日本の危険動物 動物雑学

冬眠しない野生の熊もいる 熊は冬眠するからって安心しきってはいけない理由

更新日:

こんにちは(^^♪えたばりゅです。

今回は前回の補足記事になります。

冬になると、危険といわれる多くの野生動物たちは冬眠に入ったり、世代交代によりその命を終えていたりで、秋口に比べると、危険といわれる野生動物たちに遭遇する危険性は少なくなります。

しかしながら、安心しきってはいけないということを前回お伝えし忘れていたので、今回の記事で補足させていただきたいと思います。

補足内容としては冬眠しない野生の熊もいるということです。

では、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

冬眠しない野生の熊もいる 冬眠しないその理由をお伝えします

前回の記事でも、お伝えした通り、日本に生息している熊は、

  • 二ホンツキノワグマ
  • エゾヒグマ

の2種になり、日本は四季があり、冬には食べ物がかなり少なくなることから、どちらの熊も冬眠します。

しかしながら、例外もあるんです。

野生の熊が冬眠しない理由

では、早速野生の熊が冬眠しない事例についてご紹介していきましょう。

冬眠しない熊がいる理由1. 冬眠前にエサを十分に摂取することができなかった

熊が冬眠する理由として、

冬場にエサがなくなるので、そのエサが摂取しにくい時期をやり過ごす

というのが理由の1つとしてありますが、そのためには夏の終わりから秋にかけて、冬眠に備えてかなりの栄養を摂取しないといけないんですね。

実は、熊が冬眠モードに移行するのは、体の脂肪の蓄積量が大きく関係しているんです。

熊の体内に冬の間絶食しても、十分に冬を乗り切れるだけの脂肪が蓄積されれば、体内システムが冬眠モードに移行すると考えられています。

ということは、エサをしっかり摂ることができなければ、

体が冬眠モードに移行できず、秋が終わっても冬眠モードに移行することができません。

最近は、

  • 人間が山間部の比較的深い場所にまで生活場所が広がっていること
  • 商業植樹などにより、熊が冬を越すだけの栄養が木の実などから摂取できないこと
  • 開発や太陽光電池設置による熊の生息地域の破壊

等により、熊が冬眠前に十分にエサを確保できない事が増えているんですね。

また、そういったことから秋に十分にエサを取ることができなかったことに加え、冬は冒頭でも述べたとおり、摂取できるエサの種類が格段に少なくなってしまうので、常に空腹状態という事態に陥り、冬に遭遇する熊は他の季節(秋含む)に比べ、攻撃性が増すといわれております。

冬眠しない熊がいる理由2.熊が冬眠前の活動期に何らかの外傷を負った場合

これは、上記の理由に関連してくるのですが、傷を負った熊、いわゆる手負い熊ですね。

こういった個体は、

  • 傷を負っているので、動作が鈍くなり狩りに支障が出る
  • 傷の場所によっては、健常個体よりも移動速度が鈍くなる、もしくは移動範囲が狭められる

といった理由から、どうしても健常な個体に比べても十分にエサを確保することができません。ということは必然的に体内が冬眠モードに移行できず、冬場もエサを求めて山を徘徊することになります。

また、気を付けねばならないところとして、傷を負った野生動物は攻撃性が増すということ。

これは熊に限ったことではなく、イノシシなどの雑食動物や鹿などの草食動物も同じことが言えます。

なぜかというと自己防衛のため。

傷を負っているということは自然界では、自らが獲物になる確率が高くなるということを示しています。

やはり狩りをする動物たちは、傷を負っていたり、老齢で体力が落ちているものを見定めて優先的に獲物にするので、獲物にならないために自分を守らなければなりません。これが傷を負っている野生動物の攻撃性が増すといわれる要因なんですね。

熊が冬眠しない理由としては、主にこの2つの理由となりますが、上記の理由でもわかる通り、

冬眠しない

というよりは

冬眠できない

といった方が正しいかもしれませんね。

また、冬眠しない熊に限らず、イノシシなどはもともと冬眠する性質を持っていなく、冬でも絶賛山を行動しております。加えて野生動物云々の前に、冬の山間部は急に天候が変わったりして、道に迷いやすくなります。

あまり冬の山に積極的に入り込むというシチュエーションは少ないかと思いますが、スキーやスノボなどのウィンタースポーツ。初日の出などの登山。といったものはしっかりと決められたルートを使用して、整備されていない区域に入っていくのはやめておきましょうね。

最後に

いかがだったでしょう。今回は野生の熊が冬眠しない主な理由を2つご紹介させていただきました。動物園やサファリパークの熊は温度管理が行き届いていたり、冬場はエサがなくなるということはないので、こういった人工管理下の熊たちが冬眠することはないですが、野生の熊もこういった事例により、冬眠しなく(できなく)なってしまうんですね。

熊たちが冬場はしっかりと冬眠できるように。また私たち人もある程度安心して、冬の山に入ることができるように。

熊たちはじめ、野生動物たちがしっかりと餌を確保できるようにしていかねばですね。

では、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます(^^♪

~関連記事~

動物雑学 クマだけじゃない日本の冬眠する動物たち

こんにちは(^^♪えたばりゅです。 このコーナーでは、動物に関する雑学などを取り扱っていきたいと思います。 あなたが生きる上で、必ずしも身につけないとならない必要な知識ではありませんが、色々な動物に興 ...

-日本の危険動物, 動物雑学
-, ,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.