魅惑の野生動物たち

シャチ 大海原の絶対王者の最強っぷりと溢れる魅力を徹底紹介!

更新日:

こんにちは。えたばりゅです。

今回は、文句なしの海の最強生物。

シャチの魅力と最強たる所以を鼻血が出るほど、徹底的に追及・ご紹介したいと思います。なぜシャチが大海原の絶対王者と呼ばれるのか。何でシャチがここまで人を惹きつけるのか。

そのあたりも、この記事をご覧いただいた後には、よ~くお分かりになるかと思いますので、ぜひ今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ぬふふ。覚悟して下されw

海の絶対王者シャチ その魅力を徹底追及!

まずシャチのプロフィールを簡単に説明しておくと、英語名は Killer Whale。 学名は Orcinus orca(オルキヌス・オルカ)といいます。日本ではシャチの他に、学名を取ってオルカ、あとはサカマタなんて呼ばれ方をします。

体長はメス約5m、オス約6m オスは最大で約9mにまで成長し、体重は、メスで約2t、オス約4.5t 最大で約10tほどになります。またオスの背びれはメスに比べてかなり大きく、最大約2mにまでなります。

こうやって見ると背びれの違いは一目瞭然ですね。

またイルカの仲間としては最大種になるシャチですが、その泳ぐスピードは速く、海生哺乳類の中でも非常に速いスピードで泳ぐことが可能です。ずんぐりした体のイメージですが、その時速は約70kmにも及ぶといわれ、これは遊泳速度海生哺乳類最速といわれるバンドウイルカと肩を並べるスピードなんですね。

生息海域は、ほぼほぼ世界中の海域を住みかとしており、日本でも北海道や和歌山など、外海に面した地域の海で時折見ることができます。

シャチの日本名の由来は、「鯱」という姿は魚、そして顔は虎。そして、その背中は棘だらけという伝説上の生き物、から由来しております。英語名を訳すと「殺し屋クジラ」。学名の意味は「冥界の魔物」。そして、日本では、その最強ぶりから海のギャングなんて呼ばれたりもします。

陸上の頂点捕食者というと、

  • ライオン
  • トラ
  • ホッキョクグマ
  • ワニ
  • ジャガー
  • オオアナコンダ

などが挙げられます。どの動物たちも、それぞれその地域の人々に畏怖されておりますが、冥界の魔物という、超越的な存在的扱いはあまり耳にしませんよね。

では、シャチがなぜ「海の殺し屋」、「ギャング」、ひいては「冥界の魔物」とまで呼ばれるようになっていったのか、その理由を考えてみたいと思います。

シャチ最強伝説 冥界の魔物と呼ばれる理由

・・・殺し屋やギャングは勇猛な動物にありがちなイメージですが、冥界の魔物・・・。

これは今までご紹介した野生動物たちの中でも、一番おどろおどろしい学名が付いていおり、もはやこの世の生物なのか・・・という感じですよね。

大きさでは、同じ海に生息するシロナガスクジラの方が断然大きいですし、寿命はメスで現在の記録で最長とされているのが、80歳、オスでの最長記録が現在のところ約50歳ほど。

シャチの寿命も決して短くはありませんが、海には私たちがド肝を抜くような長寿さんもいっぱいいるんです。(中には基本死なないっていう仙人もビックリな御仁も)

そちらについては、こちらの記事で詳しくご紹介しておりますんで、是非こちらの記事をご覧いただければと思います。

超絶長寿な野生動物たち え!?死なない動物がいるの!?

こんにちは。えたばりゅです。 今回は野生動物たちの寿命というところにスポットを当てて、めちゃくちゃ長生きな動物たちをご紹介したいと思います。 ちょっと本気でビックリするようなご長寿さんが出てきますので ...

では、何故にこんなにすんごいイメージがついてしまったのでしょうか。

実は同じように海では恐れられるあのホホジロザメ、そして時には先ほど少し触れた史上最大の動物である、シロナガスクジラもシャチの前では獲物として捕食対象になってしまうんですね。

ホホジロザメの攻撃力は、私がここでご説明せずとも、その恐ろしさは世界中で十分認知されているほどの存在。また、シロナガスクジラの最大全長は30mを超えることもあり、シャチの最大のオスと比較しても3倍以上の差があります。

このように、どう考えても獲物とするには、ちょっと無理があるような動物たちさえも捕食対象としてしまう、この辺りに「冥界の魔物」たる所以があると考えることができそうですね。

では、冥界の魔物と呼ばれる理由を探っていきたいと思います。

シャチ その驚きの知能と知略

シャチは知能が非常に優れており、その狩りの手法もその巨体から繰り出す攻撃力はもちろんのこと、圧倒的な知略を駆使して行うんですね。

シャチの知略1.獲物によってその狩りの手法を変える

シャチについての食性は後述しますが、シャチは獲物のウィークポイントを突くことに非常に秀でており、その獲物に対して、どのような狩りの手法を行えば、より楽に、効率的に狩りを行うことが出来るかという事を熟知しているんです。

例えば、サメやエイを狩りするときは、体当たりをして彼らを仰向けにします。仰向けにされることで、サメやエイは仮死状態に近い状態となり、動くこともままならなくなります。シャチたちはこのような、相手の弱点を巧みに突き、より効率的に狩りをすることが出来るのです。

また、魚釣りならぬ、鳥釣りをすることでも知られており、一度得た魚を吐き戻し、それを食べにやってきた鳥を捕食するというような知能を生かした狩りも行います。

※下でご紹介する2つの動画は、動物たちの狩りの映像が映っておりますので、苦手な方は視聴にご注意ください。

また、その行動も活発そのもので、海面から勢いよくジャンプするブリーチングはお手の物。そしてその活動力をフルに使い、氷の上にいるアザラシなども襲ったりします。

スパイホッピングという、海面に上半身を出し、海面の周りの様子を探る行動で、アザラシやホッキョクグマの位置を把握し、その知能と群れとのコミュニケーションを巧みに使います。

こうしてみるとアザラシが可愛そうな気もしますが、やはりシャチも食べなければ生きていけません。本当に自然界は厳しい起きての上に成り立っているのがよくわかる動画ですね。

シャチの知略2.狩りの手法を次世代に伝える

そして、その狩りの方法もその世代だけで終わらせるのではなく、いわば伝統としてしっかりと次世代に繋いでいきます。

アメリカ、カリフォルニア州に住むシャチは海岸にいるアシカを捕食することで知られていますが、その狩りは豪快そのもの。その巨体を一気に海岸に乗り上げ、浜辺にいるアシカを捕食します。

しかし、この方法はいわば諸刃の剣で、もし失敗すれば海に戻れず、自分の体重の重みで死んでしまう事になります。ですので、前の世代のシャチがどのような潮のタイミングで、どのルートから乗り上げれば、リスクを最大限に軽減しアシカを捕食することが出来るかを、次世代にしっかりとレクチャーするんですね。

その獲物によりハンティングの手法を巧みに変え、なおかつその技法を次世代に受け継いでいく。こちらについても、やはりシャチが高度な知能を兼ね備えているといえますよね。

これでお分かりになるかと思いますが、シャチは頭が良いだけでなく、こういった社会性も備え、尚且つ仲間とのコミュニケーションも図ることができる動物になります。

コミュニケーションといえば・・・ハイ。シャチはこれも難なくやっちゃいます。

シャチの知略3.社会性を持ち群れの間で会話をする

そうなんです。コミュニケーションをとるということは、シャチは仲間同士で会話も行います。そして、驚愕すべきは群れによって会話に独自性があるという事。

そう、いわば方言を使用して会話してるんですね。

人間のように共通語があるかどうかは定かでないですが、会話をすることでさえすごいのに方言があるというのは、本当にすごいですよね。

また、シャチは船のスクリュー音などの雑音が入ると、会話の音量を上げることも確認されています。ということは、会話の音量を上げれば、たとえ雑音が入ろうとも相手とのコミュニケーションをスムーズに行うことが出来ることを認知しているといえます・・・

いかがでしょう。このように、シャチが単に体が大きいだけの攻撃力のみ優れているようなものではなく、文武両道に秀でていることが、「冥界の魔物」とおそれられるゆえんといえそうな感じがしますよね。

では、ここで冥界の魔物っぷりのダメ押しを一つ・・・

メガロドンの絶滅はシャチが関係していた!?

一説によると、あの海の魔王メガロドンの絶滅時期が、シャチの出現時期と重なっており、メガロドンの絶滅はシャチとの生存競争に負けたこともメガロドン絶滅の一因として考えられています。

メガロドンは体の大きさを生かし、クジラなどを獲物としていたと考えられていますが、メガロドンが頂点捕食者として、海を治めていたころ、新興勢力とて台頭してきたシャチは、体の大きさという点ではメガロドンに及ばなかったものの、圧倒的知力の差で、徐々にメガロドンを追い込んでいき、頂点捕食者としての地位を手に入れたと考えられております。

もちろん、メガロドンの絶滅は他にも地球環境の変化など、複合的要因が重なって絶滅したと考えられており、シャチのみがメガロドンを絶滅に追い込んだ張本人という事ではないのですが、あのメガロドンを絶滅に追いやるその強さはまさに冥界の魔王という感じですよね。(あれ?魔物から魔王になっちゃってるw)

獲物にしてみれば、巧みに弱点を突かれる。そしてそれが次世代のシャチに受け継がれ、延々とその攻撃が繰り返される。その弱点を克服しても、またそれを凌駕する知能を持って更なる巧みな攻撃を受ける・・・

これ、魔物以外の何ものでもないですよね・・・ いや~・・・僭越ながら私め、陸上生活を営む生物で本当によかったと思います。

では次にシャチが持つ、驚きの生態と、特徴をご紹介していきましょう。

シャチの驚愕の生態と魅力あふれる特徴

前述した通り、冥界の魔物と呼ばれ恐れられるシャチですが、その一方でシャチ同士のみならず、異種族ともコミュニケーションをとるという知能の高さも兼ね備えております。

すなわち私たち人間とのコミュニケーションですね。

その知能から繰り出す驚きのパフォーマンス

これはよくご存知の通り、シャチの特徴として、海ではかなり他の動物たちに恐れられる存在ですが、その一方で人に良く慣れ、優れたパフォーマーとして私たちを癒し楽しませてくれます。

こういったパフォーマンスを披露する背景には、シャチの優れた知能とコミュニケーション能力の高さがあるといえます。

人の合図にあわせジャンプをする、人との合同のパフォーマンスを披露するなどは、やはり知能が高いことはもちろんのこと、それと共にコミュニケーション能力にも秀でていないと成しえないことですよね。

また、自然界から飼育環境の変化に移行しても、このような高度なパフォーマンスが可能なことからシャチが優れた順応性を持ち合わせていることがわかります。

パフォーマンス終了後のこういったスキンシップも重要なコミュニケーションの一環といえますね。

シャチはビックリするくらいの偏食

シャチはご存知の通り、非常に有能なハンター。

つまり肉食になります。肉食の中でも、シャチは非常に偏食という特徴も持ち合わせており、食べるものは非常に偏っています。

飼育されている個体は、サバやアジなどの魚を食べていることが多いですが、自然界で暮らすシャチたちは、それ以外食べないといっても過言ではありません。では、シャチは野生ではどういった動物たちを獲物としているかと申しますと、

  • ニシン
  • エイ
  • サメ
  • イカ
  • アシカ
  • アザラシ
  • ホッキョクグマ
  • イルカ
  • クジラ(シロナガスクジラ含む)
  • ペンギンや海鳥などの鳥類
  • ラッコ
  • ペンギン

などがシャチが普段獲物としている動物たちになります。

・・・どこが偏食なの??

ですよね。わかります。

偏食といわれる理由として、これらの獲物をまんべんなく捕食するというのではなく、群れ(シャチの群れはポッドと呼ばれています)の好みが比較的はっきりしており、例えば、

エイならエイだけ。クジラならクジラだけ。と

いった具合に、そのポッドで捕食する獲物がかなり偏っているんですね。

これが、さきほどご紹介した、「獲物によってその弱点を巧みに突く」というところにつながってくるのです。

その獲物を専門的に狩りをするうちに、その獲物をどのように攻略すれば、効率的に(楽に)狩りができるかということが狩りを繰り返すうちに獲物の弱点を巧みに突くことを会得していったのだと考えることができます。

そして、それを代々受け継ぐことにより、ほかの獲物を狩るよりも、その獲物を狩るほうが、効率よく餌を摂取できることから、シャチは次第に偏食になっていったと考えられております。

楽をするというのは自然界では生死にかかわる大事なこと

「楽に」というと、特に日本では苦労は美徳と考えられている節もあり、なんか聞こえが悪いですが、「楽をする」ということは自然界において、生きていく上で非常に大事な行動になります。

狩りの度にエネルギーを全力で消費し、全精力を使い果たしていれば、何時までたってもエネルギーを蓄えることができず、狩りの失敗は命にかかわってしまいます。

ですので、何をするにしても楽に事を済ますということは自然界においては、重要事項だといえます。

では、そんなシャチの生態についてあまり知られていないことも多いかと思いますので、今回はそのあたりも含めて、ご紹介したいと思います。

シャチ 知られざるオドロキの生態

海の頂点捕食者として、また優れたパフォーマーとしてよく知られているシャチなのですが、意外と知られていないビックリするような生態があるんです。では、さっそくご紹介していきましょう。

シャチの驚愕の生態1.シャチは海水・淡水どっちもOK!

シャチは海の王者として知られており、もちろん普段の生活の場は海中なのですが、稀にエサを追って川を遡上することがあるんですね。時には河口から数百kmも遡上することもあり、日本でも、2000年の2月22日(火)に名古屋港内に迷い込んだ若いシャチが、そのまま堀川を遡上し、当時話題になりました。

もちろん、シャチは海水に対応した生活を行っており、海水と淡水とでは浮力の面でも大幅な差があり、シャチの巨体が淡水で長時間過ごすには、少し無理があり、オオメジロザメのように長時間の滞在はできませんが、淡水でも対応ができるというのは、シャチの隠された驚くべき生態の一つといえますね。

シャチの驚愕の生態2.シャチは物体透視能力を持っていた!

シャチは、視覚の他に物体(物質)を認識ために「クリック音」という音波を使用します。クリック音とは、噴気孔(潮を吹くところ)の所にある溝からメロンと呼ばれる額の奥にある脂肪で凝縮して発射する音波のことです。

この音波は物質にあたるまで水中を移動し、何かにあたると、その音波が反響して戻ってきます。その反響音を下あごの骨の器官で確認することで、前方に何があるかを認識することができます。

そして、このクリック音がまた、非常に高性能なんですね。

潜水艦のソナーもビックリの性能ぶり。その性能は、その間隔たった数ミリ程度の2本の糸を認識したり、反響音の波長の違いから物質の成分を割り出したり、そしてそして、中の内容物まで認識できると考えられています。

いわば透視能力といっても過言ではない能力ですよね。

シャチの驚愕の生態3.シャチは4つのタイプに分かれている!

シャチといえば、何と言っても目の所の白い模様(アイパッチと呼ばれています)と見事な黒と白の体色がトレーマークですよね。そんなシャチ、実は現在4つのタイプに分かれているんです。

その体色、そして食性や生息域が違っており、それぞれの混血は生まれないといわれております。

となると、4種のシャチがいるといってもいいのですが、「タイプ」というのがミソで、実はまだシャチは一種のみというのが通説で、その亜種となるものは存在しないといわれているんです。

ですが、それぞれのタイプが交配しないこと、食性や生息域が異なることを考えると別種となってもおかしくないような気がするのですが・・・

学問というのは、本当に奥が深いですよね。

ちなみにそれぞれの4つのタイプは「A」~「D」という具合に分類されており、それぞれの食性から、

  • Aタイプ:Whale eater killer whale(クジラを獲物とするタイプ)
  • Bタイプ:Mammal eater killer whale(海生哺乳類やペンギンを獲物とするタイプ)
  • Cタイプ:Fish eater killer whale(タラやエイ、サメなどを獲物とするタイプ)

といわれております。タイプDにおいては、魚食性だという事がわかっているものの、まだはっきりしたことが分かっておりません。

いかがでしょう。シャチは多くの人に幅広く知られている人気者ですが、意外とビックリするような秘密を持ち合わせていますよね。

ちなみに前述した様々なパフォーマンスで私たちを癒してくれるシャチは、万が一のことを想定し、主に魚食文化を持つシャチがその大役を担ってくれております。

この辺りも、やはりシャチが人を引き付ける魅力の一つなのかなと思います。

最後に

いかがだったでしょう。今回は大海原の絶対王者、シャチをご紹介させていただきました。シャチは僭越ながら、私が最も好きな動物の一つであるため、少しご紹介に力が入ってしまいましたが、ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。

さては、あなたも相当なシャチ好きとみましたが、いかがでしょうかw

まだこの記事ではシャチの魅力を伝えきれていないため、また折を見てシャチの魅力をお伝えさせていただきたいと思います。

では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

-魅惑の野生動物たち
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.