個性あふれる日本在来種たち

日本最強と名高い昆虫たち【超厳選5種!】

更新日:

こんにちは。えたばりゅです。

今回は、数多いる日本在来種の昆虫の中でも、最強と名高い昆虫たちを選りに選りすぐって5種ご紹介したいと思います。

ではでは、私的感MAXではございますが、最後までお付き合いいただけましたらと思います。

最強と噂される日本の昆虫たちを5種厳選!

日本は国土は数多ある国々に比べると、決して広いとは言い難い国ですが、非常に多くの昆虫たちが暮らしており、その中には世界とも十分渡り合えるような強さを兼ね備えた昆虫たちもいるんですね。

今回は、そんな日本の昆虫たちの中でも最強と噂される昆虫を厳選に厳選を重ねて5種選んでみました。

選定基準としては、

  • 攻撃力
  • 機動力
  • 瞬発力
  • 獰猛性
  • 防御力

を5段階で考慮し、選定しています。なお、今回は日本に古来より住む在来種にフォーカスを当てて選定しておりますので、帰化種は選定から外しております。

ではでは、早速最強と名高い猛者5種をご紹介していきましょう。

日本最強と噂される昆虫エントリーNO.1 オオスズメバチ【武器:大アゴと猛毒の針】

日本の昆虫界最強を語るうえでは絶対に外すことができないオオスズメバチ。体長は大きいもので約5cmと、ハチの仲間ではその大きさは世界でもトップクラスの巨大さ。その体の大きさにちなみ、英名も「Japanese giant hornet(オオスズメバチ日本亜種)」と呼ばれています。

日本の他、インドや東南アジアにかけても広く分布しており、各地でもその猛威を如何なく発揮しております。

では、オオスズメバチの強さを各値で数値化してみましょう。

攻撃力:★★★★☆

機動力:★★★★☆

瞬発力:★★★☆☆

獰猛性:★★★★★

防御力:★★☆☆☆

とこのような結果になりました。

防御力には少し不安が残るものの、空中を自在に動き回れるその機動力を駆使し、強烈な咬合力を持った大アゴと人間でさえ時に致命傷に陥れる猛毒が仕込まれた毒針を用いて獲物に襲い掛かります。

オオスズメバチが数匹いれば、数万のミツバチを数時間で殲滅させることもできるんですね。

前と後ろにこんな強烈な武器を持っているんじゃ、もう最強間違いなしでしょ。。。と思うのですが、とんでいるところをオニヤンマにつかまったり、止まっているところにオオカマキリの奇襲攻撃を受けたりすることもあったりと、他の最強クラスのラバるとは一進一退の攻防を繰り広げております。

日本最強と噂される昆虫エントリーNO.2 オオカマキリ【武器:大鎌と化した前脚】

次に最強の昆虫といえば、必ずといっていいほど名前の挙がるオオカマキリ。オオカマキリは日本の他、中国や朝鮮半島にも生息しているどっしりした体型が特徴の大型のカマキリで、日本のカマキリの中では最大の大きさを誇っております。

ではオオカマキリの強さを各値で数値化してみましょう。

攻撃力:★★★★★

機動力:★★☆☆☆

瞬発力:★★★★★

獰猛性:★★★★★

防御力:★☆☆☆☆

といったところでしょうか。オオカマキリのメスは体が大きく、どっしりしているので、機動性はあまり高くないものの、獲物が射程距離に入ってから、その必殺の武器である大鎌を相手にガッチリ食い込ませる瞬発力は並大抵のものではなく、大半の昆虫たちはな術もなく捕まってしまうんですね。

また、この大鎌に捕まってしまったら昆虫類はもちろん、スズメやネズミ、カエル、トカゲなどの小動物さえ時には捕食されてしまいます。

捕まったら最後、獲物は生きたままオオカマキリの餌食となってしまうというわけです。

ただ、非常に攻撃力に優れている反面、防御力に関しては皆無といってもいいほどで、鎌の一撃をかわされたら最後、立場が逆転することもあり、ライバルであるオオスズメバチやオニヤンマにやられてしまうことも多々あります。

日本最強と噂される昆虫エントリーNO.3 オニヤンマ【武器:圧倒的機動性と巨大なアゴ】

ではエントリーNO.3、オニヤンマのご紹介です。オニヤンマは先にご紹介したオオスズメバチやオオカマキリ程、その獰猛性における知名度は高くありませんが、トンボの中では日本最大の体格と、その巨体からは想像もつかないような機動力を生かし、獲物を捕らえる隠れた実力者なんです。

その実力は先にご紹介したオオスズメバチやオオカマキリをも時に打ち負かしてしまう程。

ではオニヤンマの強さを各値で数値化してみたいと思います。

攻撃力:★★★☆☆

機動力:★★★★★

瞬発力:★★★★★

獰猛性:★★★★☆

防御力:★☆☆☆☆

オニヤンマの目立った武器が大あごのみなので、攻撃力は低めと思われがちですが、そのアゴの強さは強烈で人間の皮膚も簡単に食い破ってしまいます。

私も幼少期の頃、オニヤンマに咬まれ、激しい洗礼を受けましたw

そして、なんといってもオニヤンマの真骨頂といえるのは、昆虫界屈指といっても過言ではないほどの機動力。その飛翔スピードはなんと約70km以上にもなり、このような高速にもかかわらず、空中で飛翔しながら獲物を捕らえます。

また、スピードだけではなく、ホバリングや急旋回といった高度な飛翔も可能で、ホバリング状態からまたスピード飛翔といった瞬発性も兼ね備えています。

ただ、オオカマキリと同じく防御力が弱く、止まっているところをオオカマキリに捕食されたり、オオスズメバチに虚を突かれたりして、やられてしまうこともあります。

日本最強と噂される昆虫エントリーNO.4 ヒラタクワガタ【武器:巨大なアゴと鉄壁の防御】

ヒラタクワガタも最強を語るうえでは、外せない種の一つ。ヒラタクワガタのオスは時に10cmを超えるほどに成長するオオクワガタさえしのぐ巨体の持ち主で、気性もかなり荒く、縄張りをめぐっての争いでは相手を殺してしまうこともしばしば。

オオクワガタと同じオオクワガタ属に属しますが、ヒラタクワガタの性格はオオクワガタよりも格段に攻撃性が強いといえるでしょう。

ではヒラタクワガタの強さを各値で数値化してみたいと思います。

攻撃力:★★★★★

機動力:★☆☆☆☆

瞬発力:★★★★☆

獰猛性:★★★★★

防御力:★★★★★

体が重い分、機動力はありませんが、大アゴの破壊力はすさまじく、アゴを閉じる際のその瞬発力には目を見張るものがあり、人間も挟まれてしまうと、かなりの痛みを伴います。

また、コウチュウ類に属するだけあり、その防御力は非常に優れており、その装甲の前にはオオスズメバチの強力な大アゴや毒針も通じないことが多いんですね。ただ、装甲は分厚いものの、そのつなぎ目部分は意外と脆く、スズメバチの毒針がつなぎ目部分にヒットすると毒針の餌食となってしまいます。

日本最強と噂される昆虫エントリーNO.5 ヤマトカブトムシ【武器:強靭な角と鉄壁の防御】

やっぱりオオトリはこの昆虫を置いて他にはいないのではないでしょうか。カブトムシといえば、日本の昆虫の中でも代表的存在ですよね。ヒラタクワガタと同じく、先にご紹介した、オオカマキリやオオスズメバチ、オニヤンマのように捕食目的で相手を襲うことはないのですが、自身の縄張りを守るためならば、積極的に戦います。

ではヤマトカブトムシの強さを各値で数値化してみたいと思います。

攻撃力:★★★★★

機動力:★★☆☆☆

瞬発力:★★★☆☆

獰猛性:★★★☆☆

防御力:★★★★★

ヤマトカブトムシの角には、スズメバチやオニヤンマの大アゴ、オオカマキリの大鎌のように相手を殺すような機能は備わっておりませんが、相手をその場から排除するということには非常に高い有効性を兼ね備えた武器なんですね。

また、非常にチカラも強く、その強さはヤマトカブトムシの何倍も体格差があるような、外国産のカブトムシをも投げ飛ばすほど。

世界にはヘラクレスオオカブトはじめ、ヤマトカブトムシよりも巨大で攻撃性の高いカブトムシも沢山生息しているんですが、実はヤマトカブトムシはこういったカブトムシの中でも、世界最強クラスを兼ね備えている実力者なんです。

また、ヒラタクワガタと同じく、防御力も昆虫界屈指の高さを誇り、その固い体の前では大半の昆虫たちが持つ武器もほぼほぼ無力化されてしまいます。ただ、ヒラタクワガタと同じく、その装甲のつなぎ目部分がウィークポイントとなっており、敵の攻撃がここにヒットすると、打ち負かされてしまうこともあります。

最後に

いかがだったでしょう。今回は最強と噂される昆虫を5種、超厳選してご紹介してみました。同じ土俵ということで、今回は陸生昆虫に限定してご紹介しましたが、水棲昆虫タガメの存在も忘れてはならず、また昆虫よりも範囲の広い虫というところまで範疇を広げると、トビズムカデなどの猛者もおります。

やっぱり最強ってのは、容易に判断できないっていうのがありますよね。

あなたの中での最強昆虫は入っていたでしょうか?ではでは、今回はこの辺りで。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

-個性あふれる日本在来種たち
-,

Copyright© あにまるじゃんくしょん , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.