魅惑の野生動物たち 世界の危険生物たち

【超閲覧注意!】ペルビアンジャイアントオオムカデ最大60cm!?世界最大のオオムカデ

こんにちは。えたばりゅです。

今回は、日本でも遭遇したら、ほとんどの方がその外見と体の大きで戦慄してしまう、オオムカデの仲間で、世界最大のオオムカデにスポットを当ててご紹介したいと思います。

日本のムカデも大きいですが、今回ご紹介する世界最大のオオムカデ、ペルビアンジャイアントオオムカデに比べると、可愛く見えるほど。ちなみに今回はタイトルでも申し上げております通り、超閲覧注意でございます。ではでは、今回も良ければ、良ければ!最後までお付き合いいただけましたらと思います。

超絶閲覧注意!巨大ムカデ、ペルビアンジャイアントオオムカデの姿に戦慄が止まらない!

では、まずペルビアンジャイアントオオムカデのご紹介を軽くさせていただくと、英語名を「Peruvian giant yellowleg centipede」、もしくは「Amazonian giant centipede」、学名を「Scolopendra gigantea」という、オオムカデ目オオムカデ科オオムカデ属に属するムカデの仲間で、ブラジルやペルーといった南米に生息しており、特に熱帯雨林を好んで生活の場としております。

日本では、その巨大さに因んで、ペルビアンジャイアントオオムカデという標準和名の他、ペルーオオムカデ、ダイオウムカデ、ギガスオオムカデなどとも呼ばれていますね。

ちなみに日本のトビズムカデなども、同じ属に属していますので、このペルビアンジャイアントオオムカデとは近縁種で近い親戚といえるんですね。日本のトビズムカデも大きいものでは、約20cmに迫る巨大さなんですが、このペルビアンジャイアントオオムカデに関しては、この巨大さのスケールが違うんです。

最大で約60cmとも!巨大にもほどがあるペルビアンジャイアントオオムカデ

日本のトビズムカデやハブムカデでも、大きいものを見ると、その巨大さと姿に戦慄してしまいますが、ペルビアンジャイアントオオムカデは多分見ると卒倒レベル。

30cmってのは、現地ではそのあたりにゴロゴロいるようで、40cmも珍しくなく、中にはなんと60cmにまで成長するとも言われております。

といっても、そんなに巨大だと、どんな大きさか、全く実感ないですよね。

・・・

一応、その巨大さが嫌というほどわかる、動画を見つけたんですが、ご覧になってみます?

・・・

そうですか。やっぱ見たいですかw

では・・・

どうぞ!

・・・ww

なんて言いますか、もはや笑うしかないでしょ。

私も結構な生き物好きを自負させていただいておりますが、いや~・・・この方の勇者っぷりには足元にも及びません。この動画に映っているペルビアンジャイアントオオムカデはこの方の手のひらの先から二の腕辺りまでの大きさみたいなので、少なく見積もっても軽く40cmは超えていると考えられます。

恥ずかしながら、私もまだ実家で暮らしている時、寝ている時に大きなトビズムカデが腕の辺りを這っていて、これでもかっていうくらい大騒ぎした記憶が鮮明に残っているんですが、寝ている時に、もし万が一このペルビアンジャイアントオオムカデが仲良く添い寝しようとしてくれると・・・

多分卒倒してしまうと思いますw

ペルビアンジャイアントオオムカデの性格 その姿と巨大さに違わぬ獰猛さ

日本のムカデたちもその性格は攻撃的かつ獰猛なことで知られていますが、ペルビアンジャイアントオオムカデに関しても、その性格はやはり獰猛。食性ももちろん肉食で、他の昆虫類はもちろんのこと、タランチュラなどの強力な捕食性節足動物、カエルやトカゲ、ネズミなどの小動物、そして時にはヘビにも襲い掛かって捕食してしまうんですね。

体の長さとしてはヘビのほうが長いですが、ペルビアンジャイアントオオムカデはヘビに反撃されないよう、ヘビの頭部に近い場所をその強力は大アゴで咬みつき、数多の足を存分に生かしてガッチリ蛇をホールドし、毒液を注入しております。

ヘビも必死に逃れようとしていますが、残念ながら後半では、もはやその命は風前の灯火といったところになってしまっています。

こういう動画を見ると、本当に自然界は厳しい世界っていうのを実感させられますよね。

ペルビアンジャイアントオオムカデは、この体の巨大さを活かして洞窟にぶら下がり、飛んでいるコウモリも襲って食べることが確認されているんです。

ペルビアンジャイアントオオムカデの毒性について

これほどの巨大さですので、その毒の強さも毒量もかなりのものと推察されていますが、ペルビアンジャイアントオオムカデの毒の強さについてはまだ詳しいことは分かっていないんですね。

体の大きさに反して、オオムカデ類の毒は小型種のほうが強いという風にも言われております。

出典:世界動物大図鑑

ただ、日本に生息する近縁種、トビズムカデやハブムカデの毒の成分についてはハチの毒に似た成分で、咬まれると体内の過剰なアレルギー反応により、アナフィラキシーショックを起こす可能性がある事が分かっています。

なので、ペルビアンジャイアントオオムカデの毒もそれによく似た成分であることは十分に考えられます。加えて、体も巨大なことから、毒量もトビズムカデなどと比較して、かなり多い可能性もあり、性格も獰猛で攻撃的ですので、用心に越したことはないでしょう。

ペルビアンジャイアントオオムカデはかなり生命力も強い種ではあるものの、熱帯産のムカデなので、万が一、貨物に紛れて国内に入ってきても、日本の気候には順応できない可能性が大きいです。ただ、ペルビアンジャイアントオオムカデはペットとしても人気があるので、遺棄や逃亡といった心配もありますし、気候に順応できないという推測はそれはあくまで人間の感覚。野生動物は私たちが想像も及ばないほどの順応性と逞しさを兼ね備えていますので、万が一。万が一ですが、見かけても触らないようにしましょうね。

最後に

いかがだったでしょう。今回は戦慄をはるか通り越して、卒倒必至なペルビアンジャイアントオオムカデをご紹介させていただきました。いや、ココまでお付き合いいただき、本当にありがとうございます。

いやいや、今回はご紹介する御仁が御仁ですので、最後までご覧いただけるか不安だったのですが、お付き合いいただき、感謝の限りです。

また、こういった類の御仁をご紹介する際には何卒宜しくお願い致します。ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

~関連記事~

仲間募集!

-魅惑の野生動物たち, 世界の危険生物たち
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.