ペット お役立ち情報

ペット 甘やかしに潜む危険

更新日:

こんにちは(^^)えたばりゅです。
最近SNSなどで、可愛らしい仔犬や仔猫の写真が拡散されており、動物が好きな方は癒されることが多くなったのではないでしょうか。そして、TVなどでもまるでぬいぐるみのようなモコモコの仔犬や仔猫が画面をちょこちょこと動き回っている姿を見てペットと共に暮らされる決心をされた方も多いのではないでしょうか。そして、仔犬、仔猫を迎えた生活は本当に楽しく癒されますよね。

そしてあまりにも可愛いのでついつい甘やかしてしまう・・・。

でもその甘やかしには後々の落とし穴になることも・・・

今回は特に仔犬の時に甘やかしてしまうと後々どのような危険がはらんでいるかを、ご紹介させていただきたいと思います。では、今回も最後までお付き合いいただけましたらと思います。

ペット 甘やかしに潜む危険

 

人と同じく仔犬、または仔猫の頃には様々なことを学習しながら育ちます。もし人の子どもを甘やかし放題で、欲しいものをすべて買い与え、好きなものばかりを食べさせ、子どもの欲求をすべてかなえるような育て方をされた子どもがどのような大人になるかは、想像に難くないのではないでしょうか。それと同じことなんですね。そして、通常であれば仔犬、仔猫は幼少期の頃に犬としての、そして猫としての教育を母親から教育されます。犬であれば、社会性動物なので他の犬との接し方、そして序列関係などを教育されながら育ちます。

しかし今ではそういった教育がなされないまま、親元を離れる仔犬がおり、他の犬との接し方を学ばないまま大きくなる個体も増えており、そういったことも問題となっています。それでは、大事な成長期に仔犬を甘やかしてしまった場合、後々どのような問題が起きるかをご紹介していきましょう。

CASE1. すぐに吠えるようになる

吠える、鳴くということは犬にとっての意思表示。吠えると一口に言ってもその意思表示は様々であり、自分が知らない気配やにおいを感じたとき、もしくは何か自分の要求を伝えたいとき、こういったときなどに吠えたり鳴いたりするようになります。中には幼少期に甘やかされて大きくなってしまったばかりに、自分の要求が叶うまで吠え続ける個体もいます。

こういったとき、何が問題か。

これはご想像に難くないのではないでしょうか。そう、ご近所トラブルです。例えば、自分が家でゆっくりしているときに隣の家の犬がずっと吠え続けていたらどうでしょう。もちろんご近所にはペットなどが苦手な方もいらっしゃいます。そんな方がずっと犬の吠え声や鳴き声を聞かされてるというシチュエーション。

間違いなくトラブルの予感がしますよね。

CASE2. 咬むようになる

咬むというのは犬としては自然な行為。犬の世界には法律というものはありません。犬同士で自分の欲求を満たしたいとき、相手がそれに従わない場合は実力行使になります。すなわち、咬むということですね。ただし、犬は猫と共に人間の伴侶動物としての選択をしてくれた動物。人間の世界ではこの咬むという行為はトラブルを招きやすいです。幼少期に甘やかされて育った個体はわがままな性格になりやすく、自分の意思にそぐわない行為をされた時、安易に咬むようになってしまいます。

この咬むという行為は、上記の吠えるといったものよりトラブルが複雑化する可能性があります。なぜかというと、咬むというのは場合によっては殺傷行為になってしまうからです。特に咬むという行為に及んだのが大型犬クラスであった場合、この危険性はさらに増します。

そして、トラブルになるのは、人を咬んだ場合でもそうですが、ほかの飼い犬などのペットを咬んだ場合ももちろん咬んだ犬の飼い主の責任は生じることになります。

ペットの犬が相手の飼い犬をかみ殺した事例

1つ目は少し前の事件になりますが、とある高速道路のSAにあるドッグラン広場で4匹のアメリカンピットブルテリアがチワワを集団でかみ殺した事件。アメリカンピットブルテリアという犬種を知らない方のために少し説明させていただくと、簡単に言えば

アメリカ版土佐犬

というところです。簡略呼称のピットブルという方が知られているかもしれません。闘犬用に交配された犬種で土佐犬と同じく、様々な勇猛な犬種をかけ合わせて作られた犬種。土佐犬よりは一回り体格は小さいものの、顎の力も非常に強く、口もかなり大きいです。そして、体は全身筋肉の塊。チワワの方は説明するまでもないのではないでしょうか。いわゆる愛玩犬として交配された世界一体が小さい犬種です。

なぜこのような事件が起きたかというと、ピットブルの飼い主が小型犬用のドッグランにあろうことか、ピットブルを離し自分はその場を離れてしまったのが事件の原因とされております。高速道路のSAのドッグランといえば、おそらくチワワの方も飼い主とこれから遠出をする予定、もしくはその後だったことが予想されます。楽しい旅の思い出が忘れられない悲劇になった事例です。

2つ目は友人(犬)ブロガーのジャーマンシェパードのタロー君が教えてくれた事件。

タロー君はカナダで生活しているシェパードで、ヒノキを目指して修行に励んでいる、素晴らしいシェパードです。幼少期にネグレクトされているところを保護され、現飼い主のultramomさんのところで幸せに暮らしております。少しざっくりと説明させていただくと、

知り合いの犬(シェパードとボーダーコリーのMIX)が別の知り合いのミニチュアシュナウザーをかみ殺してしまった事件。こちらも高速道路ではないですが、同じドッグランというシチュエーションで起きてしまった事件。タロー君がおっしゃるには、そのシェパードとボーダーコリーのMIXの飼い主は自分の飼い犬を日ごろからかなり甘やかしていたそうです。

詳しくはこちらのタロー君がつづった記事をご覧いただけましたらと思います。

おいらの忙しい一日

いかがでしょう。吠えるということはもちろん、咬むという行為がいかに深刻なトラブルになるかお分かりいただけたのではないでしょうか。ではこういった自我が出やすい犬種をいくつか紹介しておきたいと思います。

  • 柴犬などの日本犬
  • トイプードル
  • ミニチュアダックス
  • チワワ

日本ではよく見る人気の犬種ばかりではないでしょうか。実際にウチの愛すべき内弁慶、ミニチュアダックスのたれ目ちゃんこと、ラム君。今でこそお年が少し進んだので丸くなりましたが、迎え入れた当初は私えたばりゅ以外の家族全員を咬んでおります。

もちろん、これらの例に挙げた犬種が出やすいといいましたが他の犬種が全くでないかというと、もちろんそんなことはありません。こういった吠える、咬むといった行為は飼い主のある原因に起因するところがそのほとんどを占めます。

犬がこういった行為に及ぶということは飼い主をリーダーと認識していない

犬の問題行動は、十分な運動をさせていないということと、この飼い主がリーダーになれていないということでほとんどが片付きます。犬は人間と同じく群れを成して生活する社会性動物。そういった動物には人間含め、基本的に群れを束ねるリーダーが存在します。

犬の社会では人間以上に序列が厳しい世界。リーダーは絶対の存在なんです。もしリーダーが老齢化などでその実力にそぐわなくなってくると現リーダーは淘汰され、次世代のリーダーがその群れを束ねることになります。一見厳しい感じもしますが、群れのリーダーが頼りないと、群れの死活問題に直結するからです。もし、飼い主であるあなたが群れのリーダーにふさわしくないと判断されてしまうと、犬たちは上記のような問題行動を起こすようになります。

こういったことを書くと、犬に言うことを聞かせるために犬に対してヒステリックに叫んだり、力づくでいうことを聞かせようとする方がおいでですが、それは良きリーダーとは言えません。例えば、あなたの会社の社長が事あるごとにヒステリックになったり、暴力で服従させようとしたならば、あなたはその社長を心底尊敬できるでしょうか。その社長が経営する会社ののために寝食を惜しんで勤務に励むでしょうか。もちろんそうではありませんよね。

寝食を惜しむどころか、おそらく、転職を考えられるのではないでしょうか。

これは犬も同じなんです。

良きリーダーの条件とは・・・

  • 毅然とした態度で、物事に動じない
  • 堂々としている
  • 穏やかである
  • 有事には何があっても群れを守る意思がある などなど

やはり、こういった雰囲気を持つ飼い主をリーダーとして仰ぎたい。これは犬でも一緒なんですね。ですので、仔犬の時からのこういった教育は重要といえるんです。これは、何も仔犬だけでなく保護施設などから成犬を迎えた場合も同じことが言えます。よく咬まない子、大人しい子という要望をお聞きしたりしますが、一番大切なのは飼い主様がよきリーダーシップを飼い犬に取っていただくこと。これに尽きます。飼い主様が良きリーダーになれていなければ、どんな大人しい犬も吠えるようになりますし、咬まない犬も場合によっては咬むようになってしまうんです。

・・・とまぁ、いかにも自分の経験則でものを言っているよう(実際それもあります^^;)ですが、これは私えたばりゅが勝手に師と仰いでいるあるお方のお言葉でもあります。その方とはご存知の方も多いのではないでしょうか。アメリカのカリスマドッグトレーナー、シーザーミラン氏。そのお方についてはこちらの記事で詳しく記載しておりますので、よければご覧ください。

動物野郎が尊敬する人物

いかがでしょう。リーダーになることの大切さがお分かりいただけるのではないでしょうか。

最後に私えたばりゅの個人的意見として、犬や猫などのペットとの生活で良好に県警を保つために大切なことをご紹介したいと思います。

ペットを擬人化しない

ペットは家族の一員。それは私も同じ意見であり、全く相違はございません。ただ

犬は犬であり、猫は猫である。

そのほかも動物も然りでございます。は??何当たり前の事いってんの(゚Д゚)ノ と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしこれができていない方、かなり多いんですよね。

例えば、「○○ちゃん、ずっと言ってるのに同じこと繰り返す」とか、「そこら中に用足しをする」とか。

当たり前なんですよ。

犬なんですから。猫なんですから。

いわば、できなくて当たり前。これを自分の感覚、いわば人の感覚で当てはめて考えるから、同じことを繰り返されるとイライラするし腹立しくなる。それをしてくれるようになるまでは根気よく接することが大事なんです。

大事な家族であることは分かります。ただし、同族として考えてはいけません。同族でなくとも家族にはなれるはずです。家族というものは人間という一種族をもって構成されるっていう法律ももちろんありませんしね。そして、家族である以上、しっかりと人間社会になじめるようにしてあげるのも飼い主様の責任です。ペットを人と同じ感覚で考えるから上手くいかないことや悩み事も増えるわけでございます。人ですら、同じ過ちを何度も繰り返すのに、ペットがそれをするのは至極当たり前と思うのですが、いかがでしょうか。

最後に

いかがだったでしょう。今回はペットを甘やかすことによって起きる後々の代表的な問題2点をご紹介させていただきました。甘やかすことによってもたらされる問題は対人ばかりでなく、大事なペットたちの健康をも害することがあります。例えば、欲しがるのでついつい人が食べるコロッケや唐揚げ、お菓子などを与えてしまう。これはその時はペットたちは喜ぶかもですが、後々に治療不能な病気の元となる可能性もあり、結果大切なペットの寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。

やはり、大事な家族。しっかりとした、本当の愛情を持って接していかないとですね。今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

-ペット お役立ち情報
-, , ,

Copyright© 自然とペットとアラフォー野郎と , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.