自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

動物・自然とのwinwinのために

ジムグリとヒバカリ日本の珍しいヘビ

投稿日:2017年11月20日 更新日:

こんにちは(^^♪ えたばりゅです。先日・・・ある衝撃の事実を知ってしまいました。
それは、私えたばりゅが尊敬する友人の一人であるkazuさんのブログを拝見していた時の事。kazuさんは、ジムグリというヘビを久しぶりに見たよ~~( *´艸`)(←実際のkazuさんのブログはこんな軽い感じではなく、とても勉強になるブログですm(__)m )という記事を発信しておられたのですが、、、私えたばりゅは、え・・・(´・ω`・)エッ?じむぐり?となった次第でして。早い話が知らなかったんですよね(T▽T)ジムグリっていうヘビを(T▽T)

kazuさんはつい先日に定年退職をされ、現在は植物の事や日本の神社、お祭り、そして愛するハイエースのことをブログで発信されておられる仙人様になります。さすが仙人様の発するブログ。私えたばりゅ、kazuさんのブログでは自分のあまり得意分野ではない植物の事を特に日々勉強させていただいておる次第です。そんな中でサラッとお♪久しぶり(^^♪的な感じでジムグリ氏が紹介されていたわけで・・・。

そんなkazuさんがジムグリ紹介ブログはこちら→ジムグリ|日本固有のヘビ

そこで今回は有名処は置いといて、日本固有のヘビを2種ご紹介させていただこうと思います。ではでは今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ジムグリとヒバカリ日本の珍しいヘビ

いや~~・・・これにはビックリというか、灯台下暗しというか、思い込みというか、とりあえず、色々な学習をさせていただきました。何しろ、私えたばりゅ。日本に住むヘビは

  • アオダイショウ
  • ヤマカガシ
  • ニホンマムシ
  • シマヘビ
  • ハブ

の5種のみと思っていましたから。(ウミヘビは除いています。)では早速他の2種のヘビをご紹介しようと思います。

ジムグリ

こちらはkazuさんのブログでもご紹介されていたのですが、英名を Japanese Forest Ratsnake。学名を Elaphe conspicillataという、有隣目ナミヘビ科に属するヘビの一種で毒はありません。主食はネズミやモグラなどの小動物で前述の通り、日本の固有種になります。こちらのジムグリについてはkazuさんのブログで詳しくご紹介されておりますので、ぜひ是非 ジムグリ|日本固有のヘビ にGOしていただけましたらと思います。では、もう一種のあまり知られていないヘビ、ヒバカリについてご紹介しようと思います。

ヒバカリ

ヒバカリは有隣目ナミヘビ科ヒバカリ属に属するヘビの一種で日本では、本州、四国、九州などに生息するヒバカリと男島に生息するダンショヒバカリの2種が生息しております。体長は約50cmと日本に住むヘビの中では小型の部類に入ります。低地森林の水辺を好む習性があり、その食性は主に魚やカエル、そしてミミズなど。水辺の生き物を摂食しております。まぁ、それはさておき、このヒバカリという名前。気になるところではないでしょうか。この名前にはやはり由来がありました。

ヒバカリ その名前の由来

ヒバカリはかつては強力な毒を持った毒蛇と考えられていました。ですので、咬まれたら最期、その日ばかりで命日が来る。といったところから、ヒバカリとなったとされております。いや~・・・実際にこんな強力な毒を持っていたなら、日本では間違いなく最強の毒の強さであり、海外を含めてもその毒性はトップクラスに位置するヘビになると思います。もちろん、実際は毒はなくその性格も温厚。あまり追い詰めたりすると咬まれることはありますが、基本的に滅多にかむことはないといわれております。それにしても、なんでこんなうわさが立ったのでしょうかね(;^ω^)これについては目下調査中であるので何かわかり次第、記事にさせていただきたいと思います。

減少する生息数

ジムグリについては残念ながら生息数の情報は得られませんでしたが、ヒバカリはやはり減少している地域が多く、青森県、東京都、埼玉県、大阪府では絶滅危惧Ⅱ類。岩手県、千葉県、神奈川県、島根県、徳島県、高知県、福岡県では準絶滅危惧種に指定されており、私えたばりゅの生息地である、兵庫県も現在急速に数を減らしている要注意種に指定されております。こういった種の保全と発信はしっかりと行っていかなければですね。

最後に

いかがだったでしょう。今回は日本のヘビの固有種である珍しい2種をご紹介させていただきました。いや~・・・やっぱり思い込みは良くないですよね(;^ω^)ハンセイハンセイ しっかりと、「もしかしたら」の精神を忘れないようにしなければと改めて思った出来事でございます。ジムグリとヒバカリ。覚えておかなくてはです。ではでは、今回はこのあたりで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

・・・もういないですよね(;^ω^)

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-動物・自然とのwinwinのために
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブームと猫そしてその裏側

こんにちは。えたばりゅです(^^) 先日、友人のブログでこの方が今フランスでも大暴れ(いい意味で)していることを知り、本当に飛ぶ鳥を落とす勢いとはこのことをいうのだなと感心しております。 まさに向かう …

interpets2017 無事終了♪

こんにちは(^^)えたばりゅです。 先週よりの約一週間の関東生活。無事終えて先日、いや今日か^^;の深夜(朝方)帰って来ました。関東へは先日お伝えしたとおり、東京ビッグサイトで3月30日(木)~4月2 …

目 その力

こんにちは(^^) えたばりゅです。 人が、お互いの意思を伝える方法として言語を用いるようになってから久しく経ちます。人間の他にも言語を用いて仲間とのコミュニケーションをとっている動物はクジラやイルカ …

ハヤブサ 都会暮らしへ

こんにちは(^^) えたばりゅです。 こちらでは、私えたばりゅが主に生き物関連のニュースなどに反応し、独断と偏見感満載に解釈するコーナーです。ですのでそういったものが苦手な方は、スルーして頂けましたら …

猛毒農薬 ランネート

こんにちは。えたばりゅです。今回の記事は一部の方を不快にさせてしまう内容を含んでおります。 ところで、ランネートって、ご存知ですかね。 ランネート アメリカで開発された殺虫剤で、農薬にも使用されている …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ