魅惑の野生動物たち

ブチハイエナは3つの優秀な武器を持つ超強力なハンター「死肉を漁る」は間違いだった!?

こんにちは。えたばりゅです。

今回はあんまりいいイメージを持たれていない動物の最右翼といっても過言ではない、ブチハイエナの隠れた魅力を余すところなくご紹介しようと思います。

ハイエナというと、

  • 死肉を漁る
  • 他の動物が苦労して捕まえた獲物を横取りする

といったところがテレビでもかなりクローズアップされているので、どちらかというと嫌われ者という立ち位置に甘んじておりますが、実は実はブチハイエナはめちゃくちゃ有能なハンターなんですね。

しかもとても面白い特徴を兼ね備えた魅力的な動物なんです。

この記事を読み終えるころには、嫌われ者最右翼から、あなたの好きな動物ナンバーワンに躍り出ること請け合いですので、是非ゼヒ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

嫌われ者ハイエナの真の姿 実は捕食動物の中でも屈指のハンターだった!

このお姿はもう有名すぎるくらい有名ですよね。

ブチハイエナと呼ばれるこのハイエナは、世界に生息するハイエナの仲間では一番大型になり、体長約2mにも迫ることがあります。体重も大きいものでは、約80kgと、セントバーナードもビックリの体格を誇るんですね。

英名では、「Spotted Hyena」の他、「Laughing Hyena(笑うハイエナ)」なんていう風に呼ばれており、その鳴き声がまるで人間が笑っているように鳴くことからこう呼ばれております。

生息地はアフリカのサバンナですが、サハラ砂漠のような砂漠地帯にも生息しており、一番最上位のメスを頂点とするクランという数十頭の群れを作り生活しております。

では、ハイエナの優れたハンター具合をご紹介する前に、ブチハイエナに関するトリビアを2つほどご紹介しておきましょう。

ハイエナトリビア1.実は犬よりも猫に近い仲間

ブチハイエナはじめ、ハイエナの仲間は犬の仲間のようなフォルムをしているので、イヌの仲間に近い動物と思われがちなんですが、実はマングースやジャコウネコに近い動物で、ネコ亜目に分類されている動物なんです。

ネコ亜目に分類されている動物たちは

  • ネコ科動物
  • マングース科の動物
  • ジャコウネコ科の動物
  • ハイエナ科の動物

などがおります。もちろん、イヌ亜目もネコ亜目もネコ目(食肉目)に分類されている動物なので、犬とはかけ離れた動物かというと、決してそんなことはないんですが、犬か猫かというと、比較的ネコに近い仲間なんですね。

ハイエナトリビア1.かつては雌雄同体と思われていた

ブチハイエナはメスの生殖器もオスの生殖器の様な形状をしていることや、他の動物はオスのほうが比較的攻撃性が高いものが多い中、ブチハイエナは群れの最上位もメスが取り仕切り、攻撃性もオスよりメスのほうが格段に高いことから、かつて雌雄同体の動物と考えられていました。

このように動物的に見ても非常に魅力的な特徴を兼ね備えたハイエナ。そのイメージとは正反対の優れたハンターっぷりをご紹介していきましょう。

ブチハイエナのハンターとしての優秀な武器1.俊足と驚異的なスタミナ

この体型を見ると、なんか後ろ下がりというか、あんまり速く走ることができなさそうですよね。

でも、実はハイエナはとても抜群の俊足の持ち主で、なんと60km以上もの速さでサバンナを疾走することができるんですね。しかも、スタミナも驚異的で、時にはオオカミのように何十kmもの距離を走り続け、スタミナに自信がある草食獣を追い詰めることがあるんです。

ブチハイエナのハンターとしての優秀な武器2.強靭なアゴ

ブチハイエナの咬む力は非常に強く、ヌーなどのウシ科の動物の強靭な骨も容易くバリバリとかみ砕くことができます。

その咬む力はネコ科最強の咬合力を持っているジャガーには一歩及ばないものの、自分よりも大きなライオンよりも強く、集団でライオンにすら襲い掛かることがあります。

時にはライオンをも打ち倒すこの強烈な咬合力を存分に生かし、ブチハイエナは自分より大きなヌーや、シマウマ、そして時にはアフリカスイギュウといった大型草食獣をも獲物にすることもあります。

ブチハイエナのハンターとしての優れた武器3.群れ

冒頭でもご紹介した通り、ブチハイエナはライオンやリカオンと同じく、群れを形成して生活しており、狩りの際もこの群れの力を存分に発揮します。

さすがに一頭では自分よりも大きな水牛やシマウマを倒すのには大きなリスクが伴いますが、群れの力を存分に発揮することにより、より大きな獲物を捕らえることができます。

いかがでしょう。このようにハイエナはかなりハンターとしては優秀な武器を兼ね備えていて、そのイメージとは裏腹に実は、自分たちが接触しているもののうち、60%以上は自ら狩りを行って獲得しているんですね。

ただ、もちろんそのイメージ通りといっては何ですが、死肉や腐肉を食べたり他の動物たちが狩った獲物を横取りすることもあります。

まぁ、横取りはある意味、自然界では日常茶飯事で、ハイエナに限らず、ライオンももちろん行っておりますし、クマもオオカミ(逆も然り)が仕留めた獲物をよく横取りしていますので、自然界では日常的なんです。

またハイエナやハゲワシのような腐肉を食べる動物も自然界では重要な役割を担っているんです。

ハイエナなどの腐肉食動物は死肉を素早く食べることにより、病気の蔓延を防いでいる

死んだ動物の肉を騒ぎ立てながら、取り合っている姿は人間から見ると何とも言い難い気持ちになったりしますが、実はハイエナやハゲワシが死肉を素早く食べてくれることによって、様々な病気の蔓延を防いでくれているんですね。

特にアフリカは気温が高いので、死んだ動物たちは瞬く間に腐敗が始まってしまいます。腐敗した肉が放置されていると、どんどん病気の元となる細菌が繁殖してしまい、動物たちに様々な病気が蔓延してしまいます。

ハイエナやハゲワシはこういった腐敗が始まりつつある肉をいち早く見つけ、食べてくれます。当のハイエナやハゲワシも腐肉を食べると病気になってしまいそうなものですが、こういった動物たちの胃はかなり頑丈にできており、また強烈な胃酸で腐肉もものともせず消化できるんですね。

ですので、環境を衛生的に保つ面でハイエナやハゲワシはとても重要なポストについている動物たちなんです。

こうしてみると、メッチャいいやつでしょ?

最後に

いかがだったでしょう。今回は動物界の嫌われ者で横取り野郎イメージの最右翼、ブチハイエナの隠れた名ハンターっぷりと「ポストハイエナ」の重要性をご紹介してみました。

嫌われながらも、黙々とその役目を遂行するハイエナさん。

かなりその好感度はアップしたのではないでしょうか。是非ゼヒ、あなたの好きな動物ランキングにハイエナ氏も加えていただけると幸いです。

ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

仲間募集!

-魅惑の野生動物たち
-,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.