えたばりゅコラム

海の最強捕食者シャチは「いらんことしぃ」なヤツ!?ドローンが撮影した最大と最強のやりとり

こんにちは。えたばりゅです。

今回は、海の最強生物にして、頂点捕食者、シャチの隠れた素顔をご紹介したいと思います。シャチの知能がかなり優れていることはけっこう知られている事実ですが、それであるが故。といいますか、人間であれば、ちょっと周りの方に敬遠されがちな一面も持っているんですね。

ではでは、そのあたりをご紹介したニュース記事も含めて、シャチの隠された性格に触れていきましょう。

ドローンが激写!地球史上最大の生き物シロナガスクジラにちょっかいを掛けるシャチの群れ

シャチといえば、ショーなどで私たちを楽しませてくれている反面、自然界の海では敵ナシといっても過言ではない、最強の捕食動物。海では食物連鎖の頂点に君臨し、あのホホジロザメさえ獲物としてしまう最強っぷりを見せつけている生き物ですよね。

その強さのヒミツは大きな体と頑丈で力強い顎に並んだ鋭い歯ももちろんそうなんですが、シャチが海で食物連鎖の頂点に君臨している一番の要因はやはりその高い知能といっても過言ではありません。

こちらの記事でもお伝えしている通り、シャチは獲物に合わせて狩りの手法を変化させて、巧みに相手の弱点を突く技を身に着けております。そして、その技は親から子へ、子から孫へ、といった具合に代々継承されているんですね。

そんな人間顔負けのシャチの頭のよさなんですが、それであるが故といいますか、ある意味人が持っているような一面も兼ね備えているんです。

まずはこちらの記事をご覧ください。

【動画】シャチが集団で巨大クジラに体当たり
世界最大の動物に体当たりする貴重な動画、理由を専門家に聞いた

NATIONALGEOGRAPHIC 日本版 News 動物 2017.5.30 配信記事より

いかがだったでしょう。大きなシロナガスクジラの成獣にシャチたちの群れが、猛然と体当たりをする動画が映っていたかと思いますが、シャチたちは海の頂点捕食者。もちろん、その捕食対象にはシロナガスクジラも入っております。しかしながら、記事にも説明があったように、シャチにとって成獣のシロナガスクジラを襲うということは、かなりリスキーなことで、その巨大な体から繰り出される尻尾の一撃をまともに喰らうと、如何なシャチとはいえ無事では済みません。なのでシャチが成獣のシロナガスクジラを狙うことはほとんどなく、ターゲットになるのは幼獣や年老いた個体なんですね。地上で言うところのアフリカゾウとアフリカライオンの関係に似ておりますよね。

動画を見る限り、シロナガスクジラの幼獣が映っている様子もありませんので、こちらはシロナガスクジラの成獣単体にシャチたちが体当たりしていると見ていいかと思います。

体当たりしているシャチの体長を約6mと見積もって、動画で撮影されているシロナガスクジラの体長が、そのシャチの約4倍ほどと考えることができそうなんで、シロナガスクジラの推定体長は約24~26mくらいあるとみて取れます。24mであれば、立派な成獣の体長と考えることができます。

シャチがシロナガスクジラに体当たりをした理由

シャチが他の生き物に体当たりを仕掛けることはシロナガスクジラに限らず、度々あるのですが、その理由としてこのようなことが考えられます。

  • 群れの中の弱い存在である、シャチの幼獣を対象から守ったりする場合
  • 相手を捕食目的で襲う場合 など

このような状況下においては体当たりを仕掛けたりすることがあります。少し前にも、幼獣のシャチを守るために母シャチがそのちかくを泳いでいたホホジロザメに体当たりをし、母シャチと同じ位ほどある体格のホホジロザメを倒す動画が紹介されていましたが、シロナガスクジラに関してはシャチの子供を捕食するような食性ではありません。また、動画を拝見する限りでは、シャチの幼獣が映っている様子もありませんので、幼獣を守っている様子は見受けられませんよね。

また、先ほどご紹介したとおり、捕食目的で襲うには成獣のシロナガスクジラはリスクが大きすぎる相手になります。となると・・・やはり、この記事の中で海洋生物学者、ナンシー・ブラックさんが推察されておられるように、ただ単にシロナガスクジラの反応が見たかっただけ。というところが濃い線ではないでしょうか。

シャチは実はけっこうはた迷惑な一面も持っている

シャチは生物学上では、かなり知能が発達している動物の一種で、先ほどチラッとお伝えした通り、その獲物に応じて狩りの手法を変更したりするほか、仲間とのコミュニケーションにシャチ特有の言語を用いたりと、その知性には目を見張るものがあります。そのようのシャチ、人間でも時に見られる、相手にちょっかいを出してその反応を楽しむ。というようなところもあり、なんというか・・・けっこうはた迷惑な一面も持ち合わせています。

関西圏ではこういった性格を持っている友人や知人を時に「いらんことしぃ」と評することがあるんですが、シャチもまさにそんな「いらんことしぃ」な性格も持ち合わせているんですね。

まぁ・・・思いっきりシャチ寄りに考えてみると、その反応を今後の狩りに用いるためにシミュレーション学習しているとも捉えることもできなくはないですが・・・シロナガスクジラにしてみれば、悠々自適の回遊を邪魔されて、かなりうっとおしい思いをしたのではないでしょうか。

最後に

いかがだったでしょう。シャチが成獣のシロナガスクジラに体当たりを施したその真意は定かではないですが、このような海の生物同士のやり取りは、その動物の生態を知る上では、またとない映像になるのではないでしょうか。シロナガスクジラにしてみれば、迷惑この上ないシャチの行動ではあったと思うのですが、このシロナガスクジラも記事の様子であれば、何事もなく無事に逃げることが出来たようですので、一安心といったところです。

それにしても、ドローンは考えてみると、このように安全に人間の目の代わりをしてくれるので、素晴らしい研究パートナーといえそうですね。願わくば、これからもこのような平和的用途に使用されるといいなと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

~関連記事~

シャチ 7つの海を統べる最強捕食者の驚愕のハンティング能力をガッツリ紹介!

こんにちは。えたばりゅです。 今回は、文句なしの海の最強生物シャチが持つ驚愕のハンティング能力にガッツリと迫っていきたいと思います。なぜシャチが現在の7つの海を統べる最強捕食者として君臨しているのか。 ...

続きを見る

透視能力あるの!?シャチの溢れる魅力と驚愕の生態をガッツリご紹介!

こんにちは。えたばりゅです。 今回は、シャチが持っている、そのたまらない魅力と驚愕の能力に迫っていきたいと思います。その魅力は誰しもが知るシャチですが、それと同時に驚愕必至の能力や興味深すぎる特徴を持 ...

続きを見る

シロナガスクジラ 史上最大の肩書って何気に超絶ロマンすぎる

こんにちは。えたばりゅです。 今回は、地球最大にして史上最大の動物シロナガスクジラにスポットを当てて、その魅力をご紹介したいと思います。同じ時間を共有しているので、あんまり実感はないですが、このクジラ ...

続きを見る

仲間募集!

-えたばりゅコラム
-, , ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.