自然とペットとアラフォー野郎と

生命と人とのWinWinをめざして

ペット お役立ち情報

地面温度検証 7月編

投稿日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
今回は恒例となりました月に一度の温度検証記事になります。・・・といいましても、前回測定したのは6月12日。1ヶ月を優に超してしまったのですが、この前後休みがなかなか取れず。そして、お♪ココならイケるかも・・・( *´艸`)

って思った日が、けっこうな土砂降り(T▽T)さすが梅雨時。そのレインマンぶりを遺憾なく発揮してしまい、少し検証時期がずれ込んでしまいました(T▽T)

そんなわけで、少し過ぎてしまいましたが、今回も時間ごとに地面の温度。測定してみました。例のごとく、時期の差はあれど、出来る限り同じ天候、同じ場所でのシチュエーションで測定しております。ではでは、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ペットのための地面付近の温度検証 7月編

ペットはその多くが人間よりも地面に近い位置を歩いており、人の体感温度と、地面付近の温度はかなりの差があると言われているものの、いったいどれくらいの温度差があるのか。その温度差によっては特に散歩を必要とし、暑さには弱い犬達にとってかなり危険な可能性があると考え、実際に検証をはじめました。5月から測定をはじめましたが、7月の地面付近の温度はどれくらいなのでしょうか。

8:30

  • 日付:2017年7月20日
  • 天候:晴れ
  • 時間:8:30
  • 場所:神戸市垂水区近辺

朝8:30という比較的早い時間でしたが、すでに地面付近の温度は30度を超えており、このときの気温は、約32度。8:30というとほんの2ヶ月前は23度ほどでしたが、約10度ほどの上昇となっております。

8:30でもこの時期、犬の散歩などはもっと早朝に変更したほうがいいと言えそうですね。

10:30

  • 日付:2017年7月20日
  • 天候:晴れ
  • 時間:10:30
  • 場所:神戸市垂水区近辺

・・・なんと、10:30ごろですでに40度越え(T▽T) この画像だと42度を指していますが、少し斜め上から撮影してしまったため、実際の指数よりも多く見えており、実際にはこのときの気温は、約41度ほど。・・・ってあんまり変わりませんね(T▽T)

もうこの時間になると、ペットを外に連れ出すのはかなり危険といえそうです。

12:30

  • 日付:2017年7月20日
  • 天候:晴れ
  • 時間:12:30
  • 場所:神戸市垂水区近辺

こちら、12:30ごろの地面付近の温度。約43度というところでしょうか(T▽T)ペットというか人でも危険レベルの温度でございます。

まさに燦燦と照りつける太陽(T▽T) 海水浴や川遊びには絶好の天気だといえますが、歩くには人間でもへばるくらいの日差しです。

そして・・・

14:30

  • 日付:2017年7月20日
  • 天候:晴れ
  • 時間:14:30
  • 場所:神戸市垂水区近辺

・・・(T▽T)(T▽T)(T▽T) なんと45度・・・(T▽T)ファイヤ~
一般的にこの時間帯が一日の中で一番気温が高い時間帯と一般的に言われておりますが、地面付近の温度でもそれは言えることが分かりました。

では、日陰の温度はというと

37度。日向よりはやはりその温度は低めですが、ペットにとってはいわゆる焼け石に水というヤツですね。

ちなみにこの時間の神戸垂水区の気温を調べてみるとこのような気温でした。

地面付近の日陰との温度差は約4度。日向では12度の差があります
たぶん言うまでもないですが、ペットをこの時間に連れ出すことは言語道断レベルといえそうです(T▽T)

ちなみにですが、湿度がこれだけ高ければ、暑さに弱い犬であれば、たとえこの気温より10度低かったとしても、気流が停滞した場所では熱中症を発症するリスクがあります。

・・・悪いことは言いません。日ごろ外で暮らしている犬などのペットもこの時間帯は空調の効いている部屋の中に入れましょう。特にシニア以上の年齢であればなおさらといえます。

17:30

  • 日付:2017年7月20日
  • 天候:晴れ
  • 時間:17:30
  • 場所:神戸市垂水区近辺

14:30よりはだいぶ地面の温度も落ち着いてきていますが、まだこの気温でも散歩に連れ出すにはリスクが大きい気温といえます。では、もう少し時間の経った19:00くらいではどうでしょうか。

19:00

  • 日付:2017年7月20日
  • 天候:晴れ
  • 時間:19:00
  • 場所:神戸市垂水区近辺

う~~ん。19:00といえど、この時間はまだ太陽が見えております。地面付近の温度もその余熱はなかなか下がらず、この時間もやはり散歩には不向きといえそうですね。

では、完全に日が沈み、約2時間が経過した時間であれば、もう20度くらいには落ち着くのでしょうか。

21:30

  • 日付:2017年7月20日
  • 天候:晴れ
  • 時間:21:30
  • 場所:神戸市垂水区近辺

・・・30度超。そんなに甘くはないようです(T▽T) 21:30分でもこの温度。やはり、日中の天候いかんによっては、アスファルトなどに蓄えられたその余熱は簡単には下がらないことが分かりました。

検証結果

いや~~・・・予想はしていたといえ、やはり地面付近の温度は凄まじい温度になっていることが分かります。今回一番地面付近の温度が高かったのはやはり日中、14:30ごろで45度という検証結果になりました。

よって、この時期の犬の散歩は、

  • 朝:早朝4:00~5:00
  • 夜:22:00以降

が好ましいといえそうです。それでも、真夏。絶対温度は他の時期に比べて格段に高いので、犬の体調や年齢を考慮し、さらにその日の日中の天候や風速などを加味した上で、お散歩の時間帯、時間の長さを調整という所でしょうか(T▽T)

最後に

いかがだったでしょう。一ヶ月前に比べると、当たり前ですが、さらに日差しの強さが増していることが良く分かりますよね(T▽T)

私えたばりゅが現在住んでいるところは海が近く山に囲まれていないということもあり比較的その気温は穏やかです。また、車の往来や人口密度もそんなに過密ではありませんので、これくらいの気温で収まったかなと思っております。もちろんお住まいの地域によっては、これとは比べ物にならないほど気温上昇著しい所もあるかと思いますので、こちらの検証結果につきましては温度差の基準程度に思っていただけましたらと思います。

今から、来月がどれほどの温度になっているか・・・少し恐怖ではございますがまた、来月の今頃の時期。出来るだけ天候が似通った日に再検証してみたいと思います。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

あ、そうそう。言い忘れましたが、ペットともに暮らされておられる方は、温度計をお部屋やペットが暮らしているところに設置しておき、その気温を把握できるようにしておくのがよいかなと思います。

・・・っていうか、温度計50度までしか、数字が無いけど測りきれるんかな・・・(T▽T)

 

気温や温度の関してのブログ記事について、いかにリンクを張っておきますのでよければご参考ください。

そろそろ地面の温度に注意報

ペット 気温上昇で注意すべきこと

要注意!熱中症 その発症シチュエーション

地面温度検証 6月編

アドセンス

スポンサーリンク

アドセンス

スポンサーリンク
↓ ↓ ↓ 記事に共感していただけましたら応援ポチお願いしますm(__)m
人気ブログランキング

-ペット お役立ち情報
-, , , ,

執筆者:


  1. ボニー より:

    ぼにーさんも私は寒いくらいなのにゼコゼコ言ってました。熱に弱すぎです(´・ω・`)しかあないですが、私が寒さをがまんしましたよ。

    • えたばりゅ より:

      本当に短頭種は暑さは大敵ですもんね(;^ω^)
      おっしゃる通り、人には寒いくらいでも、犬種によっては酷暑だったり・・・(T▽T)
      お風邪など、お召しになりませんように・・・

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペットロスを乗り越えるために

こんにちは(^^♪えたばりゅです。 突然ですが、「ペットロス」という言葉、耳にされたことがあるでしょうか。最近はペットと共に暮らすご家庭も増え、ペットロスという言葉を一度は耳にしたことがある方も多くい …

愛すべき内弁慶 脚のご報告

こんにちは(^^)えたばりゅです。 少し前の記事 そろそろ地面の温度注意報 で我が愛犬 愛すべき内弁慶。ブログネームたれ目ちゃん( *´艸`)。←友人moiさん命名。我が家の呼び名ラムが詳しい敬意など …

ペット 甘やかしに潜む危険

こんにちは(^^)えたばりゅです。 最近SNSなどで、可愛らしい仔犬や仔猫の写真が拡散されており、動物が好きな方は癒されることが多くなったのではないでしょうか。そして、TVなどでもまるでぬいぐるみのよ …

犬の脱走を防ぐ方法

こんにちは。えたばりゅです。 本日は3月11日。早いものであの自然の驚異から、早くも6年目を迎えました。被災された方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、亡くなられたすべての命にまことに僭越ではあり …

ペット達の寿命と健康寿命

こんにちは。えたばりゅです(^^) 少し前、ペットといえばやはり、犬もしくは猫が主流でした。しかし、現在では様々な種類の動物達がペットとして、人と共に暮らしていますよね。やはりペットも私達と同じ、命あ …

アドセンス300

スポンサーリンク

プロフィール

名前:えたばりゅ

年齢:犬で言うと8~9歳

とある民間のアニマルシェルターに勤務。生息地は神戸。愛する内弁慶野郎、ミニチュアダックスと共に暮らす。動物・自然と人とのWINWINな関係を心より望み、活動する。
似顔絵ツールで自身の似顔絵を作成するも全く似ておらず、あえなく挫折。大切だと思うのは人とのつながり。

動物達の魅力やペットについての役立つ情報を発信していきます。

ペットが食べるといけないもの

犬猫に与えてはいけないもの
・たまねぎ・ニンニクなどのネギ類
・チョコレートなどに含まれるカカオ類
・人用の医薬品
・ガムなどに含まれるキシリトール
・ナッツ
・鯛の骨や鳥の骨など硬くて刺さる骨類
・人用に料理されたもの
・アボカド
・レーズンを含むブドウ類
・頭足類、甲殻類、貝類

これらのものはペットの健康を害し、命の危険があるものもあります。与えないようにしましょう。

当ブログの後世に残したい風景などの画像をphoto AC さんでアップロードしております。ダウンロードはこちらから♪

photo AC えたばりゅ プロフィールページへ

ダウンロードいただくにはphoto AC さんへの登録が必要です。

photo AC はこちらから♪

無料写真素材なら【写真AC】

このブログ記事のコンテンツ、および Eternal Value の表記が付いた画像につきましては、無断での二次使用、転載は固くお断りさせて頂きます。また、このブログの内容においては、管理人の経験など個人的見解を含むものも多くあり、それらの実践については全て自己責任の上でお願いいたします。えたばりゅ