動物雑学

ウナギって毒があるの、知ってました?

更新日:

・・・驚きました??

こんにちは(^^♪ 全国のウナギ屋さんとウナギ養殖業者様、そして全国のウナギ大好きな方にケンカを売る男、えたばりゅでございますw
もうすぐ土用の丑の日。今年の土用の丑は7月25日でしたでしょうか。ウナギは栄養価も高く、何よりもおいしいため全国でもこの日を楽しみにしておられる方も多いのではないでしょうか。そんなウナギについて、今回は意外な事実をご紹介させていただきたいと思います。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ウナギ、それは有毒生物

まずこの衝撃的(?)事実に触れる前に・・・

ウナギとは

当ブログはグルメブログではありませんので、まずはウナギとは。というところから軽く、ご紹介させていただきたいと思います。ウナギとは英名を Eel。学名を Anguilla といい、ウナギ属に属する魚を指します。日本に生息する二ホンウナギやオオウナギなど、世界中に色んな亜種が生息しております。また、皆様がよくご存じのデンキウナギや、まぁまぁご存知のヤツメウナギなどはウナギと呼ばれていますが、本来のウナギとはまた別種になります。また二ホンウナギ、オオウナギともに産卵期には海へと下り、産卵し卵からかえった幼生は海を漂いながら成長、稚魚となった時点で川へと遡上(二ホンウナギに関しては遡上しない個体もおります。)し、河川や湖など、淡水、もしくは汽水域で生活をします。

そして・・・

毒があるんです(ー▽ー)ノ

時にウナギのお刺身って、聞いたことあります??

ウナギといえば、天然ウナギについては、現在レッドリストに挙げられており、その生息数が危ぶまれておりますが、日本人にとってうなぎは栄養価も高く、美味であることから昔から親しまれ食されてきました。現在は養殖のウナギが料理の主流になっており、その食べ方も、かば焼きをはじめ、白焼き、塩焼き、フライ、ひつまぶし、うざく、うまき、うなぎパイなどw その調理法は本当に多岐にわたりますよね。でも、うなぎのお刺身って食べたことあります??昔から、日本は魚を生で食す文化が根付いており、おおよその魚はお刺身としても食べられております。

ウナギも、そんなに昔から親しまれているのであれば、お刺身という食べ方。あっても不思議ではないですよね。それがない理由。そして、料理方法が加熱調理のみであることの理由。それこそがウナギの持つ毒性が深く関わっているんですね。

ウナギに含まれる毒

ウナギに含まれる毒は、血液に含まれておりイクチオヘモトキシンというたんぱく質毒が私たちの体に悪影響を及ぼすんです。その毒性は強く、ウナギの血液が体に入ると、下痢や嘔吐から始まり、不整脈や麻痺、呼吸困難などが引き起こされる可能性があり、最悪死に至ることもある注意すべき毒なんですよね。ちなみに目に入ってしまうと失明することもあります。そんな強いウナギの毒なのですが、弱点があるんです。それは

熱。

このイクチオヘモトキシンという毒は熱に非常に弱く、60度以上の熱で5分、過熱すれば無毒化します。これが、うなぎの料理方法が加熱料理がほぼで、生食がほぼ存在しない理由なんです。ですので、普段皆様が舌鼓を打っておられる、うなぎの料理に関しては毒は存在しないということになりますので、どうぞご安心いただけましたらと思います。

うなぎの刺身、本当にないの??

しかし上記で、お刺身がないと申し上げましたが、完全にない。ということはありません。口に入るとその致死率はかなり高いテトロドトキシンを持つ、フグですらお刺身として食されており、てっさという固有名詞が付くほど、その人気は高いですよね。ウナギに関しても、それは言えることでして・・・と申しますか、危ないといわれると食べたくなる人間の心理というか・・・。ウナギをお刺身として出されておられるお料理屋さんも存在します。

しかしながら、フグと違い特定部位にのみその毒性があるのではなく、血液といういわば全身をめぐるものにその毒性があるので、毒抜きをするといっても容易な方法ではなく、氷水などで丹念に血抜きをした後に、流水でこれでもかというほど洗い流す必要があり、かなり手間のかかる作業となります。ですので、おおよそのお店ではうなぎのお刺身というものは存在せず、少数派ながら出されているところでも、その手間からそれなりの価格を出さなければ食べることはできません。それに血液ですので万が一身に残っているという可能性もありますもんね。

・・・ここで、やってみようかなと思ってはいけませんよ(`・ω・´) プロの料理人でさえその手間とリスクから回避している料理方法です。素人ができる料理方法ではありませんので、くれぐれもチャレンジ精神を出されないよう、お願いするところであります。

最後に

いかがだったでしょう。ウナギの毒。毒ですよ。かなり意外だったのではないでしょうか。普段食べなれて比較的親しまれているうなぎだけに、結構ショッキングな事実であったことと思います。しかしながら先ほども申し上げました通り、ウナギの毒は加熱調理でその毒性は失われますので、変に冒険心を出さない限りは安全な食べ物といえます。もうすぐ土用の丑。そういうリスクには気を付けつつ・・・その糧をありがたくいただきたいものですよね。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^)

あ・・・そうそう、アナゴも一緒なんで気を付けてくださいね(;^ω^)

-動物雑学
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.