魅惑の野生動物たち

【超巨大!】最長10m以上も!?世界最大のヘビ オオアナコンダが巨神すぎる

こんにちは。えたばりゅです

今回は世界最大のヘビとして名高いオオアナコンダにスポットを当てて、その魅力に迫っていきたいと思います、一体オオアナコンダはどれくらいまで大きくなるのか?その成長に限界点はないのか?

ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

驚愕の巨大蛇アナコンダ ブラジルの水辺を支配する巨神に成長の限界はあるのか!?

アナコンダ。もうその名前は知らない人はいないといっても過言ではないほど有名ですよね。アナコンダは英名を「anaconda」、学名を「Eunectes」という、ボア科アナコンダ属に属するヘビの仲間で、南アメリカ中央部から北部にかけての熱帯雨林に生息しており、中でも水辺や皮を好んで生活場としており、その生活の大部分を水中ですごします。

食性はもちろん肉食で、魚類や爬虫類、鳥類や哺乳類に至るまで、選り好みせずなんでも捕食します。大きいものでは、バクなど大型哺乳類も捕食することがあり、水中からじっと待ち伏せて、獲物が射程距離に入ると、強靭な瞬発力を持って、獲物に襲い掛かり、巨大な体と筋肉を生かした強力無比な締め上げて狩りをします。

アナコンダと同じく、現地の食物連鎖の頂点に立つ、ジャガーやカイマンとは捕食されたり、また逆に捕食したりと均衡した力関係を保っています。

実は3種類いるアナコンダ

アナコンダといえば、巨大な大蛇というイメージが強いですが、実はアナコンダは現在地球上に3種が確認されており、中でも一番有名なのがオオアナコンダ(グリーンアナコンダ)、それに次いでとキイロアナコンダといったところでしょうか。

こちらがキイロアナコンダ。私たちがよく知るオオアナコンダと比べると、ちょっと模様が違うでしょ。体長は3~4mと、オオアナコンダと比較すると小柄ですが、それでも4mを超えることもあるので、ヘビとしてみると決して小さくはありません。

ちなみに、もう一種はダークスポットアナコンダ(学名:Eunectes deschauenseei)というのですが、まだ詳しいことはまだわかっていないんです。

大蛇の代名詞 オオアナコンダ

※中央の白いヘビはニシキヘビの白変種。

そして、やはりアナコンダといえば、もう大蛇の代名詞といってもいい存在。先ほどアナコンダは3種いることをお伝えさせていただきましたが、一般的にアナコンダというと、グリーンアナコンダ(オオアナコンダ)のことを指すことがほとんどですね。

そのオオアナコンダですが、平均5m、大きなものでは6mを超えるものもあり、現在確認されている最大個体では、9mと10mに達するような個体も発見されており、2016年にはブラジルで、33フィートと10mを超えるアナコンダが発見されていて、現地でもニュースとして大きく報じられたようです。

残念ながらこのアナコンダは頭部が潰れてしまっており、生きてはいないものの、この数字が正確なものであれば、現在最長記録であるアミメニシキヘビの9.9mを超えて、長さ、重量共にアナコンダが世界最大種となりますね。

実はアナコンダはかなり重量もある事で知られていて、同じく大蛇として名高いニシキヘビの仲間と比べても、同じ長さであれば、その胴回りの太さは倍近くもあり、アナコンダのほうがかなり重量がある事が分かっています。

アナコンダはどこまで巨大化するのか

このように、アナコンダは巨大なヘビとしてその大蛇っぷりは世界に轟いていますが、そんなこともあり、10mどころか、もっと大きなアナコンダの目撃証言もあったりしてですね、18mのアナコンダを見たとか、中には50mの巨大アナコンダを仕留めたとか、半水生であれ、陸上動物としてはちょっとあり得ないような巨大なアナコンダがいるという証言もあるんです。

このように巨大神話が後を絶たない、アナコンダですが、爬虫類のですので、存命する限りは成長する可能性はあるものの、ただ、巨大になると、それだけエネルギー消費も激しいですし、その分より多くの餌が必要になります。なので無限に成長するというのは、ちょっと難しいかもしれません。

また、神経伝達速度の観点から、アナコンダの限度を14mほどが限界という面白い説もあります。

NATHONALGEOGRAPHIC 日本版 第10回 生き物のスピード競争

となると、シロナガスクジラはシャチに尾をかじられても、ちょっとの間気づかないの?っていう素朴な疑問も生まれたりしますが、確かに何かしら攻撃を受けて、それが脳に伝わる速度に遅れが生じると、厳しい自然界では致命的というもの。

確かにこれだと、よほど特殊な神経伝達回路がない限り、あまり巨大化するものちょっとマズいような気がしますね。

また、アナコンダが超重量級大蛇である事は先ほどお伝えした通り。となると、50mを超えるとなると、その胴回りは千年の大樹よりも太い可能性があり、そうなると、その体重もとんでもない重量になると考えられます。ということは、残念ながら50mを超えるアナコンダは現実的にちょっと厳しいかもですね。

う~ん・・・残念。

やはり、現実的なところでいえば、限界は10mほどなのかもしれませんね。まぁそれでも、間違いなく巨大ですが。

 

最後に

いかがだったでしょう。今回は世界最大のヘビとして名高いオオアナコンダにスポットを当てて、その魅力に迫ってみました。やはり現実的に考えると、如何な巨神オオアナコンダといえど、その成長に限界点がありそうなのは、残念なところですが、まだまだいまだ未開の地も存在し、未知の生き物たちが暮らし、毎日のように新種が発見されていることも事実。願わくば、この地球最後の秘境は野生動物たちの楽園として、そっとしておいてほしいものです。

そして、その奥地にはオオアナコンダをも凌駕する巨大な種のアナコンダがひっそりと暮らしているかもしれませんね。ではでは、今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

-魅惑の野生動物たち
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.