX(ティラノサウルスレックス)

生息地域:現代の北アメリカ大陸

生息時代:中生代白亜紀末期(約6850万年~6550万年前)

スピノサウルス

生息地域:現代のアフリカ大陸

生息時代:中生代白亜紀前期~後期(約1億1200万年~9500万年前)

いかがでしょう。T-REXは現代の北アメリカ大陸、スピノサウルスは現代のアフリカ大陸、そして生きた時代は同じ白亜紀という時代であるものの、その隔たりは焼く2650万年もの隔たりがあり、あのシーンは架空のシーンであるということが分かります。

ちなみに人類が霊長類から分岐したのがほんの約600万年前とされておりますので、スピノサウルスとT-REXが生きた時代は私たち人の歴史の4倍以上の時代の隔たりがあるということですね(^▽^;

他にも最新の考古学の研究によってスピノサウルスについてあることが分かっております。

スピノサウルスは基本四足歩行だった

最新の研究では、スピノサウルスは水中に適応したワニのような生活をしており、後肢が短かったことが判明しました。この研究によって、スピノサウルスが2足歩行を常時行うには筋力量が足りないことと、後肢の長さを計算すると2足歩行ではバランスをとることが難しく、水中主体の生活を営んでいたことが分かっております。

また、映画のようながっちりとした体格ではなく、どちらかといえば華奢な体格をしており、魚食に適した体格であることが分かってきております。また体長ではT-REXを凌ぐものの体重のほうはT-REXのほうが重かったことも最近の研究で明らかになってきておりますので実際にもしこのような対決があれば、T-REXに軍配が上がると多くの専門家は見ているようですね。

本当はもっと前から発見されていたスピノサウルス

かなり最近になって、発見されたイメージが強いスピノサウルスですが、最初ほぼ全身骨格化石が発見されたのは1915年と意外と古く、その骨格はドイツの博物館に展示されておりました。しかしながら、第二次世界大戦時にミュンヘンが空襲に遭い、その博物館もろともスピノサウルスの骨格は破壊されてしまったのです。

そして、2013年にかなり状態の良い化石が発見されるまでは、ほとんど謎の恐竜とされていたんです。

・・・ということは、

ジュラシックパークⅢが公開されたのは2001年。その時は状態の良い化石はなかったといえます。その状態から多少の違いはあるものの、あそこまでのスピノサウルス像を造りだした、製作者はやはりさすがと言うほかないのではないでしょうか(^^♪ ちゃんとスピノサウルスが水中で自在に移動するシーンもありますし♪

そう考えるとやはり恐竜は最新の研究で姿がどんどん変わってくるところも面白いところではないでしょうか。ちなみに私えたばりゅが幼少期のころの肉食恐竜像の違いを挙げてみると

  • 肉食恐竜は全般に尻尾を引きずって歩くいわゆるゴジラ型をしていた
  • 変温動物ではなく恒温、もしくは中温動物だった可能性が出てきている
  • 羽毛が生えていた種もいる
  • 子育てを行っていた種もいる

などなど♪

中温動物とは恒温動物のように常時体温を一定に保つ能力は兼ね備えていないものの、体の機能を使い、外温よりも自らの体温をある程度高く保つ機能が備わった動物のことを言います。現在でいうと、マグロやホホジロザメなどがそういった体温調整機能を備えております。

いかがでしょう。わずか十数年の間にこれだけの違いが出てきてるんですね。未来の恐竜像は今の私たちが描いている常識の姿とはまた違ってくるのかもしれませんね・・・(^^♪

最後に

いかがだったでしょう。今回は恐竜界の2大スターとも言っても過言ではないスピノサウルスをご紹介しました。2足歩行ではないとはいえ、その時代・地域の頂点捕食者として君臨したまさに王者と呼ぶにふさわしい恐竜といえると思います。そして、これからの研究でまた新たなことが分かる可能性があるのも楽しみなところでありますよね。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

・・・ザ・宇宙恐竜、チンタオサウルスは我が永久欠番w

-魅惑の野生動物たち
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.