魅惑の野生動物たち

ライチョウ 憧れのカリスマたち

更新日:

このコーナーは、私えたばりゅが、まだ自然界で暮らしている姿を目にしたことがなく、その自然界そのままの姿をぜひとも一度は見たいと思っているマイカリスマ的な生き物をご紹介するコーナーです。私が思う憧れのカリスマたちですので、閲覧していただく方によっては、苦手な種のご紹介もあるかと思いますが、閲覧者様の深海のような深く広い心で、何卒ご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
管理人の性別や性格上、少し勇猛な生き物に偏ることとは思いますが、そのあたりもご容赦いただけましたらと思いますm(__)m
ちなみにこちらで紹介するカリスマ達の自然に暮らしている姿を拝見することは私のひそかな夢でもあります。

今回ご紹介したいカリスマは、日本ではごく一部の地域に生息する留鳥になります。日本では元々狭い生息地域に加え、近年の生息数減少でかなり儚いイメージが強い鳥ですが、世界のいたるところで仲間が暮らしている鳥。ライチョウを今回はご紹介したいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ライチョウ 憧れのカリスマたち


冬のライチョウ

ライチョウは英名を、Ptarmigan もしくは、Rock ptarmigan。学名を Lagopus muta japonica という、キジ目キジ科ライチョウ属に属する鳥の仲間で、日本で生息するライチョウのほか、世界に16種の亜種が暮らしております。どの亜種も生息地域は北の国に集中しており、世界での生息地は、イギリス、フィンランド、アラスカなど。そして、その生息地域はいずれも高山地帯となります。

もともと、狭かった生息地

日本では、限られた地域にしか生息していないため、かなり稀有な印象がありますが、元々19世紀以前の生息地も、中部・北陸地方の山岳地帯に限られており、その生息地は限定的であったとされております。とはいえ、生息数としては決して多くなく、現在では新潟から長野県、山梨県、静岡県に連なる赤石山脈などに合わせて3000羽が暮らすのみとされております。

また、ライチョウは漢字で書くと雷鳥と、勇ましげな名前ですが、名前とは裏腹に大人しい性格で天敵も多く、近年の温暖化に伴い、天敵のテンやキツネなどがライチョウの生息地に侵出しているほか、エサの競合相手であるイノシシやニホンシカなども高山進出をしており、加えて生息地の破壊などもあり、ライチョウの未来は現在のところあまり明るいものではございません。もしこのまま、温暖化が進み、現在の平均気温より3℃上昇すれば、日本のライチョウは絶滅するだろうといわれております。

ライチョウという種全体で見れば、現在のところ、絶滅する可能性は低いとされており、IUCN(国際自然保護連合)が定めるレッドリストでもこのような評価になっております。

しかしながら、日本に生息するライチョウのみにスポットを当てると、かなり生息数的には厳しい状態で日本の環境省が定めるレッドブックにおいては、絶滅危惧ⅠB類に分類されております。

 

これ以上危険度が増さないように、しっかりと保全していかなければですね。

ライチョウ その名前の由来


こちら、夏のライチョウ

先ほど申し上げた通り、ライチョウは漢字で書くと雷鳥となり、かなり勇ましげな名前になります。本人(鳥)さんはいたってそのようなことはなく、食性も雑食であるものの、その主食は植物の芽であり、タンパク源も昆虫で摂取しております。ではなぜ、このような勇ましい名前が付いたのでしょうか。

ライチョウの名前の由来には諸説あり、有力な説としては

  • 天敵を避けるために、雷が鳴るときに活動することが多いことから、雷の鳥。雷鳥になったという説
  • 雷避けの進行と結び付けられ、雷鳥となった説
  • 深山(みやま)、すなわち深い山の中に生息することから神の使いとされていたことから、霊鳥(れいちょう)が雷鳥になったという説

などがあります。

雷の鳥・・・すなわちサンダーバードですよね。。。シブい名前ですが、どうしても私えたばりゅにはあの人形たちが脳裏にちらついてしまうのです(T▽T)サンダァ~♪バァドォ~♪

かなり特徴的なその鳴き声

ライチョウの鳴き声。イメージ的にはかなり高い鳴き声なイメージがあるのですが、その実際の鳴き声はかなり特徴的で、こちらも少しイメージとは離れたものかと思います。動画サイトにライチョウがメスを呼ぶ鳴き声を収めたものがありましたので、ご紹介したいと思います。

いかがでしょう。かなり思い描いていたイメージとは違っていたのではないでしょうか。様々な意味で魅力あふれる鳥ライチョウ。ぜひ生息数の回復を望むところであります。

最後に

いかがだったでしょう。今回は日本を代表する鳥の一翼でありながら、その生息数はかなり限定的なライチョウについてご紹介させていただきました。神の使いとされる幻の鳥。本当に幻になってしまわないようしっかりと保全を行い、その生息数をぜひ回復させたいものですよね。将来日本アルプスの山々にライチョウのだみ声が響く(のかな^^;)ことを願って今回は締めたいと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

 

-魅惑の野生動物たち
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.